『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0082834_2115754.jpg
クエンティン・タランティーノ監督が
ブラッド・ピット主演で贈る戦争アクション映画
『イングロリアス・バスターズ』


【物語】
第2次世界大戦下のフランスを舞台に、ナチス狩りに明け暮れる
特殊部隊“バスターズ”の活躍と、ナチスに一家を殺され
復習を誓う映画館主の女の運命が交錯する。


とにかくブラピが胡散臭いです。これですもん →
とことん胡散臭い(笑)
この人、出る映画の選択をことごとく間違ってるんじゃないかと
思うんですが、私だけ??
今後、こういう路線を目指していくのかしらん??
感動モノは特にイマイチな感じがする(あくまで私は)中で
一番印象に残っているのは『リバー・ランズ・スルー・イット』。
あれは良かった!
フライフィッシングの場面の美しさなんてもう!

おっと、いきなり話がそれました(^^;
とにかくちょっとでも、美しいブラピを見れると思って来てたらきっと怒ったでしょう。
しゃべり方も、ものすごぉ~く変でした(苦笑)
さらに言うと、実際の主役はハンス・ランダ大佐役のクリストフ・ヴァルツだと思われます。

あと、タラちゃんの映画なので覚悟はしていましたが、(っていうか戦争アクションだし)
やたらたくさん人が殺されます。そこまでやるかってくらい殺されます。
陰謀、裏切り、惨殺の繰り返し。
そういや、村上春樹さんの小説で
「どうしてそんなにたくさんの血が流されなくてはいけないのですか?」
と質問された映画監督が

「いいですか、レディ。人が撃たれたら血は流れるものなんです。」

と答える場面がありました。(「スプートニクの恋人」だったか?「ねじまき鳥クロニクル」だったか?)
タランティーノ監督がもし同じ質問をされたら、同じように答えるかもしれないなぁと
ふと思ったり・・・
そういや、「ねじまき鳥」には皮を剥ぐ場面もあったっけ・・・皮剥ぎボリスはロシア人だったけど。

また話がそれました(^^;
そういう映画ですが、余計な音がすべてなくなって、息づかいとか目線とかで伝わる緊迫感ってのは
さすがタラちゃんって感じ。
そういう時に効果音とか使わない。それなのにこっちまで息を飲んで体も強張るくらい伝わってくる。
「ヤバイ・・・・・・・・・・・・あぁぁ、やっぱり!」
めちゃくちゃ体力使いました。

あと、やっぱり芸が細かいです。
そういう細かいところでクスッと笑わせてくれるから見てしまうんだけども(^^;
ゲストでマイク・マイヤーズ出てくるし!
マイク・マイヤーズと言えば、『オースティン・パワーズ』。
パロディ映画としては、『裸の銃を持つ男』よりもおもしろいと思うんですけど・・・
アメリカとかのパロディ映画って、ものすごい有名人がチョイ役でたくさん出てるところがすごいでしょ。
それなのに日本ではそれほどウケないのはなぜなんだろう?
劇場で見て、サントラCDまで持ってたりするって大きな声で言わないほうが良い??

それでも、見つけてしました(笑)
シリーズ3作目の『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』 オープニング


映画は知らなくても、3分40秒あたりから流れるこの曲は聞いたことあるのでは?


またまた話がそれました(^^;
最近、話がすぐ脱線してしまうことが多くなったような・・・・まったく誰のせいなんだか(ぶつぶつ)
何の話だったっけ・・・・


あぁ、映画には出てこなかったはずなのにタラちゃんのあのクセのある顔がチラつきます。
まさか、今どきサブリミナル効果じゃないよね?!

そう、結論として、私は“タラちゃんとブラピの悪ノリ映画”を楽しめました(^^)
ただし、誰かを誘って観に行って、その人と気まずくなっても私は責任取れません(苦笑)
不思議なくらいの充足感を味わえる事だけは保障します。
[PR]
by ungalmatsu | 2009-11-28 23:25 | お気に入り | Comments(0)
先日の2連休(世間は3連休)を利用して、和倉温泉へ母娘3人旅行に行ってきました。
お泊りは、「死ぬまでに1度は行きたい」と母が常々言っていた『加賀屋』
「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の総合部門で29年連続1位・・・らしいです。

新大阪からサンダーバードに揺られること3時間半。
サンダーバード車内販売の“かにめし”はかにめししか入ってなくて笑えました。
b0082834_21491886.jpg


続きを読む・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2009-11-25 22:48 | 日々の生活 | Comments(6)
b0082834_0133389.jpg

以上、オフ会報告終わり(笑)

