『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

カテゴリ:Liveあれこれ( 56 )

行って参りました♪
KOBUDO-古武道- 
 尺八・チェロ・ピアノコンサート『時ノ翼』
 @早島町町民総合会館「ゆるびの舎」文化ホール

b0082834_21345626.jpg
入り口で配られた『古武道新聞』 渋っ  →
以前ベタボメした“古武道”、
念願の初ライブです!

古武道が、なぜ、こんなところへ?!
と思うくらい田舎の小さなホール(キャパ556)で
しかも連休真っ只中で
さらに開演15時となると・・・

予想したとおりの客層でしたわ(^^;
あのオバチャンたちの中に
「古武道を聴きに来た」人が
一体何人いたのでしょう?

でも!めっちゃステキなコンサートでした053.gif


【古武道】
チェロ:古川展生
ピアノ:妹尾武
尺八:藤原道山
 
 最新アルバム『時ノ翼』特設サイト → こちら


注:「続き」、長いです・・・

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2009-09-20 21:39 | Liveあれこれ | Comments(10)

星月夜のコンサート♪

今年も行って参りました~♪

星月夜(ほしづくよ)のコンサート’09
 ライトダウンinあさくち

  @浅口市三ツ山スポーツ公園 野外ステージ



「また来年ここで会いましょう」と言った新良さんの言葉が本当になりました。

《出演者》
第一部  神谷千尋 (唄、三線、ピアニカ)
       知名勝 (アコースティックギター)
第二部  新良幸人 (唄、三線)
       サンデー (太鼓)
第三部  全員による共演

去年と全く同じメンバー!
昼間は晴れていたのに、日が暮れるにしたがって雲が厚くなる、というお天気も去年と同じ・・・
ついでに言うなら、一緒に行ったメンバーも去年と同じkenmamaさんとルーファスさん(笑)

いや、でも今年は途中で月が顔を出してくれましたよ001.gif
みんなの想いが通じた奇跡みたいでした045.gif


神谷さんの澄んだ歌声は心地よくて、思わず意識がどっかに行ってしまいそうになるくらい(^^;
MCのウチナーグチが、これまたいい。
関西弁は変に伝染するけど(苦笑)、ウチナーグチはなかなか真似できないさぁ。

そして、目がチカチカするほど赤いシャツ着て登場した新良さん!
やっぱり、やっぱりステキでした♪ ステキすぎる~♪
しゃべる時は相変わらずクネクネしてて (幸人ファンに言わせると“セクシー”・・・・う、うん・・・)
時々何言ってるかわかんなくなっちゃうんだけど
唄と三線はすごい!本当にすごい!!
『白保節』 ~ 『エイサー(クーダーカー)』 ~ 『いちゅび小節(ぐゎーぶし)』という
八重山民謡・・・・しびれました・・・
月が出ていたら最初にやるはずだった『月ぬ美(かい)しゃ』、
第二部最後の『ファムレウタ』

その時でした。
それまで「あのあたりに月があるな~」と仄かに明るく見えたところから
月がゆっくり、ゆっくり、少しずつ、少しずつ、顔を出したのは。
結局、丸い月が見えることはなかったけれど、
月が出ただけであんなに感動したのは初めてだったなぁ・・・
最初に「月がちょっとでも見えたら教えてね」と言っていた新良さんに
みんなが「出た!出た!」って指さして教えてあげたら
新良さん、「ようこそ、お月さん~」と言ってステージを降りていきました(笑)

第三部は、ライトダウン。
周りの街灯、施設(トイレも含め)の電気、スポットライトさえも消した中でのステージ。
この時も、少しだけ月が見えました。
星も、数えるほどだったけど・・・去年はひとつだけだったから、今年はそれだけでもすごい。
浜風に吹かれて、空を見上げながらのライブってゼイタク。たぶん何よりもゼイタク。
他の夏フェスには全然行けなかったけど、「この夏はこれだけで満足」って思えるくらいの
夏の終わりの一日でした♪
最後には、前の方の人、立ち上がってカチャーシー踊ってましたね~(^^)

