『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

<   2008年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

BIKE乗り納め

気合で大掃除もろもろを終わらせ、今日はBIKE乗り納め(^^)v
私もちったぁ走ったり乗ったりしておりますが・・・
今日も練習ヘナチョコぶりを遺憾なく発揮して参りました(苦笑)    スンマセンm(_ _)m
いやぁ、ブログをトレーニング記録にしてなくてホントによかった011.gif
     (↑ 最初からそんな気はさらさらない(笑))

ここからどうやって、ひとまず“ゼロ”の状態に戻していくかだけど
それは年が明けてからボチボチ考えるとして
今日は、この時期100キロ超のロングライドができた自分を褒めてあげよう(^^;

b0082834_20101250.jpg

美星町『夢味庵』の「角煮そば」
美味しゅうございました!
でっかい角煮が入ってて
大満足(≧▽≦)


年越しそばも食べたことだし・・・
みなさま、よいお年を~029.gif




今日は風に泣かされたけど、この曲は大好きですよん♪
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-30 20:28 | トライアスロン

ゆるすということ

b0082834_1652843.jpg
年末のごあいさつ代わりに、この本を。

「ゆるすということ」
   ジェラルド・G・ジャンポルスキー



すべてつながっている・・・

だからこの本をポンっと手渡されてもたぶんダメ。
本当に必要としているときに、あなたにもきっと届くはずです。

続きを読む・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-29 21:22 | 本を読む
  サンケイホールブリーゼ開場記念公演
押尾コータロー Christmas Special Live
  1st day Guest : 世良公則




2日目ゲストの綾戸智絵さん、3日目ゲストのジェイク・シマブクロに思いをはせつつ
初日のライブレポです♪


何が“Special”かって、ゲストというからには3~4曲だけの登場かと思っていたら
ほぼ「世良公則&押尾コータロー」のステージだったこと!
それを3日間、日替わりでやろうと考えたコータローさんがすごい・・・

そら、緊張もすごかったと思う(^^;    → 「ときど記」
MC少なかったし(笑)    


サンケイホールブリーゼは、会場内がシートを含め真っ黒なので
入った時の感じが、ホールというよりライブハウスっぽい。
キャパ900ほどだし、客席の傾斜も割ときついのでどこの席からでも見やすそう。
今回、私とぽこにゃん、k-hamちゃんといとこの4人は、10列目のほぼ真ん中でした♪



(5分ほど押して)
教会の鐘の音と共に、黒のジャケット、黒のシャツ、黒のパンツ姿のコータローさん登場。
  

  *カヴァー曲は、原曲のYouTube画像にリンク貼ってます(^^)v ご参考まで・・・ 


 1.Merry Christmas Mr.Lawrence
 2.Chaser
 3.TREASURE
 4.Christmas Rose
 5.Can't Take My Eyes Off You

ここまでMCもえらい少ない(笑)
ギターを下ろし、マイクを手にステージ下手側に移動。
「子供のころ、TVで見てたツイストの世良さんと同じステージに立てるなんて・・・」

世良さん、登場!とても53には見えません(^^; 
(ちなみに私は世良さんと誕生日が同じ)

 6.風の気持ち
「押尾コータローの前でギターを弾く、この緊張わかりますか?」と言いつつ
20年くらいライブで大切に歌い続けているというこの曲を、アコギ1本で歌い始めた途端・・・

すっげ~声量!すっげ~迫力!!
気を抜いてたら後ろに飛ばされそうなくらい! 一気に世良ワールド♪

「ときど記」の写真のシャツに着替えてコータローさん、再び登場。
セッションのセッティングができるまで、2人ともマイクを手に下手側に立って話すのだけど
ギターという武器(笑)を取り上げられた二人の間の気まずいこと(by 世良さん)
ちなみにリハではもっと気まずくて、セッティング終わるまでじゃんけんでもしようかと
思っていたとか(^^;
本番では、世良さんが音楽の道を志すようになったいきさつを、ちゃんと聞き出しておりました。


