『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年も来たです。

年明け早々すったもんだしていたので、今年は無理かと思っていたら
ちゃんとお返事が届きました(^^)v

いやぁ、めでたい♪ めでたい♪

b0082834_21242025.jpg





b0082834_21253716.jpg
ものすごいミニチュアに見えるんですけど・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2011-01-26 21:29 | お気に入り | Comments(4)

ねむり

b0082834_20515694.jpg

「ねむり」
  村上春樹 
   (新潮社)


本屋で手に取ったものの
短編1つに1,800円という値段に
しばらくの間固まっていたのですが
やっぱり買ってしまいました。

この「ねむり」は、
短編集『TVピープル』 『象の消滅』
収められている長めの短編「眠り」を
執筆から21年経って少し手を加え
イラストレーション付きで
単行本化されたものです。

b0082834_2133377.jpg

描かれているのは
目覚めつづける女の不定形な日常。
本の中はこんな感じになっています。
ドイツ語版のイラストレーションは
とても新鮮で、美術本のよう。
ほんの少しだけ変わった部分を発見して
1人で喜んでみたり(^^;


眠るという行為を放棄(せざるを得ず)、代わりに自分だけの時間を手にしたことは
どこが間違っているのか・・・
そういえば星新一さんのSFショートショートに、悪魔と取引をして1日に24時間以上を手にした
男の話があったと思うんだけど、何だったっけ??


買ってから気付いたのだけど、前出の『遠い太鼓』に含まれていた期間に
長編以外で書きあげられたのが、この「眠り」と「TVピープル」だったのです!

実は本屋には『カラ兄』3巻を買いに寄ったのに、1~5巻のうち何故か3巻だけ売れていて
仕方なしにウロウロしていて見つけたのがこの本。

つながっています。
不思議です。

そして、持っているはずの『TVピープル』がウチのどこを探しても見つかりません。
不思議です。
[PR]
by ungalmatsu | 2011-01-17 20:22 | 本を読む | Comments(2)

履き慣れた靴のように

旅に出る時には、何度も読んだお気に入りの本を持って行くことが多いです。
もしかしたら一度も本を取り出す余裕はないかも知れないし
逆にどこかで足止めを食って、何時間もつぶさねばならぬ羽目になるかも知れない・・・
そんな時、自分の一部になっているようなものだと、プレッシャーもショックもない(^^)


今まで、何度も一緒に旅をした本のうちの一冊がこれ。
もう長い間、読み返していませんでした。
b0082834_14315058.jpg
 

『遠い太鼓』
   村上春樹 (講談社文庫)

     1993年4月15日 第1刷



これは村上さんが1986年~1989年、
日本を離れてヨーロッパで生活しながら
小説を書き続けていた3年間の記録。




実際の村上さんはどうにもならないくらい疲れ切って日本を離れたそうなのですが
スペッツェス島のビーチで目にした「エーゲ海の法則」
(べろっと?ぽろっと?ぱらりと?)だとか
シシリーのパレルモでランニング中に犬と対決
(てめえ、ばかやろお、ふざけんじゃねぇよ!と日本語で怒鳴りつけて勝った)とか
イタリアのテレビの天気予報をする人のジェスチュアが凄くて抱腹絶倒モノ
(1週間雨が続いた時なんか、首でも吊るんじゃないかと心配するくらい真剣に
落ち込んでいた)とか
その場面を想像して笑っちゃう内容がいっぱいで、楽しめます。

そういや、村上さん本人でさえこんな風に言ってました。

不思議な話だけれど人というものは他人の身にふりかかる災難については
比較的簡単に想像力を駆使できるくせに(いや、そういうものだよ、
そういうことってあるんだよ、それくらい予想してなくっちゃ云々)、
それをいざ自分の身にあてはめるとなると、その精神力追求力は夏の午後の老犬のように
不活発になってしまう傾向がある。




そのまま通り過ぎていく観光的旅行者ではなく
そこに留まって生活の根をおろす恒久的生活者でもなく
気に入った場所にアパートを借りて何カ月か生活し、
何処かに行きたくなるとまた別の場所に移っていくという
“常駐的旅行者”だった3年の間に書かれた長編小説が
『ノルウェイの森』と『ダンス・ダンス・ダンス』であったこと、
そして、その3年間は村上さんが37歳~40歳になる間だったこと・・・