きっとこのイベントは、来年も、再来年もずっと続いてくれると思います。
こんなステキなライブが無料で見れるなんて、行かなきゃ損ですよ!
ライトダウンの意味も含め、もっともっとたくさんの人に知って欲しいなぁ・・・

アンコールは『満天の星』
心の目で、満天の星、しっかり見えました。
そうなんだよね。心は自由。
肝心なものって、心の目でしか見えなかったりして。
しかも、簡単なようで難しかったりして。

出演者のみなさんは、きっと明け方まで飲んでるだろうけど(笑)
私はマンゴヤンラッシー1本で、そろそろ撃沈 zzz
今夜はいい夢が見れそうです。ありがとう。また来年、会えますように。

♪ 我ん心ぬ底や 満天ぬ星よ ♪
[PR]
by ungalmatsu | 2009-09-07 00:27 | Liveあれこれ | Comments(4)
行って参りました♪


ウクレレバンバンバザール
  @倉敷フューチャーヒャクカフェ 


バンバンバザールは、ちょうど3年前、フラプラのオープニングアクトで見て以来2度目。
今回のカフェのキャパは、ぎゅうぎゅうに詰めて30人くらい。
ウクレレ、ギター、ウッドベースが生音なのはもちろんだけど、なんと歌までマイクなしの生!
人んちのリビングでライブ、みたいな
めっちゃゼイタクなんだけど、ゆる~~~~い感じがすごく良かったです。

Ban Ban Bazar → オフィシャルサイト 
福島康之(Vo,Guitar)+司会進行
富永寛之 (Guitar,Cho)
黒川修(Bass,Cho)

今回は富永さんがギターをウクレレに持ち替えての「ウクレレバンバンバザール」
この人たちって、どんな曲でもできるんです。オリジナルもカヴァーも、何でも、ホントに・・・
セットリストも全然決まっていなくて、「○○やろっか」で始まることもあれば、
福島さんが曲名言ったり、イントロ弾き始めたら、富永さんと黒川さんが即座に対応って感じ。
ホントに即座に・・・すげ~。マジすげ~(笑)
でもゆるい。マジゆる~~~~い(笑)

インディーズの彼らと芸能界との唯一のパイプが、今話題(!)の“サンミュージック”(^^;
お詫び会見を見るたびに、「そんなことより、10月発売のDVDの宣伝をしてくれ~」って
思うんだそう。
あのS井さんもバンバンのライブを見に来たことがあるんだとか!
そこから「覚せい剤で捕まった人って、いい歌うたうんですよね~」
「さすが、人間捨ててますからね~」(おいおい!)という話になり
「誰がいましたっけ?」の問いに客席から「尾崎豊」「岡村靖幸」・・・
で、やった曲が
美川憲一『さそり座の女』
清水健太郎『失恋レストラン』
長渕剛『とんぼ』
『とんぼ』なんて、このとき初めてやったというからあなた!驚きでしょ!?
歌詞はうろ覚え(客が完璧だった)でも、3人の息はぴったり・・・ウソみたいに・・・
最後が、田代まさし→ラッツ&スター『Tシャツに口紅』
これは、カヴァーしたことがあったんだとか。
「これだと、捕まったのマーシーなのに、リーダーが逮捕されたみたい」
「いや、リーダーも逮捕されたことあるよ」
「それ、淫行!」(←3人口を揃えて・・・)

どんどん話がまずいほうに(苦笑)
オリジナル曲の「どういうこと」で収集ついたような、つかないような(笑)

セットリストはわかんないです、スミマセンm(_ _)m
でもこんな感じで、オリジナル、カヴァー、歌あり、インストあり、笑いっぱなしの2時間でした♪
富永さんのウクレレソロコーナーもあったりして、楽しかったなぁ。
『渡る世間は鬼ばかり』のウクレレバンバンバザールヴァージョンって気になりません?
3年前にも聴いた「FRIDAY エビフライ」は盛り上がったし!
最後、キメの台詞は「ハイ、チボリ!」
(前に倉敷でライブしたのが5年前のチボリ公園で、そこの記念撮影での話(実話))
「あったねぇ!」
「そんなんだからつぶれるんだよ!」と思い出したメンバーたちが大盛り上がり。