ここからはギター2本+世良さんヴォーカルのセッション!
 7.ジャカランダ

「世良さんって、クリスマスのイメージないですよね」なんて失礼な発言をしつつも
 8.White ChristmasBLUE CHRISTMAS

 9.What A Wonderful World
おぉ!今日もこの曲が聴けるとは(^^)
今日は、コータローさんにもルイ・アームストロングの物まねをして欲しかったな!
(世良さんの前じゃ無理か~(苦笑))



そして、まさかの展開でコータローさんの曲をセッション♪
あの(!)世良さんを歌わせずに、ギター2本だけのセッションなんて(≧▽≦)
10.ブラックモンスター
もともと男っぽいブラックモンスターは、男くさいブラックモンスターに・・・

11.BUSY 2
この曲をセッションでってのも意外。
しかも、2人のセッションンはずっとイスに座ったまま。
座ったまま、アップテンポのBUSY2ってのも新鮮でした♪

12.Born to be Rockin'
世良さん、オリジナル曲。(タイトル違うかも?)


(EC)
13.Wonderful Tonight
イントロのギターリフ、しびれた~~~(≧▽≦)

そして、いよいよ!
14.あんたのバラード
世良さん、ゾクッとするほどの色気と迫力・・・


そして、ついに!
15.銃爪

今まで2人ともギターを持っていたのが、
「この曲だけは僕のギター1本で歌って欲しい」というコータローさんの願いで
“押尾コータローひとりバックバンド”による『銃爪』
もうめっっちゃカッコよかった~~~~~~(≧▽≦)!!!
この時ばかりは、コータローさんのギターをまじまじと見つめてしまいました・・・

最後はコータローさんのソロで
16.With You


もう、セッションしてる間中、世良さんを見つめるコータローさんの目線が熱くて
思わずジェラシー感じるほどだったので(笑)、
最後の”you"は客席をやっと見てくれた、という感じ(^^;
欲を言えば、もうちょっとコータローさんのソロが聴きたかったけれど
きっかり2時間ってのは短すぎるような気もしたけれど
たった1日のために、たった1ステージのためにあれだけのことをしてくれたということが
どれだけSpecialなことだったか!!
コータローさんにギターソロを渡す時に、ちいさく「コータロー!」と呼ぶ世良さんに
一生懸命ギターで応えるコータローさんの姿なんてそうそう見れないもの・・・
いや、だけど、2人が出会うきっかけになった1年前のMBSのTV番組で
世良さんの選んだ大阪の芸人(←語弊あり(笑)?)が
間寛平と円広志と押尾コータローだったってのが
そもそもすごい話だわな(^^;
もっとそもそもの話では、すすきのの路上で世良さんたちに囲まれても(怖っ)
コータローさんの曲のコピーをちゃんと弾けたギター少年もエライ♪
世良公則・・・・文句なしにカッコよかったです。マジで・・・・

客電点いて客出しのアナウンスが流れても誰も立ち上がろうとせず
アンコールを求める拍手をしていたら、コータローさん出てきてくれました。
ホンマにええ人やね~~~~001.gif


b0082834_22305793.jpg
これでチケット取ってるライブの予定は
すべて終了してしまいました。
来年の予定がまだないってのは
ちょっと寂しい・・・

でも!
突然の告知にいつでも飛び出して行けるよう
しっかり充電しておきます♪ (お金もね!!)

ホワイトデーあたりの動きも気になるところ・・・


コータローさん、
今年もたくさんありがとう053.gif

コタ友さんたちにも、心からありがとう053.gif

072.gif072.gif072.gifMerry Christmas072.gif072.gif072.gif
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-24 23:46 | 押尾コータロー♪Live
本当にいい一日だった、クリスマスイブイブの23日♪
何から書けば良いものか迷うけれど・・・
b0082834_0525224.jpg
やはり、これからでしょう!
一つ目のメイン
少路和伸さんの個展@心斎橋アセンス

2年越しの夢が叶って
原画を見ることができました(^^)

