『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

b0082834_22592614.jpg
SALT&SUGAR、
2nd Album&Live Album2枚同時発売!

1st albumから13年ぶりて、あなた!

まずGETしたのはアルバム『Interactive』

13年ぶりとは言っても、CYFやらSaltish Night
やらで毎年共演はしてるし
SALTが竹善さんのソロワークに参加したりしてる
ので、全然そんな感じはしませんが
やっぱりこうやってカタチになるってのは、
あなた!うれしいじゃあ~りませんか(^^)


今年は祖父と父の13回忌で、そう考えると13年てあっという間のような気がするし
同時に、自分の人生の転機ってこの13年の間にギュギュギュギュッと詰まってるし
不思議なもんじゃね、人間の感覚って・・・
まぁでも何かのきっかけってのは、たいていの場合、そもそもの動機は不純ですな(^^;
後からそれらしい理由なんていくらでもつけられますもん(笑)

「Ineractive=相互に作用する」
SALTと竹善さんにピッタリ♪
2006年、FM802のキャンペーンソングだった『チェリー』聴きたかって~ん♪
(この時、確か押尾コータローヴァージョン『チェリー』もあったんでしたよね?)
新曲では『軌跡』が突き抜けてる感じ♪
でも今回のinteractive真骨頂は『All I Wanna Do』のカヴァーかなぁ♪
同時発売のライブ盤も早く手に入れなくては~~~♪
2枚買っても5,800円。
13年で5,800円。
1日あたり1円ちょっと。

                               って、これ計算したのSALTですから!!


2枚のアルバムについて詳しくは、→ こちら (動画あり)


   ↑   ・・・見ました?
あの時、あれだけ宣言したのに竹善さんってば全然痩せてませんやん(笑)
SALTが言うように、ジャケ写は詐欺です、あなた!

あぁ、『“13年ぶり”て、あなた!』ツアー、行きたいなぁ・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2009-08-21 23:39 | 音楽あれこれ | Comments(5)

一瞬の風になれ

b0082834_17361582.jpg

『一瞬の風になれ』
   佐藤多佳子
     (講談社文庫)


第一部 イチニツイテ
第二部 ヨウイ
第三部 ドン


人生には大きく分けて
「どんなにおもしろくても
1ページたりとも
読み進められない時期」

「どんなに疲れていて
今は絶対寝たほうがいいと思っていても
読まずにいられない時期」
がある。

すげえ強引だけど(笑)
で、自分にとって今はその後者で、とにかく活字を追っている。
読んだところで心に残るのは一部で、あとはポロポロこぼれて気がつきゃ何も残ってなかったり
するんだから、すげえ無駄なことしてんのかも知れないけど、そうせずにいられない。
そんな中で、残ってるのがこの『一瞬の風になれ』3部作なわけ。
佐藤さんの作品を読むのは、『しゃべれどもしゃべれども』『黄色い目の魚』に続いて3作目。
ただ、「いい!」と思ってもそれを人に伝える力がない時期ってのもあって
あれだけぎゅうぎゅう吸収したはずの言葉たちはいったいどこに行っちゃったんだろうって
我ながらあきれてたんだけど、昨日観た『かもめ食堂』でちょっと力が戻ってきたのかな。

というような口調で、春高陸上部、神谷新二の目線で語られていくんだ。
だから「こういうの、おもしれえんじゃねえの?」って真似してみてるだけなんだけど(笑)

新二の兄、健一はJリーグにスカウトされちゃうようなサッカー選手。
新二の幼なじみ、一ノ瀬連は、中学から注目されてた天才スプリンター。
顧問と衝突して中2で部活を辞めてた連と、新二がひょん(←多いな(笑))なきっかけで
さして有名でない高校の陸上部に入り,、インターハイ出場を目指すチームに成長していく・・・


自分自身は、高校時代に部活に明け暮れた経験も、スパイク履いて100mをダッシュした事も
4継(ヨンケイ=400mリレー)のバトンリレーをした事もないくせに
この本読んでると、自分が高校生に戻ったような気分になるんだ。
高校時代って青春だったな~。部活マジメにやってなくても、確かに青春だった。
高校の卒業アルバム見てるとほんとそう思う。毎日一生懸命楽しかったもんな。
もっとも当時は人生最大に太っていた時期なので、青春時代の写真は誰にも見せられない。

新二はコツコツひたすら努力するタイプ。
まわりの人間のこともちゃんと見えていて、自分のレースだって冷静に分析できる。
自分なんてまだまだって卑下するところが欠点だけど、それがバネにもなってる。
一方、連は力があるのに注目される事が嫌い、目標にされるのも嫌い、練習も嫌い。
一生懸命やっていても、どうも力を抜いてるように見えてしまうタイプ。
それが新二の成長と共に素直になっていく。
他にも陸上部は個性的なメンバーがいっぱい。問題も起こすけど、いい奴ばかり。
プレッシャーに負けて自分の走りができなかった悔しさとか
すごく分かり合えてる奴が苦しんでる時に、一緒に苦しんでやれない苦しさとか
そういうのも、なんかいいのよ。
インターハイのイの字にも縁がなかった自分が、そこに一緒にいる。
(だけど、なぜかそこにいる自分は女子高生じゃなくて男目線なんだけどさ(苦笑))

2巻が特にいい。
最初に読んだ時に気づいたらポロポロ泣いてて、「あれ?泣いてる?」って自分でびっくりしたけど
2回目に読んでもやっぱりグッときた。


「俺さ、つまんねえのよ。おまえ、いねえと。」
「俺さ、おまえとかけっこしたくて、この部に入ったんだよ。」


こんなこと言ってくれる奴いる?