もちろん、アンコールの曲も決まってなくて
福「この曲ねぇ、ジョージ・ハリスンが死んだときに、誰かがやってました。」
富「あぁ、そうなんですか。」
福「誰かがやってたんですよ。」
富「“この曲”って言われても、どの曲か、私、わからないんですけど?」


う~ん、このゆるさをどう伝えればいいのだろう(笑)
この曲もライブでやってくれたけど → YouTube 『新宿駅で待ってた』


でかい富永さんが持つと、さらにちっちゃく見えるウクレレ。
あんなでかい手と、太い指でウクレレ弾く姿が・・・カワイイ(^^;
最前列かぶりつきで地べたに座ってたもんで、
目の前には富永さんのチェックのショートパンツからのぞく
毛むくじゃらの足だったけど(笑)
ついでにスニーカーもカワイかった。
でも、私よりも年下ってのはちょっとショックだ・・・
黒川“阿弥陀”さまは、阿弥陀ヘアーとえくぼがステキ(^^)
2人をうしろから見つめる目が優しくてステキ(^^)一番年下だけど!?
福島さんは・・・ajaさんに似てるのよね(笑)
声は、前にも書いたと思うけど木村充揮さんばりでカッコよくて
でもしゃべりだすと、どんどんドツボにハマって(笑)

最後はインストの『夢で逢いましょう』でライブ終了♪
「ウクレレバンバンバザール」のCDと、
10月発売なのにもう売ってた(いいのか?!)ライブDVDをGETして
サインもらって帰りました。
b0082834_21351616.jpg
そして「ハイ!チボリ!」とチボってもらっちゃいましたよ!ラッキー!
やっぱり生はいい♪ ライブがイチバン♪♪ 楽しかったよ~♪♪♪
誘ってくれたkenママさん、ありがとう。
こんなゆる~い年越しができたら最高ね!
[PR]
by ungalmatsu | 2009-09-02 21:54 | Liveあれこれ | Comments(6)
な、なんちゅうゼイタクな夜だったのでしょう・・・

b0082834_1519286.jpg
あこがれのビルボートライブ大阪で!

飲みながら!

小曽根さんのライブ!



行って参りましたよ~♪
ビッグバンドの最高峰!
小曽根真 featuring
     No Name Horses
@Billboard LIVE OSAKA

3days最終日の2nd Stage
   ・・・つまり大阪最終公演に♪

いやぁ、自分もこういう所で音楽を楽しめる歳に
なったのだなぁ、と感慨ひとしお(笑)
ビルボードライブ初心者ということで、今回はカジュアルシートにしたけど、
雰囲気やシステムも分かったし、次回はちょっとだけおしゃれして
自由席にチャレンジしたいものです(^^)
1年に一度(か、二度?)くらいは、こういうゼイタクな時間を過ごしてもばちは当たんないよね♪
まさに“人生のオアシス”!

ライブはもう、本当に素晴しくて、あの空間で感じた事を
「めっちゃカッコ良かった」 「めっちゃ気持ち良かった」 「めっちゃ楽しかった」
なんてありきたりな感想では到底伝えきれない・・・
うぅ、自分の語彙力のなさが歯がゆい(^^;
なんと言うか、そう、「身体と心の全ての感覚で堪能してきた」という感じです。
この「堪能する」という言葉は、直太朗がブログで『Q.O.L』の事を書いてたときに使っていて
例えば「あ~よく寝た」というのは、どれだけ長く寝たかよりも、いかに眠りを堪能したか
という“眠りの質”に対応していて、他のすべてにおいてもそうであって
"Quority Of Life”つまり、人生の質や価値を高めるってそうことかなって
内容だった(と思う)・・・・・というようなことをふと思い出したりして。


閑話休題。
長くなりそうなので、続きを読もうと思った人はクリックで(^^;

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2009-07-05 18:03 | Liveあれこれ | Comments(2)

シュプレヒコール!!!

シュプレヒコール!!!

行って参りました~!
KOKAMI@network vol.10
僕たちの好きだった革命@サンケイホールブリーゼ

b0082834_0524445.jpg


シュプレヒコール!!!

企画・原作・脚本・演出の鴻上尚史さんは、やっぱりすご~い!好き~!