(会場も絵もすべて撮影OK
   でした、念のため)






b0082834_0531933.jpg
外の喧騒がウソのように
ここだけゆっっったりと時間が流れている
5階のギャラリー。


← もちろん、この方からのお花も・・・

プリントの技術は確かにすごいけれど
やはり原画のあの大きさで、アクリル絵の具の
繊細なタッチを目にすると全然違う!
す~っと絵に引き寄せられていくのです(^^)
そして、ふと自分がホッコリ気分で
顔もほころんでいる事に気付くのです。
不思議な力やね・・・・







b0082834_0535374.jpg
 私が一番気に入った絵。 →

何度廻ってみても、この前で立ち止まってしまいました。

写真ではわからない、
サンタさんの表情が
たまらない~(≧▽≦)
何時間でも見ていたかった・・・

初めてお会いした少路さんは、
写真で見るよりイケメンでした!
でも柔らかい雰囲気は、絵から感じるそのまんま。







b0082834_0541926.jpg
しかし・・・メインはこれだけではなかった!
なんと、会場でかおりんに遭遇!!

「あの・・・南かおりさんですよね?」と恐る恐る近づいたら
嫌な顔をされるどころか(笑)
ニコニコ笑顔でものすご~い気さくにお話してくれました!
いや~ええ人やわ~(^^)

←  少路さんとかおりんの貴重な2ショット!

かおりん自身のブログにも → かおりんの関西探検隊







b0082834_0565963.jpg
RANさん、ぽこにゃんと共に記念撮影。
一緒に行ったO夫妻も大喜びでした。

b0082834_0572126.jpg
押し弾きの話はもちろん、ぶっちゃけ話(笑)もたくさん!
「塾長(押尾さん)は、時々ちゃんと持ってるかチェックしはる」と言って
サイフから“ギターおしえタロー”の会員証出して見せてくれたり
(もちろん私も持ち歩いてまっせ! ギターは練習できてないけど?!)
「これ、かわいいよね~」って一緒に絵を眺めたり、
いや~、ホンマにかわいくて(同い年とは思えない~~~)
ホンマにホンマにええ人でした(^^) 会えてうれしかった~~~~(≧▽≦)!

この日、ここでも他のコタ友さんや、ババッチ@大阪城ホールに来てたkenママさんに会えたり
個展の前に、(一瞬だったけど)楽屋入りするコータローさんの姿が見れたり
朝は、岡山駅のさんすてでコータローさんの『風の詩』が流れていたり
前日届いたKOTAPA会報では、“ギャラリーKOTAPA”にRANさんが採用されてたり
同封のクリスマスカードが思わず待ち受けにしちゃうくらい(40でそれは反則やろってくらい)
かわいかったり・・・いい事づくめ!
さらに、ふらっと入ったお店のランチがめっちゃおいしかったり
お茶したcafeもアタリだったり、で2つ目のメインを前にお腹一杯大満足状態(笑)

いえいえ、それでも別エントリーでライブレポします029.gif
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-24 20:47 | 押尾コータロー
b0082834_2155846.jpg
ひさびさに歌モノのCDを聴いています♪

12月17日発売
佐藤竹善
『静夜~オムニバス・ラブソングス~』




1. Coloveration~the spirit of love~
2. 今はただこのまま
3. 雪の華
4. 遠野物語 feat.あんべ光俊
5. 真夏の果実
6. 今日も君に恋をした
7. 木蘭の涙 with コブクロ
8. 夢みたものは
9. amanogawa(2008・Remix)
10. LET ME IN
11. BLUE
12. 生まれ来る子供たちのために
13. 桜坂
14. はじまりはいつも雨
15. 届いたらいいな~Gratitude~      ( こちら で試聴できます♪)

竹善さんのオリジナル&カヴァー・ベスト・アルバム(^^)
もちろんSALTも参加、他にパーカッションがまたろうさんだったり・・・
今の自分へのボーナス、って感じですね♪
いつかここにコータローさんも入る日が来たらいいな♪

