『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

15年ぶり!

「さすが雨男の佐藤竹善です。本日、梅雨入りしました。」

5月26日(木)
行って参りました~♪
SING LIKE TALKING
   Amusement Pocket Acoustic2011
      @倉敷市芸文館


何とこの日、中国地方は平年より12日、昨年より18日早く梅雨入り!
言われずとも、忘れられない一日となりました(笑)

デビューして今年で23年、8年ぶりに活動再開したSLT。
岡山でのライブは15年ぶりとか!
私の記録によると、Amusement Pocket 1994の倉敷市民会館(6月)と
香川県県民ホール(8月)に参加、その後、Amusement Pocket 1995の岡山市民会館に
参加しているので、え??もしやそれ以来ですか?!?!

今回のツアーは、“アコースティック”ということで、3人+サポートは2人のみ。
キーボード、ハーモニカ、ドラム、ベース・・・と何でもやっちゃう西脇辰弥さんと
パーカッションの丹菊正和さん。
フルバンドのSLTとは全く違う形だったので(竹善さん曰く“仮の姿”)
諸々の事情により、5月18日発売のニューアルバム『Empowerment』を手に入れられず
ラジオで聴いた以外、ほとんど白紙状態でライブに参加してきましたが
それがかえって良かったかも・・・と、今、アルバムを通して聴きながら思っております。

フルバンドのSLTはFUNKYでそりゃもうカッコいいですが、
それはまた年末?だか年明け?に会えそうなので、また楽しみに取っておくとして
「だらけた感じ(笑)」の今回も、MCで笑い、歌で圧倒され、のくり返し。
2時間半の間にあれだけのことがあった(しゃべった)とは信じられないくらい
満たされた時間でした。

どこが好きかと聞かれたら、好きな理由はいくつも挙げられるけれど
どうやっても寸分の狂いもなくストライクゾーンのど真ん中に入って来るあの声は
ただもう「好き」と言うしかない・・・
ソロでも、誰かとのセッションでも、それは変わらないのだけれど
やっぱりSING LIKE TALKINGは竹善さんのホームグラウンドなのだなぁ♪
口は悪くても(笑)3人ホントに仲が良くて、それが演奏でも雰囲気でもすごく伝わってきて
最初の出会いがSLTだった私としては、SLTとして会えるのはやっぱり一番うれしいこと(^^)

以下、セットリスト等のネタバレがありますのでご注意くださいね。

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-28 23:39 | Liveあれこれ | Comments(14)

Shake'n Pour

b0082834_11301277.jpg


More
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-22 11:39 | 日々の生活 | Comments(0)

エゴ・サーチ

b0082834_201889.jpg
エゴ・サーチとは、インターネット上で、
自分の本名やハンドルネームで検索すること。
最近では、自分の個人情報が漏れていないか
確認するために、有名無名にかかわらず
定期的にエゴ・サーチするのがよいと言う
人もいる。
また、就職試験にさいしては、
応募者に黙って応募者の名前を検索することも
普通になってきた。
インターネットには、
あなたの知らないあなたの情報が
あるかもしれない・・。
               (帯より)



エゴ・サーチ
  鴻上尚史 (白水社)


鴻上さんが主宰する“虚構の劇団”で上演された芝居の戯曲を読みました。
困ったことにおもしろい芝居の戯曲は、戯曲で読んでもおもしろい。
なぜ困るかというと、これを芝居を観ていたらどんなにおもしろかっただろうかと
後悔することになるからである。
困った・・・

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-16 21:51 | 本を読む | Comments(0)

祈り

     ぼくの手は大きくない
     常識さえも零れていく
       首筋に風が冷たい
   明日を迎えるのが怖くなる
     間違いだらけの地上に
正論なんてフレイズが溢れている
   戸惑いと迷い 繰り返して
 ぼくなりに必死で暮らしている

      楽しげな他人の会話
   なぜか呼吸が苦しくなった
         ふとよぎった
        ぼくはこのまま
 置いてけぼりを喰らうんだろう
   それは簡単なことだなどと
    目に映ったのは急な斜面
  解って欲しいと思わないけど
    時には黙って許されたい

     どこかへ行きたいのさ
    誰も知らないところまで
    どこかでみつけたいのさ
      ぼくにできることを

       息をついてみよう 
          ゆっくりと
      立ち止まってみよう

     居心地が悪いって毎日
      自分を責め続けても
   確かなものはひとつもない
   それを希望と呼べばいいさ

     どこかへ行きたいのさ
    誰も知らないところまで
    どこかでみつけたいのさ
      ぼくにできることを

     どこかへ消えたいのさ
    何も心配はいらないから
     どこかで祈りたいのさ
       今日を乗り越えた
              と



時が経つにつれ、心の深いところにずんっと響いてくる言葉というものもあります・・・

東日本大震災チャリティアルバム「アイのうた」に収録されている、
この『祈り』も収められたSING LIKE TALKING 7年半ぶりのアルバム「Empowerment」が
5/18 遂に発売!