シュプレヒコール!!!

主演の中村雅俊さんはじめ、片瀬那奈さん、塩谷瞬さん、ラッパー役のGAKU-MCさん、
そしてそして大高洋夫さん、他全19名の出演者、すばらしかった!



詳しくは、オフィシャルサイトを見ていただくとして(→ こちら

2009年、母校の拓明高校に国語教師として赴任してきた日比野(塩谷瞬)、
1969年、学生運動が激しさを増す中、機動隊の催涙弾を受けて意識を失った山崎(中村雅俊)、
そして1999年、30年の長い眠りから覚めた山崎が、失った30年を取り戻したいと
高2の日比野たちのクラスに復学してくる。
そこには、かつて共に全共闘運動に参加していた文香の娘の未来(片瀬那奈)がいて
リーダーだった兵藤(大高洋夫)は教頭になっていた。
いかにも現代(1999年)の高校生らしく、学校がダメと言えばすぐにあきらめてしまうクラスメートを見て
山崎は自分達の文化祭を取り戻すべく立ち上がる・・・

めまぐるい舞台転換が、暗転ではなく白いカーテンを左右に引く間に行われたり
多い人では1人5役という舞台ならではの苦労を観客にぶっちゃけたり
シーンの途中で、「はい!今から15分間の休憩に入りま~す」と現実に戻されたかと思えば
第2部の始まりは、ぞろぞろと俳優さんたちがステージに戻ってきて「じゃ、始めます。」
(まるで稽古のよう)
それが、次の瞬間、役に戻っているという、その一瞬を観客に見せたり。
う~~~~~~ん、このやり方はすごい!すごかった!さすが鴻上さん。

テーマはドラマティックだけれど、ちゃんとコメディの要素もちりばめられていて
30年間眠っていた山崎と、クラスメートの会話なんて
   「ムカつくんだよ!」
   「・・・・・胃でも悪いのか?」
   「超ムカつくんだよ!」
   「・・・・・腸なのか?」
そしてこれが2度目に繰り返された時には、山崎がポケットから薬を取り出し・・・・
もちろん、それは「大正漢方胃腸薬」だったり(笑)

文化祭に「加藤鷹」を呼びたいと言い続ける高3の男子に対して、
学校側は「ガダルカナルタカ」なら呼んでやると言うのだけど
「ガダルカナルタカじゃダメなんだよ~、全然違うんだよ~」
・・・・・あの・・・・全然わからなかったのですが・・・・帰って調べたら加藤鷹さんて・・・・
有名なAV男優さんなのですね(笑) なるほど(^^; 
チョコボール向井さんの名前はわかったんだけど(苦笑)
(この加藤鷹さんご本人が、東京公演で、実際にトークショーに出演されてたりなんかして)

“タイトキック”というラッパー役のGAKU-MCさんが実際にステージで歌ったり
中村さんもギター片手に弾き語ったり、音楽の力、というか可能性を感じる舞台でもあったなぁ。
世界を変えることはできなくても、「お前のやってることは無駄なんだ!」と言われても
たとえ見かけは元の生活に戻ってしまったとしても、心には何かが残っている。
そうやって誰かの生きざまに影響を与える出来事というのは、決して無駄なんかではない。

1999年という時代では、1969年とは違って山崎に賛同して革命を起こそうとする高校生達は
結局のところ5人。
そこに、学生運動を経験した親たちの痛み、同時にその時代を生きてきた誇りのようなものも
掘り起こされていく。
結局、山崎は30年後にまた、学校側が要請した機動隊の突入により命を落としてしまい
すべては山崎のせいにされて、高校生達は、何もなかったかのように以前の生活に戻っていく。
それでも、その心にはその時の風景が残っているはず・・・
そちゃんと戦って、ちゃんと生きよう。
大切なのは世界を変えることではなくて、自分が自分であり続けることなのだから。
いつものことながら、笑ったり泣いたり忙しい鴻上さんの舞台は
見終わった後の、言葉では説明できない爽快感(のようなもの)がたまらない(^^)

終演後のカーテンコールは何と4回!