このアルバム発売日に「ありがとう!フェスティバルホール」というイベントに
出演された竹善さん。
その日のブログを読んでいたら、フェスティバルホールに対するミュージシャン達の思い入れが
本当にすごいものだったことがわかります。 (→ おくらの軍艦巻き ) 
改めて“すごいホールだったんだなぁ”と思うと同時に
“そのステージに立ててホンマによかったね!コータローさん!”  ホンマにつくづく・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-18 21:29 | 音楽あれこれ

What a Wonderful World!

b0082834_061483.jpg

行って参りました♪

DOCOMO SOUND CONNECTION 2008
HERTY X'MAS CONCERT
@岡山シンフォニーホール


出演 : coba
ゲスト: 渡辺美里
      塩谷哲
      押尾コータロー

バンド: 天野清継(ギター)、 バカボン鈴木(ベース)、 天倉正敬(ドラム)


何と言いますんでしょうか、すんごいゼイタクな、すんばらしい夜でございました♪
(↑ cobaさんの口調が伝染しております(笑))

入場時にセットリストを配られていたにもかかわらず、
その曲が誰と誰のコラボなのか、それによって世界がどう拡がって行くのか、
最後までドキドキ&ワクワク・・・
何と言いますんでしょうか、普段はそれぞれソロで活動している方々で
cobaさんのアコーディオンにしても、SALTのピアノにしても、
そしてもちろんコータローさんのギターにしても、
それだけで完結することのできる楽器なわけです。
美里さんに至っては、もう1つの時代を築き上げられたと言ってもいいほどの
ヴォーカリスト(我々の青春ですな!)。
それが、ひとつのステージでのセッションで、世界が無限大に広がっていく感覚というのは
聴いてるだけでもこれだけ気持ちよいのだから、
演ってる方はもっともっと気持ちよいのでしょうね!
結局、人と人なんだなぁ・・・・・・それが伝わってくるコンサートでした!!

とりあえずセットリストをアップしておきます001.gif

(第1部)
1. agua monegros(coba+band)
2. my sweet trickstar(coba+band)
3. Merry Christmas Mr.Lawrence(oshio)
4. Destiny(oshio+SALT)
5. Purple Highway(oshio+SALT+coba)
6. Mr.Tapman(SALT+oshio+coba+band)
7. 薔薇の冠(coba+band)

(第2部)
8. solo (X'mas medley)(coba solo)
9. 黄昏(oshio+coba)
10. Morning Bliss(SALT solo)
11. 10 years(misato+SALT)
12. My Revolution(misato+SALT+coba+band)
13. サンキュ(misato+SALT+coba+band)
14. my way(coba+band)

(EC)
15. Silent Night (coba solo)
   ~ Happy Xmas(John Lennon)(oshio solo)
   ~ The Christmas Song (Nat King Cole)(SALT solo)
   ~ What a wonderful world (Louis Armstrong)(misato+all members) 

正に“What a Wonderful World"でございますでしょ016.gif


曲については後でちょことだけ述べるとして、cobaさんのMCがまたおもしろくて(笑)

(唐突に)
coba「塩谷さんは、岡山好きですか?」
salt 「・・・岡山、好きですよ。cobaさんは岡山好きですか?」
coba「私は岡山好きですよ。押尾さんは?」
oshio「僕も岡山好きです。」
coba「塩谷さんは、岡山のどんな所が好きですか?」
salt「マスカットとか桃とか・・・瀬戸内海の風景とか・・・(ごにょごにょ)」
coba「瀬戸内海のどんなところが好きですか?」
salt「穏やかな気候とか・・・・(しどろもどろ)」
coba「押尾さん。今、聞かれたら何答えようって一生懸命考えてたでしょ。」

『Purple Highway』の曲紹介をコータローさんがした時にも・・・

oshio「お塩が2人なので、だいぶしょっぱいかも知れませんが。」
coba「お塩ったって、あなたのは字が違うでしょうが。」
oshio「そ、そうですね。じゃ、PUSH+SALTで。」
coba「そしたらcobaは何なんでしょ? cobaって何かちっちゃい感じしますよね。
     cobaって・・・」      (またもやコータローさん放置) 

お笑いトリオか!!!