気になる人は続きをクリック♪
[PR]
by ungalmatsu | 2009-11-21 16:00 | 押尾コータロー | Comments(2)

雑読のススメ

最近読んだ本、あれこれ。


b0082834_15322666.jpg


本文を読む
[PR]
by ungalmatsu | 2009-11-21 15:17 | 本を読む | Comments(0)

THIS IS IT

歪んだフィルターを通さないマイケルは美しかった・・・

b0082834_14512042.jpg


熱狂的ファンでなくても、記憶と体にしっかりと刻まれている曲のオンパレード。
50歳になっても、全く衰えていない歌とダンスに驚きました。
ファンに最高のステージを見せるための、あまりにも細やかなこだわり。
MJと一緒のステージに立てることを、共にステージを作れることを、
目を輝かせて誇らしげに語るメンバーやスタッフ。

だけどKING OF POPもひとりの生身の人間だったのですね。

マイケルは確かにいた・・・

でも、もう、いない・・・




久々に「映画館で観て良かった!」と思える映画でした!
[PR]
by ungalmatsu | 2009-11-21 15:02 | 日々の生活 | Comments(0)
【11月19日 ちょこっとだけ追記しました。】

「ここが僕にとっての楽園です!」

行って参りました♪
押尾コータロー コンサートツアー2009"Eternal Chain"
      @東京国際フォーラム・ホールC 最終日



感極まってボロボロ泣き出しちゃって
「いやいや、そんなに泣かれたらこっちは泣かれへんがな~」とハラハラしながら見守る中
やっとのことで言えた一言 ↑ ↑
来週の沖縄を残しているものの、実質的なファイナルは14日のここって感じでした。
でも「もしかしてダブルアンコールあるかも?!」と一瞬期待させる“間”もあったけど
客電点いたら意外にみんなあっさりあきらめて、「あれ?そうなん?」みたいな(^^;

b0082834_23183735.jpg
そうそう、会場に来てた、この花の謎が解決!
ホントに『さんまのまんま』に出演!!
しかも葉加瀬太郎さんと一緒に!!!!

さんまさんと太郎さんに対して
コータローさんが何語発する事ができるか
見ものです(笑)
関西での放映は、今月28日だそうですよ♪


ライブはというと・・・・

ぽこにゃんの力作メッセージボードが大活躍
ダンコロで私たちの後ろの通路を2回も通ってくれて
『永遠の絆 ありがとう!!』
『WE  KOTARO』の裏表ともしっかり目の前で見てもらえてラッキー
できれば キラキラ銀モールの“∞”を持ったきむ♪さんが横にいて欲しかった(笑)

そういえば、ダンコロで振り向いたら、通路をはさんだすぐ後ろの列が関係者席で
女優の原田美枝子さんと、俳優の大高洋夫さんがぁ!!
ワタクシ的には、大高さんに大興奮(^^;  
もうちょっとで指差して叫んでしまいそうでした
お2人とも、それぞれのお連れ様とめちゃくちゃ楽しんでらっしゃいましたよ(^^)
BBOの時もチラ見したけど、ちゃんとウェーブしてくれてました♪

関係者といえば、コータロー父!
開演前は客席で、終演後はロビーで、ものすごく丁寧に挨拶して回られてました。
あの律儀な性格は親譲りなのね・・・
思わず一緒に写真撮ってもらおうかと思ったり (撮らなかったけど。)
だって「コータローじゃなくていいの?」って気さくに応じてるんですもの、コータロー父ったら(笑)


・・・・う~ん、全然ライブの感想になってません(苦笑)

オフ会で盛り上がりすぎたせい?

これまでとてもライブに行くどころの状況じゃなかったり
事情で泣く泣く前日のライブをあきらめざるを得なかったり
夜中に事態が急転降下し、朝まで仕事で予定の飛行機に乗れなかったり
みんな色々あったけど、そして今回もやっぱり全員が集まる事はできなかったけど
会うのもものすごい久しぶりなのに、全然そんな気がしなくてあんなに楽しいのは何でだろう?
銀座のデニーズで4時間、大汗かいて腹筋痛くなるまで笑いました
いや、ライブ終わってからと、1日明けた今日も盛りだくさんで
とてもまとめきれないので、そのうち追記します。おそらく、たぶん、きっと(笑)


あ、忘れないうちにひとつだけ。
小太鼓のココタローさんは、ドラムスの息子=ドラ息子ってのがわかって大ウケでした

それにしても楽園は熱かった暑かった
b0082834_094939.jpg


11月19日追記
[PR]
by ungalmatsu | 2009-11-15 23:59 | 押尾コータロー♪Live | Comments(16)