1回目。
中村さんによる「シュプレヒコール!!! 本日はありがとうございました。」

2回目。
塩谷さんによる「シュプレヒコール!!! 大阪は第2の故郷です!」
芝居でスタンディングオベーションなんて初めてだった。

3回目。
「シュプレヒコール!! しばらくこの余韻にひたらせてください。」と感無量だった中村さん。

が、4回目。
「シュプレヒコール!!! 
  みなさん、いい加減帰ってください!!!!!」
  (爆笑)

そしてステージから出演者全員が「帰れ!帰れ!」コール   (大爆笑)


そんな風に客席から追い出されたら、ロビーの隅っこのほうに鴻上さんがニコニコしながら
立っていて、「あ、いるいる」と確認。毎度のことだけど、話しかけられなくてもこれで満足な私。
まるっこい字で書かれた“ごあいさつ”を読む幸せも久しぶりに味わえました。
(続きに全文を載せておくので、興味のある方は読んでみてね。)
鴻上さんの会話をちら聞きしたところ、今回の舞台はDVD化されないとのこと。
今日の日を、いつか色褪せてしまう記憶の中で大切にしておくか
いつまでも色鮮やかな記録として、2年前の初演時のDVDを買うかは悩むところだ・・・


シュプレヒコール!!! うぅぅ・・・・もちろん痛い言葉もありました! 

「だって、裏切ったんだよ?!」(未来)
「裏切ったんじゃない。自分に負けただけだ。
 何度負けたっていいんだ。最後に一度勝てば。」(山崎)

「俺達は正しく戦って、正しく負けないとダメなんだ。そしたらきっと勝つ。」(山崎)




シュプレヒコール!!! 
1969年に生まれた私が、この舞台に出会えた2009年は
私にとって革命的な年となることでしょう・・・

ごあいさつ
[PR]
by ungalmatsu | 2009-06-28 10:30 | Liveあれこれ | Comments(0)
注:ネタバレあります。

行って参りました~♪
森山直太朗コンサートツアー2009
『どこまで細部になれるだろう』@玉島文化センター


いや~良かった。良かった。ホントに良かった。
これで“3たろう”制覇となる、初・直太朗。良かったよ~。


『BACK TO THE FUTURE』のテーマソングに乗ったナレーションで始まったオープニング。
金髪の外人「スーパー直太朗」とのコント仕立てのステージも楽しかった~(^^)
1人でしゃべっててもおかしいんだけど・・・
「オープニングの時、自然に手拍子が始まって、何となくフェードアウトしちゃってたけど
あれ、何だったんですか? 何でもないか・・・あはは」 みたいな(笑)
弾き語りのコーナーでは、屋根の上で弾き語りをするのが夢だったとかで
(ここでも「そう言うと人は笑うんです・・・あはは」って。)
ステージに(チープな)屋根のセットが登場。
しかも、屋根には腰掛けた腰から下の部分がくっついていて、
直太朗が屋根の向こうのイスに座ると、屋根に座っているように見えるという仕掛け(笑)
小道具としてテレビのアンテナと、猫。後ろには三日月・・・

でもこのコーナーで歌った『声』、良かったなぁ。
いや、既に『君は五番目の季節』でヤバくて、『生きとし生けるものへ』で涙。
『花』はやってくれると思わなかったので、もうそこでボロボロ(^^; これは沁みた・・・
『Q.O.L』では、自分の人生の質は他の誰にも決めさせないわとQOLタオルを振り回し
『今が人生』大合唱。
『生きてることが辛いなら』わかっちゃいたけど、生で聴くとさらにすごい説得力だった・・・
そう、生きていれば光も影もあるんだから、楽しい時には人生を謳歌し
辛い時には泣いたっていい。それが人生。今が人生。いつかくたばるその日まで。



