『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

カテゴリ:好きな言葉( 23 )

TUGUMI ~ AYAYK 

「そんなことばっかり言ってると、何かが足りない・・・・・って言いながら棺桶に入ることになるわよ。」


♪ なんにもないって気持ちがいいな なんにもないからなんでもあんだ ♪




この2つの言葉って見事にシンクロしてると思いません?


ひとつ目は吉本ばななさんの『TUGUMI』に出てくる、まりあのお母さんがお父さんに言う言葉。


そして、ふたつ目は『明けない夜はないってことを明けない夜に考えていた』
(余りにも長いので略して『AYAYK』(笑))という直太朗の歌。



『TUGUMI』は、“生命”の儚さと、それゆえの輝きにハッとさせられる、
切なくて、でもきっと幸せな物語。
つぐみの悪魔度にはびっくりだけど、
物語から戻ってきたとき、どこかが「再生」(Reborn)した自分と会えるはずです。
これは読むなら絶対、夏がおススメ(^^)
直太朗のこの歌は、この前のライブで初めて聴いてものすごく心に残ってて
先日やっとシングル「未来~風の強い午後に生まれたソネット~」を購入しました。
あぁ、だからこの人は『いつかさらばさ』のようなラブソングを歌えちゃうんだなぁ・・・
どちらにしても、こういうことを言えちゃう人ってのは、まわりに与える(いい)影響も大きい。




んなことを考えながら、静かにこの曲を聴いていたい気分です
弾き語りも良いけど、このライブヴァージョンもすごく好き





以上、久々の「好きな言葉」たちでした

『声』
[PR]
by ungalmatsu | 2009-07-18 07:18 | 好きな言葉 | Comments(2)
↑ ↑ ↑
これは、鴻上さんの書くセリフの中でも、特に好きな言葉ですが・・・


某ライジングサン新聞には、毎月1回、谷川俊太郎さんの詩が掲載されます。
今朝の新聞に掲載されていた『分からない』という11月の詩に、
強烈に惹かれてしまいました。


私は、言葉を探すのに時間がかかります。
「どう言えばいいんだろう」と考えるうちに、何も言えなくなってしまったりするもんだから、
小さい頃から、しばしば「かわいくない」とか「冷たい」とか言われたもんでした。
(確かに、素直に「うれしい」と言わない子供はかわいくない(苦笑))
物事のいい面を見れば、「沈黙が苦にならない」ってことでもありますが
いずれにしてもラジオのパーソナリティにはなれないタイプ(^^;

特に言葉がポンポン途切れることなく出てくる人を前にするとなおさらで
「すげ~なぁ」と感心してしまうのです。
まさに、
“葉加瀬太郎に圧倒されて「うーっあーっあーっおーっ」しか言えない押尾コータロー”状態(笑)
                          (11月14日の押し弾きでも聴けるであろう(^^))

それが度を過ぎると、
例えばややこしい話を説明してもらうのに、小難しい言葉の洪水を浴びせられたりすると、
「いったこの人がしゃべっているのは日本語かしらん?」と、
まるで理解できなくなってしまう・・・、そんな事もあります。
「これだけ言葉を尽くしてるのに、わからないなんておかしい」なんて言われたら
「それだけ言葉を知っているなら、私にわかる言葉でしゃべってや」と言いたくなる・・・


それでも黙っていては、(多くの場合)何も伝わらないし、心はさらに迷ってしまう・・・
私の思いを言葉にしてもらったようなこの詩に出会えたことで
たとえ思いに足りなくても、やはり言葉にしていく努力は必要なのだな、と思ったのでした。

『分からない』
[PR]
by ungalmatsu | 2008-11-08 23:20 | 好きな言葉 | Comments(6)

好きな言葉シリーズ ⑲

「ふたつよいことさてないものよ」


                河合隼雄 著 「こころの処方箋」 より

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2008-09-29 22:24 | 好きな言葉 | Comments(0)

好きな言葉シリーズ ⑱

君はいつもそうやって大丈夫じゃないのに大丈夫だって言うんだ。

            島本理生『ナラタージュ』より

More
[PR]
by ungalmatsu | 2008-08-03 23:00 | 好きな言葉 | Comments(2)

好きな言葉シリーズ ⑰

もしもおまえが
枯れ葉ってなんの役にたつの?ときいたなら
わたしは答えるだろう、
枯れ葉は病んだ土を肥やすんだと。
おまえはきく、
冬はなぜ必要なの?
するとわたしは答えるだろう、
新しい葉を生み出すためさと。
おまえはきく、
葉っぱはなんであんなに緑なの?と
そこでわたしは答える、
なぜって、やつらは命の力にあふれているからだ。
おまえがまたきく、
夏が終わらなきゃいけないわけは?と。
わたしは答える、
葉っぱどもがみな死んでいけるようにさ。


ナンシー・ウッド著『今日は死ぬのにもってこいの日』より

More
[PR]
by ungalmatsu | 2008-05-13 22:46 | 好きな言葉 | Comments(2)

好きな言葉シリーズ ⑯

「泣かないように 負けないように いい夢を見るんだよ」



ひとつのメロディが、どんどん記憶を呼び覚ましていくことがある・・・
「鴻上尚史のオールナイトニッポン」 午前3時になる前のエンディングフレーズでした。

がんばっているアナタには、“おやすみ”の代わりに、この言葉を
[PR]
by ungalmatsu | 2008-02-07 21:11 | 好きな言葉 | Comments(2)

好きな言葉シリーズ ⑮

褒められても 褒められんでも
すべきことをして 黙って去っていく
そういうのが 実行であり 教えであり 真理だ


More
[PR]
by ungalmatsu | 2008-01-06 01:06 | 好きな言葉 | Comments(0)

好きな言葉シリーズ ⑭

「クリスマスの約束 2007」

今年もまた、名曲が生まれていましたね
もちろん曲があって“歌”として完成されたものですが、その言葉だけでも・・・

「たとえば」
[PR]
by ungalmatsu | 2007-12-27 12:09 | 好きな言葉 | Comments(0)

好きな言葉シリーズ ⑬

Carpe Diem / Seize the Day

b0082834_20315488.jpg
「いまを生きる」という映画をご存知でしょうか?
原題は“DEAD POETS SOCIETY”=「死せる詩人の会」。
英詩を専攻していた大学時代(1989)に映画館で観て以来
何度も繰り返し観ている、今でもお気に入りの映画の中の1本です。
(映画について詳しくは → こちら )

邦題「いまを生きる」は、ロビン・ウィリアムス演じるキーティング先生が、
生徒達に教えるラテン語「carpe diem」(カーペ ディエム)から
きています。

“Carpe Diem”、英語で“Seize the Day”
今、この瞬間をつかみとる。今を大切に生きる。


旅立つ友へ贈ります・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2007-09-20 21:38 | 好きな言葉 | Comments(2)

好きな言葉シリーズ ⑫

四方を壁で囲まれたら上を見ればいい。
そこにはいつも、空がある。
        サンプラザ中野



爆風スランプ"GREAT TOUR '87"ってことは、高校2年の時か(^^;
まだ『Runner』で売れる前で、
キャパ1700の岡山市民会館で1階の半分くらいしか埋まらなかった頃の話。
500人くらいで、それでもめちゃくちゃに盛り上がって、
そこで聞いたサンプラザ中野さんのこの言葉は、今でもはっきり覚えてます。
空を見上げるくせがあるのは、それでかなぁ?

ところで・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2007-08-24 23:46 | 好きな言葉 | Comments(0)