More
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-15 10:51 | 音楽あれこれ | Comments(2)

やっと。

   「やっと岡山に来てくれましたね!待ってました。」


「やっと来れたで~」


   「来月は茨城でずっと待ってる友達がいるので、よろしくお願いします。」


「よっしゃ!」  

      (大きくて柔らかい手と、がっちり握手)
b0082834_17332656.jpg
   
   「今日は本当に楽しかったです。ありがとう。」


「ありがとうね~」  


   そして、最後に拳と拳を突き合わせて“イェィ”  



           Tシャツも、今日はグレーでおそろい→


行って参りました~♪

押尾コータロー コンサートツアー2011 “Hand to Hand”
            @岡山 三木記念ホール  



今日は終演後に募金する時、これだけしゃべれました。
えらいぞ、自分(^^)

注:続きにはセットリスト等ネタバレがあります。
  これからツアーに参加される方はご注意ください。


続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-07 23:59 | 押尾コータロー♪Live | Comments(10)

浜名湖と言えば・・・

こやつ( ← )に会えるかと思って密かに期待したけど、どこにもいませんでした(^^;

b0082834_2125435.jpg

[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-05 21:12 | お気に入り | Comments(4)

千里の道も一歩から

b0082834_2223427.jpg
なんと、これが1,000個目の記事です。

2006年4月に始めてから5年余り。
当初の勢いは見る影もなく(笑)
数を目標にやってきたわけでは全くもってないけれど
それを意識する、しないに関わらず、
ひとつひとつの積み重ねの結果なのだなぁと
我ながらさすがに感慨深いものがあります。
足元の一歩はまるで進んでいるように見えなくても
いつかはちゃんと辿り着くもの・・・


今日まで999個の記事に、延べ94,999名の方が訪れてくださり、
4,482件ものコメントを残していただきました。
本当にありがとうございます。


b0082834_2005031.jpg

年月が過ぎても変わらぬ小確幸“新しい本”と
最近の(そしてしばらく続きそうな)小確幸“マサラ”。

ここからまたボチボチ歩いていきますので
たまに寄ってくださいますよう
これからもどうぞよろしくお願いします。


2011年5月3日

スパイシーな チャイ・マサラを飲みながら。
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-03 20:09 | 日々の生活 | Comments(4)

LORD OF THE RINGS

b0082834_20315716.jpg
一つの指輪は、すべてを統べ、
一つの指輪は、すべてを見つけ、
一つの指輪は、すべてを捕えて、
くらやみのなかにつなぎとめる。



トールキンの『指輪物語』全9巻を読了したので
映画『ROAD OF THE RINGS』3部作を一日で一気に観賞。

第1部「旅の仲間」(原作1~4巻)、第2部「二つの塔」(5~7巻)、第3部「王の帰還」(8~9巻)
あの膨大なスケールの物語をよくぞここまで映像化したものだと、まずはそこに感心してしまいました(^^;
あらすじや内容についてここで説明しません。
(そういうサイトはいっぱいあるので探してね)
相関図については、こちらなどが良いかと思われます。
現実世界とリンクしない完全な異世界を描いたものを“ハイ・ファンタジー”と言うそうですが
それはそれは数多く登場する聞き慣れない固有名詞に苦戦しつつも
(原作10巻目の追補編に収められている、固有名詞便覧が役に立ちます。)
本を読みながらそれがどんなものか想像する醍醐味は相当ありました。
映画では、悪の側はあまりに汚らわしく描かれていてわかりやすかったですけど。

しかし、あたしゃ何でまたこんな時期にこんな本をこんなに一生懸命読んで
映画まで観てしまったんだろう?  と思ったのが正直なところ。
世界を支配するために創られた指輪と、指輪の力でむき出しにされてしまう欲望、
そして、その指輪を滅ぼそうとする小さな存在の長く厳しい旅・・・
指輪の重荷を1人で背負うことになったフロドにも
フロドをどこまでも支えようとするサムにも、
かつて指輪を所有し呪いつつもまだ求め続けるゴクリ(映画ではゴラム)にも
果たしてフロドの旅は続いているのか知るすべもないまま
望みを捨てずに戦うガンダルフ、アラゴルン、ギムリら旅の仲間たちにも
気持ちが入り込めば入り込むほど、読んで苦しくなる物語でした。

だけど、トールキンがこの物語を執筆した時代(1936~49)も然ることながら
今、この時代、この時期にこそ読まれるべき本なのかも、という気もしてきました。


好きな場面の一つは、第1部、モリアの坑道で交わされる、フロドとガンダルフの会話。

死ぬべきものが生きながらえ、生きるべきものが死んでいく。
お前にそれが決められるか。生と死を軽率に語ってはならん。
賢者といえども未来は見えん。あのゴラムもわしらにとって吉が凶かはわからんが
何か役目があるのじゃ。いずれ明らかになる。ビルボの情けが多くの運命を変えた。

    指輪なんかもらわなければ、こんなことにならなかった・・・


つらい目にあうとだれもがそう思うが、思ったところで今さら変えられん。
それよりも自分が今何ができるかを考えるべきじゃ。
この世には邪悪な意思以外にも別の力がある。
ビルボは指輪に出会うべくして出会い
お前もそれを受け継ぐべくして受け継いだのじゃ。
そう思えば力もわく。


“指輪の破壊”という点ではめでたしめでたしの終わりですが
私はその後のエピローグこそが(映画ではちょっと描き足りなかった感はありましたが)
この物語の深さであり、それこそが真実であると感じたのでした。
長いですが、よい本です。
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-02 21:22 | 本を読む | Comments(0)