『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0082834_23155752.jpg
今年に入って、おもしろい本に次々出会えています。

さだまさし 『解夏』
三浦しをん 『あやつられ文楽鑑賞』
恩田陸 『月の裏側』
重松清 『流星ワゴン』
荻原浩 『オイアウエ漂流記』
三浦しをん 『きみはポラリス』
越谷オサム 『陽だまりの彼女』
おっと、忘れちゃいけない(笑)秘密結社 鷹の爪
『竜馬がゆく』も、全8巻ようやく読了。
そしてまた懲りずに次の長編小説に手を付け・・・

うむ、良い感じ良い感じ(^^)



そんな中、すごい本に出会ってしまいました。


沢木耕太郎  『凍』


ヒマラヤの難峰・ギャチュンカンに挑んだクライマー山野井泰史と、
その妻妙子(彼女もクライマー)が成し遂げたことの記録。ノンフィクション。


ご本人による記録『垂直の記憶』も気になるところです。
けれども、登山の知識のない者にとっては、事細かな説明があってこそ想像できる世界でもあります。
その上で、この本に描かれているのは、彼らの生き様、姿、そのもの。
ものすごい臨場感。ものすごい緊迫感。
登山の経験もない、ヒマラヤの山々を実際に見たこともない、
それなのに読んでいるだけで、自分がその経験をしているかのようでした。
完全なる無音、完全なる闇、雪崩に耐えながら垂直の氷の壁に背中を押しつけて過ごす夜・・・
とにかく沢木さんの描き方が素晴らしいです。

彼らは、誰かのため、何かのためには登りません。
彼らの姿から、何よりも強く感じるのは「自由」です。
そこには“しない”「自由」もあります。

「自由」すなわち「自らに由る」とはどういうことなのか?

認められることを必要とせず、すべて自分で決断を下す。
その時、自分でできるギリギリのところを、個々に選択する。
いつも冷静で、極限状態でも決してパニックに陥らない。
反対に、山に登る喜びでさえ、自分たちのなかで完結しているのです。


黙っていることが難しい時代です。
大切にしているもののためには黙っていたほうがよい時でも、
ツールが溢れている今、ついつい余計なことまでしゃべりがちになる・・・
それでも必要以上に語らない、その姿勢にはとても共感できます。

山を抜きにしても、自分の人生をどこからどういう風に捉えるか、その立ち位置だったり、
こんな風にお互いを認めあえたらいいな、という絆だったり
学ぶべきことが詰まっていました。


私はこの本を、この先何度も何度も読み返すことでしょう。 
彼らのような山登りがしたいとまでは思わないけれど、
いつかその山々をこの目で見てみたいという思いは強くなるばかり・・・

えらい本に出会ってしまったな。
[PR]
by ungalmatsu | 2012-02-26 18:05 | 本を読む | Comments(0)

岡山サルサ化

b0082834_23202872.jpg

行って参りました~♪やっと今年のライブ初め!



ORQUESTA・DE ・LA・LUZ 
   日本サルサ化計画2012
    @岡山デスペラード



デラルスが岡山でワンマンライブやってくれるなんて夢みたい・・・
(十何年ぶりか、らしいです)
スケジュールを見たとき、あまりにびっくりしてのけぞりましたもん・・・


NORAさん
「去年、一昨年とそっちの公園(と指差すも方角わからず) 
    あっち? どっち?」
      
       客もてんでバラバラの方向を指差すもんだから  

「そのへんの公園で」  
      
       JINさん、すかさず 「そのへんて(笑)」

とにかく、その公園(正確には下石井公園)でのイベントで、岡山のお客さんが熱かったのが
すごくうれしかったらしい(^^)
「イベントだとあっという間に終わっちゃうけど、今日はチケット代の元を取って帰ってね」
ってことで、盛りだくさんの内容。
ライブはオールスタンディングで、もう踊りまくり!歌いまくり!おまけにかぶりつき!!
むっちゃ楽しかった~~~~~~~~~~♪♪♪

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2012-02-23 23:59 | Liveあれこれ | Comments(0)

Speak Own Words

b0082834_20493639.jpg

「このピアノ、好き!」

初めて聴いた瞬間にそう感じた・・・

少し前、竹善さんのラジオ番組Friday Musical Voice
(湘南ビーチFMは、iPod等のアプリで世界中で聴けます!)
で紹介された、平戸祐介のソロアルバムを
聴いた時のことでした。

彼はquasimode(クオシモード)という
ジャズバンドのピアニストということですが
私は竹善さんのラジオが初聴き♪
FM802の企画による、竹善さんの
神戸メリケンパークオリエンタルホテルでのディナーショーは
今年のゲストがFried Pride。その、去年のゲストがquasimode。
あぁ、納得・・・・
昔から、竹善さんのおススメには絶対の信頼を置いてますから、私!
今まで幾多のアーティストに目覚めたことやら!?

それから数日後、車の中でよく聞く、JFN系列の番組「A・O・R」でも
feat.Birdの『生まれたてのメロディ』が流れて、アルバム購入♪

平戸祐介 『Speak Own Words』

もうね~~~、むちゃカッコええ!!

小曽根さんもSALTも、健ちゃんも、妹尾さんも好きだけど、その誰とも似ていない。

クール。2枚目。硬派。  

あら?私今までにこんなタイプ(のピアノ)を好きになったの、はじめてかも???
アルバムタイトルにも、ドキッ。
自分の言葉・・・そうだよねぇ、どんなに自分の心に残っている言葉であっても
人に伝える時には、所詮借り物。言葉はいつも想いに足りない。


でも難しいことは抜きにして、
「とにかく聴いて!間違いないから!」と久々に言い切れるアルバムに出会えました♪

私の今のおススメは、この『生まれたてのメロディ』 と 『I'm In Love』です(^^)

[PR]
by ungalmatsu | 2012-02-17 21:36 | 音楽あれこれ | Comments(0)

再訪希望

ども。 久々の投稿です。

連休を利用して、“近いが故に未踏の地” 淡路島に行ってきました。
いつものごとく、直前に探して予約したホテルが、
ロケーション良し、温泉良し、食事良し、の三拍子そろった大当たり!

鳴門の街の向こうに沈んだ夕陽。

b0082834_2014696.jpg

沈むところは、展望露天風呂で見ました(^^)



風車の向こうから昇る朝陽。

b0082834_20164081.jpg

朝風呂に行こうと部屋を出た真正面に見えました(^^)




b0082834_2018594.jpg
このホテルのもう一つの魅力は
風力発電。












風車は真下まで近寄れます。
見上げたプロペラはすごい迫力!
b0082834_20223186.jpg


b0082834_20224890.jpg




それにしても、2日間とも2月とは思えないような陽気でした。
天気が違うと、景色は全然違ったでしょうね・・・



鳴門のうず潮も堪能。
b0082834_20251183.jpg


b0082834_20253493.jpg


b0082834_20281941.jpg


のんびりと良い旅でができました(^^)   淡路島、再訪熱烈希望!
[PR]
by ungalmatsu | 2012-02-14 20:33 | 日々の生活 | Comments(4)