他にも、セッションがまだ1曲残っているのにSALTとコータローさんを袖にはけさせようとする
ハプニングもあり(笑)
後で「あの2人が先輩じゃなくて良かった・・・」とボヤいておられました(^^;

しかし、SALTと美里さんが、小学校時代の同級生だったというのには驚きました!
お互いに漠然と「音楽の道」を夢見ていた頃から30年、
ステージで共演するのは今日が“本当に初めて”という記念すべき瞬間に立ち会えたなんて
なんてラッキーなんでございましょう!


そして、今日初めてSALTのピアノを生で聴いてはっきりわかったのは、
ストライクゾーンど真ん中ってことでした(^^)
ギターだったらコータローさん、ヴォーカルだったら竹善さん、そしてピアノは紛れもなくSALT♪
「どこが好きなの?」と聞かれても「全部!」と答えるしかない、
理由の説明ができない“好き”なものって、あるもんです・・・・
一番好きなのはやっぱりコータローさんだけど053.gif

お付き合いいただいたk-hamさん、ロビーで私を見つけてくれたびんせんとさん、
ありがとう041.gif
来週のブリーゼも、楽しみましょうね037.gif
久しぶりに会えたYumikoさんは3days通いだとか・・・・う、うらやましいぃぃ005.gif

30代最後の年の幕開けがこんな形で始まるなんて、
なかなか良いスタートのようでございます049.gif

【12/18ちょこっとだけ追記】
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-16 01:43 | 押尾コータロー♪Live

元気を出して♪

♪ ばんばらばんばんばん ばんばらばんばんばん
    ひみつっ せ~ん~たい~ アレンジャ~ アレンジャ~ ♪

できることなら毎週(正確には隔週)、飽きもせずに(笑)歌うコーナータイトルも
しつこいくらい配信して欲しいと私は思うのですが・・・・
その、『まかせんかい!アレンジャー!』のコーナーが曲だけでなく全部通して
ストリーミング配信でクリアに聴けるようになったのは、ホンマにありがたいことです♪

先週のアレンジャーは、竹内まりやの『元気を出して』でした。
コータローさんとかおりんは薬師丸ひろ子ヴァージョンが一番の記憶にあるようだったけど
私はないぞ・・・同年代だけど・・・・
でも何てったって、“コータローさん紅白初出場”(というのか?)の曲ですから!

聴いてるだけで心がホッコリするようなギターアレンジ♪ 現在ストリーミング配信中です♪
優しい気持ちになれますよん032.gif        → 押し弾きHPからどうぞ060.gif

先週は何と言っても、2年前の夏から待ち続けた竹善さんがやっとゲストに登場!
セッション『I Just Call To Say I Love You』(心の愛)の気持ち良さったら!!!
こちらは雑音交じりだったけど、しっかり心に刻みました053.gif


さてさて、もう幾つ寝ると?
もう4つ寝ると Docomo Hearty X'mas Concertでコータローさんに会える~041.gif041.gif
元気を出して行きましょ066.gif066.gif066.gif
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-11 23:39 | 押尾コータロー

不可能はない

『沈まぬ太陽』(山崎豊子原作) ついに映画化!
b0082834_2355193.jpg
いやぁ、驚きました。
「映像化は不可能」と言われていた、
文庫本で全5巻のこの小説を映画に?
連続ドラマではなく?!

主人公の恩地元(はじめ)役は
渡辺謙さん・・・う~ん納得。
他のキャスティングは未発表だけど、
行天役が誰なのか気になることろです。



私も航空業界に関わっている時に読んだし、
あの日本航空123便墜落事故当日に逆区間とはいえJAL機に乗っていたということもあって、
山崎作品の中では一番思い入れが強いかも知れません。
政官財を巻き込んだ組織の腐敗を描くこの小説は、一企業のイメージを損うということで
今でも強い反発があるみたいですが、あくまで小説、あくまで映画、
あくまでエンターテインメントですから!
カラチ、テヘラン、ナイロビ(ほら、世界地図が役に立つ〈笑))でもロケが行われるという映画を
楽しみに待ちましょう(^^)
 

 