40歳を迎えるにあたって村上さんが思っていたことを
その年を越えてから改めて読んでいると、
「あぁ、そうか、(当たり前だけど)村上さんもそういう時期を越えてきたんだな。」と
なんだか今まで感じたことのない不思議な気持ちになりました。
つい最近、映画『ノルウェイの森』を観たせいもあるかもしれないけれど
はじめとおわりの部分がこれだけ心に残ったのは初めて。


どこかへ行ったからといって、何かが解決されるわけではないことを
と同時に、どこにいても、音楽を聴いたり、本を読んだり、知らない土地の話を聞いたりするだけで
得るものも確かにある、ということを知っている年になりました。
時間を経て何も解決していないように見えても、そういう時間を過ごすことに意味があるだろうなぁ・・・

もう一度ふりだしに戻れただけでもまだいいじゃないか、
もっとひどいことになる可能性だってあったんだ。


それでもふと“どこか”へ行きたくなることがあります。
そういえば私のパスポートの期限はそろそろ切れるのだっけ。
[PR]
by ungalmatsu | 2011-01-16 20:44 | 本を読む | Comments(0)

これおもしろ~い♪

ニコ動「押尾コータローを“演奏してみた”選手権」 ← click!
b0082834_13484378.jpg


自分の曲をいきなり間違えるあたりがこの人らしいというか・・・

笑わせていただきました(^^;












って、それだけかい(笑)
[PR]
by ungalmatsu | 2011-01-15 13:58 | 押尾コータロー | Comments(2)
注:セットリスト等のネタバレがあります。

1月10日、行って参りました~♪

佐野元春&ザ・ホーボー・キング・バンド
【佐野元春30周年記念アニバーサリー・ツアー・Part3】
全国大都市ツアー 『ALL FLOWERS IN TIME』
  @広島アステールプラザ大ホール


この前、アニバーサリーPart2のライブハウスを体験してしまったら
どうしてもまた行きたくなってしまい・・・

やっぱり佐野元春、カッコ良過ぎでした!!

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2011-01-12 00:02 | Liveあれこれ | Comments(0)

手と手

Sony Music Shopより届きました~♪

押尾コータロー New Album 『Hand to Hand』
b0082834_20412387.jpg

01. Brand New Wings <ABCテレビ「おはよう朝日です」テーマソング>
02. HEART BEAT! <NHK-FM「ラジオマンジャック」テーマソング>
03. Jet
04. ナユタ <岩手めんこいテレビ「遠野物語100周年応援ソング」>
05. Good Times <タイガー魔法瓶「とく子さんプレミア」CM曲>
06. もっと強く
07. 予感
08. Little Prayer <アサヒビールグループ スペシャルサイト「LETTERs」タイアップ曲>
09. Go Ahead
10. 雨上がり
11. 手のひら
12. 草笛
13. Over Drive
14. fly to the dream <BS日テレ「Tabi Photo」テーマ曲>
15. また明日。




" to " は「と」じゃなくて「トゥ」と読んであげましょうね~(笑)


手から手へ、心から心へ・・・

一度聴きの現段階でのお気に入りは“手のひら”♪
やっぱり聴くとツアー行きたくなってしまうね!!
[PR]
by ungalmatsu | 2011-01-11 20:54 | 押尾コータロー | Comments(8)
b0082834_9452459.jpg


b0082834_9454224.jpg


b0082834_946216.jpg


天気予報が見事に外れて、めちゃくちゃキレイな初日の出が見えました!

元旦の朝は荒れる予報だったので、走り初めは2日にしようかと思ってましたが
一応早起きしてみたら、満点の星空。穴場スポットへGO→
こんな風に外れることもあるから、思い通り、予想通りに行かない人生も悪くない・・・

なぁんて思ったのは後からで、言葉もなく、美しい昇る朝日を見つめていたのでした!


2011年が皆様にとって良い年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by ungalmatsu | 2011-01-01 10:00 | 日々の生活 | Comments(2)