『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2012年 備忘録

まったくもって自分だけの為の備忘録です。

b0082834_19405611.jpg
一番最近読んだのは、「文藝BRUTUS」。
しかし、1年分を羅列してみると、結構あるもんだ・・・

More
[PR]
by ungalmatsu | 2012-12-28 23:14 | 本を読む

マンボクリスマス♪

b0082834_974823.jpg

12月24日
クリスマスイブに行って参りました~♪

押尾コータロー 
クリスマス・スペシャルライブ2012
ゲスト:塩谷哲
  @サンケイホールブリーゼ




今年もゲストが発表になった時
参加日即決でした。
そりゃ3日とも行けたら行きたいけど!!


SALTのピアノはやっぱり圧巻。
コータローさんの曲が
こんな広がり方をするんだという驚きに溢れた
3時間でした。
めちゃくちゃかっこいい!
文句なしにかっこいい!

ストライクど真ん中に音が入ると
自分の心臓がどこにあるか
はっきりわかるのです。
これ、ホント。
この生じゃないとあり得ない感覚・・・

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2012-12-27 00:15 | 押尾コータロー♪Live

映画 『復活 尾崎豊』

b0082834_21241671.jpg
12/1~14
2週間限定公開の映画

『復活 尾崎豊 
  YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』


     → オフィシャルサイト





















1991年5月20日は
2年半ぶりとなるツアー
「BIRTH TOUR」の初日だった。

私とNぽんも
あの日
あの場所で
あの歌声を聴いた。

b0082834_2122840.jpg


もう21年も前だというのに
OZAKIは全然色褪せてなどいなかった。
スクリーンの中のOZAKIを見ているはずなのに
まるであの日に戻ったかのような感覚だった。

圧倒的な存在感。

それでも少し驚いていた。あんなに歌がうまかったんだ。
そして少しホッとした。あの日、ステージを降りたあと、あんな風に笑ってたんだ。

彼がいなくなってから
遺された人が彼について語ったり
遺された手紙やノートが公開されたりして
その多くに目を通した。
そこには心が動かされるものは無かった。

それはもしかしたら、OZAKIが死んだことを未だに認めたくない気持ちがあるからかもしれない。
でも、リアルタイムでOZAKIから受け取ったものの他に何が必要なのだろう?


歌詞や発言の一部やパフォーマンスがクローズアップされることが多いけれど
そんなものは彼のごくごくごくごくごくごく一部分だ。


私たちは、代弁者として彼を崇拝していたんじゃない。
私たちは、彼が歌う歌に、彼のロックンロールに共感していたのだから。



1年後の運命を予感しているかのようなMCは、実は全く覚えていなかった。
でも映画を観て、改めて感じた。
OZAKIは今でもしっかり私の一部だ。


【SET LIST】
01  FIRE
02  DRIVING ALL NIGHT
03  十七歳の地図
04  僕が僕であるために
05  きっと忘れない
06  卒業
07  FREEZE MOON
08  永遠の胸
09  太陽の破片
10  誕生

EC1 I LOVE YOU
EC2 シェリー  






尾崎豊は、私の、青春でした。
[PR]
by ungalmatsu | 2012-12-12 21:17 | 音楽あれこれ

江の島ニャンコ

江の島のニャンコたちは、どの子もコロコロ丸かったにゃ(^^)
b0082834_21514522.jpg


More
[PR]
by ungalmatsu | 2012-12-11 21:53 | お気に入り
12月1日

行って参りました~♪

押尾コータロー
10th Anniversary SUPER LIVE

~おかげさまで10周年!ギター1本に感謝の気持ちと愛をこめて。これからもよろしく!!~
@東京国際フォーラム ホールA




b0082834_2181842.jpg
仕事で急遽行けなくなってしまった
RANさんに報告したら

「ジャニーズかっ!?」

とツッコミが入った(笑)サイリューム。

終演後もまだまだきれいに光っていたので
今回ご一緒していただいたコタ友さんたち
(ハロハロさん母娘、k-hamちゃん、
teruさん、ゆみこさん、黒砂糖さん、
ポレポレさん)そろって パチリ。

7色(我々の席からは1階の
5色しか見えなかったけど)に揺れる光は
とっっっってもきれいでしたよ。



・・・ん、まぁ確かに
「いつか武道館でフライングしながら
ギター弾きたい」 発言があるだけに
いろんな意味でのドキドキはあったものの、
今回のステージは本当にシンプル。

それでいてコータローさんの魅力が全部詰まった
正にタイトル通りの、すんばらしいライブでした!

続きを読む・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2012-12-08 00:45 | 押尾コータロー♪Live