相手より速く走るのに、何の意味もない。
だけど、命まで懸けちゃって、足が動かなくなるまで走れる。
馬鹿。
そういうのがいい。



五感に訴える、こんなに気持ちのいい小説は久しぶり。
きっと走らない人にも気持よさは伝わると思うよ。
現実の部活は「風」なんて爽やかじゃなくて汗臭いもんかも知れないし(笑)
3部作はやっぱり長い。
けど!
読む時期(←こういうの自分だけ?)が来たら騙されたと思って読んでみて。
すげえいいから。
[PR]
by ungalmatsu | 2009-08-15 22:41 | 本を読む | Comments(2)

かもめ食堂

b0082834_100815.jpg

ぽっかり時間が空いたので
前から観よう、観ようと思ってて観れていなかった
映画『かもめ食堂』を観ました。


いい映画だった・・・


フィンランドの首都ヘルシンキにオープンした日本食の「かもめ食堂」の
オーナー、サチエさん(小林聡美)。
ひょんなきっかけ(正に“ひょん”でしょう!)で働くことになるミドリさん(片桐はいり)と
マサコさん(もたいまさこ)。
この3人、最高です。
そして、食堂にあらわれるフィンランド人たちも。

なんなんだろう・・・
たぶんみんな訳アリで、でもそこんとこは全く描かれず
なんてことはなく流れていく、フィンランドのゆる~い時間。
実際には現実離れしてる不思議な体験も「アリかな」って思えてしまう。
そんな中でももちろん変わっていくものはあって
それを感じる心地よさ。

「人はみんな変わっていくものですから。」
サチエさんの言葉がものすごく優しくて涙が出そうになりました。

サチエさんの「いらっしゃいませ」ってホントにいいのよ(^^)
マサコさんに「やりたいことをやるっていいわね~」て言われて
「やりたくないことをやらないだけです」って優しく、でもきっぱり言うサチエさんがいい。
    (たしかにこの役は小林聡美にしか演じられないに違いない・・・)
ガッチャマンの歌をフルコーラスで覚えてるミドリさんもいいし
    (片桐はいりの存在感はさすが・・・)
フィンランド語なんて全くわからないのに、フィンランド人と会話できちゃうマサコさんもいい。
    (“永遠の年齢不詳女優”もたいまさこ、好きなんです・・・)


“コピ・ルアック”
コーヒーがおいしくなるおまじない・・・・『最高の人生の見つけ方』につながってるね!
コーヒーは人に淹れてもらったほうがおいしい。

そして、この映画を観ると絶対食べたくなる“おにぎり”。
もちろん具は、梅、鮭、おかか。
おにぎりも人に握ってもらったほうがおいしい。


何となくヤル気がなくて、(ご覧の通りブログもほったらかしだし(苦笑))
ぼ~っと観たのが良かったのかも。
何となく(笑)ちょっとだけ心に力が湧いてくるような気がします。
たぶん、それでいい。
きっと、何となく心がギスギスしてる時にもおススメ。
ただし、お腹がすいたときに逆効果かも知れないけど(^^;
出てくるごはんがあんまりにもおいしそうだから・・・・
でも、人がおいしそうに食べてるのを見るだけで幸せな気分になれるからね。

おいしいコーヒーが飲みたい。
おいしいごはんが食べたい。
そう、それでいい。それだけでもいい。大丈夫。
そんな映画です。  もっぺん観ようっと。
[PR]
by ungalmatsu | 2009-08-15 10:49 | お気に入り | Comments(8)

b0082834_21501038.jpg
明日の発売日を前に届きました053.gif

押尾コータロー
     New Album
  『Eternal Chain  ∞』


SME予約特典のポスターが入っていたので
箱がでかかった(笑)


今回のアルバムは、
ほぼ全曲初聴き状態なのですが・・・



良いんでないの~~~~071.gif071.gif071.gif071.gif071.gif

「どや!」っていうコータローさんの顔が浮かんでくる012.gif

ファンとしても、みんなに「どや!」って聴かせたくなる011.gif

『Landscape』のビデオクリップもめちゃめちゃカッコええですよ016.gif →  こちら

うむ、進化してる・・・・コータローさんの魅力は無限大!好きな気持ちも∞!!
早くライブで聴きた~い♪
[PR]
by ungalmatsu | 2009-08-04 22:16 | 押尾コータロー | Comments(8)