山崎豊子といえば・・・
ハマる人はハマるし、ダメな人も多い。
私は、この『沈まぬ太陽』、『白い巨塔』、そして『大地の子』はおもしろいと思ったけれど
『華麗なる一族』はダメでした~(^^;   
これはドラマもダメじゃった・・・キムタクのせいではない、と思う〈苦笑)
劇団キャラメルボックスの上川隆也が、NHKドラマ『大地の子』(1995)でブレイクした時にゃ
びっくりしたけど・・・

ちなみに、TV無しっ子〈笑)の私が、もっぺん見たいドラマは

1.『白い巨塔』   (2003-2004 全21話)   主演:唐沢寿明
2.『沙粧妙子-最後の事件-』 (1995 全11話) 主演:浅野温子
3.『若者のすべて』 (1994 全10話) 主演:萩原聖人

うわっ、どれも暗っっ!      (詳しくはWikiで調べてみてください)
でもね、『若者のすべて』の主題歌だったMr.Childrenの『Tomorrow never knows』は
今でも聴くとすごく切ない気持ちになるのです・・・私にもそーゆー時代があったんだってば!





名曲だわ♪

え~、何がなんだかわからなくなってきたので、
とりあえず“音楽”のカテゴリーに入れておくことにします〈笑)
  
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-10 23:56 | 音楽あれこれ

世界は広い

b0082834_19464972.jpg
家族を除いては一番なが~い付き合いの友人Uとは
お互いの誕生日に、欲しいもののリクエストを聞いて
贈りあっております。

← で、今年のリクエスト受付に即答したのが、コレ067.gif

毎年変なものを頼んでゴメンよ~(^^;
感謝しておりますm(_ _)m


特に行きたい国があるわけじゃなく、
しかも高校んとき、文系のくせに世界史と地理を選択していた(ごくごく少数派な)割には
世界情勢に疎いわ、極度の方向オンチだわ(苦笑)
第一、地図をまともに読めもしないんですけど・・・( ̄◇ ̄;

眺めるだけでも楽しいし、ニュースに出てくる国や都市を地図で探すのっておもしろい006.gif
「え?それだけ?」というツッコミは無しです(笑)
それが知識として身につくかどうかなんてことは全く気にしな~い011.gif

ほんのわずかに心の向きを変えるだけで、誰かとの会話の中にもヒントが見えてきて
「あ、そっか、そういう見方もあるのね」って気付くことがあります。
これも引き寄せの法則ってやつ??

つい忘れがちになるけれど・・・
世間は狭いが、世界は広い029.gif
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-08 20:13 | 日々の生活

カナダからの手紙

はい!そこの人、歌いましたね(笑)

b0082834_23572130.jpg
届いたのはラブレターではなく、大学時代ホームステイ
していたホストファミリーからのグリーティングカード☆

ですが・・・
自分のホストファミリーは恐ろしく筆不精だったため、
とっくに連絡は途絶え、今でも続いているのは
友達のホストマザーだったDaljeetだけだったりします。
(ホストマザーといっても、年は8つくらいしか
 離れていなかったはず・・・)

私が滞在していたのは
カナダのブリティッシュコロンビア州アボッツフォードという、アメリカ国境に近い小さな街でした。


たくさんある思い出の中で、すごく印象に残っているのは
ホストファミリーのジェニファーの17歳のバースディケーキが真っ青だったこと。
   (ジェニファーはBlueが好きだから・・・
    って青いクリームのケーキが普通に売られているってのがすごい)

近所の人に年を聞かれて「ハタチ」と答えたら「20?! TWOOOO! OHHHHH!?」
アンビリーバボーの典型のような驚き方をされたこと。
   (そりゃ確かに14歳のレイチェルのほうが大人っぽかったけどさ)

そして"elope"なんていう珍しい単語を覚えて帰ったこと。
   (今までこの単語を覚えてて役に立った事は一度もない)


さ~て、辞書片手に錆付いた頭をフル回転させて英作文っと042.gif

elope??
[PR]
by ungalmatsu | 2008-12-05 00:26 | 日々の生活