♪セットリスト♪

故郷
君は五番目の季節
生きとし生ける物へ
明けない夜がないってことを明けない夜に考えていた

夏の終わり

~屋根の上で弾き語りコーナー~
ブラックバード

君とパスタの日々

高校3年生
愛し君へ

太陽
風曜日
Q.O.L
今が人生
生きてることが辛いなら

【EC】
グングルパーニャ(新曲)
さくら



この人の歌をかみしめると、「生きてやる」って思えてくる。
生で聴くとなおさら、「次に会える日まで、何としても生き延びてやる」って気になるよ。

森山直太朗、良かった~♪ 
しつこいようだけど、本当に良かった。


もっと詳しいkenmamaさんのライブレポは → こちら  (ありがとう♪)
[PR]
by ungalmatsu | 2009-06-20 01:14 | Liveあれこれ | Comments(5)
b0082834_2338099.jpg

怒涛のライブも、5月はこれで打ち止め!
の予定・・・うっかり京都に行く気にならなければ(笑)

シティボーイズミックスpresents
  「そこで黄金のキッス」 
     @倉敷市芸文館


何年ぶりのシティボーイズだろう?
大阪まで観に行ったのは
「愚者の代弁者、うっかり東へ」だったっけ?
「丈夫な足場」だったっけ?
毎年WOWOWで放映されるのは観てたけど・・・

今年は東京、名古屋、大阪、と なぜか倉敷公演があり、倉敷の今日が楽日。
誰が呼んでくれたか知らないけれど、まさか地元でシティボーイズが観られるなんて
思ってもみませんでした。感謝! 

シティボーイズ=大竹まこと・きたろう・斉木しげる。今回ゲストに中村有志と若手3人。
どこまでが演技で、どこからが素なのかわからないきたろうさんと
全くもって常識の範囲を超えたところにいる斉木さん、
2人とは別のボケ方をする中村さんの中に、大竹さんの絶妙な毒が効いてて
もう、腹の底からゲラゲラ笑わせてもらいました041.gif
やる気があるんだかないんだか?でもこだわりはある・・・ものすごく、ある・・・
この世界観、たまらんな~038.gif 大好き053.gif

えらい昔(若い(笑))の画像を見つけました ↓ ↓


生の舞台を観た時のお楽しみは、最後の舞台挨拶。これもまるでコント(笑)

大竹 「この人(きたろう)、昨日サザエを喉につまらせて死にそうになったんですよ。」
き   「中村有志が背中どんっとたたいてくれてね。出てきました。命の恩人です。」
大竹 「昨日死んでたら、今日のこの公演、なかったんですからね!」
き   「口で息できなくなったら鼻で息すりゃいいと思ったら、できないんですね。」
斉木 「中村有志に、“後ろからどんっとやれ”って言ったの、私です。」
大竹 「だったらあなた!どうして自分でしないんですか?!」


1979年に結成して、今年で30年!
アンケートに「スピード感がない」と書かれて、「ふざけんじゃないよ、もう還暦なんだよ!」と
怒る大竹さんですが、シティボーイズ、まだまだ健在です!
ある日突然共産主義になった会社、オヤジ投げ、夜中に思いついたことノート、
あぁ、おもしろかった・・・斉木さんは「今日はやりたかったこと全部やった」って言ってたけど
覚せい剤中毒の総理大臣ってネタは放送コードOK???
今回の公演パンフレットは、いろんな人の「キッス」にまつわるエッセイ、小説が入って
文庫本サイズ。1800円もしたけど買っちゃいました(^^;
“全部読むと気持ち悪くなるかも知れません”って、買ってからそんなこと言われても?!
ちなみに、リノリウムが金色だったり、ステージの枠が巨大な唇の形だったりはしたけど
コントに「キッス」は全く出てきませんでしたね(笑)  
[PR]
by ungalmatsu | 2009-05-20 23:52 | Liveあれこれ | Comments(2)
5月は怒涛のライブ月間! 3発目、行って参りました~♪
 
ゴスペラーズ坂ツアー2009
     “15周年漂流記 春夏”@岡山市民会館


b0082834_11512775.jpg
b0082834_11533329.jpg


ケータイでは暗くて写らなかった
ツアートラックと、
思わず(笑)買っちゃったPON Curryキーマ(k-hamさん、おススメ)037.gif

情熱大陸でのゴスペラッツを別にすれば、初の生ゴスペラーズ♪
楽しかった~~~~~041.gif
「ゴスのライブはレポできない」と言われる理由がよぉ~くわかりました!
あのMCは、そりゃ再現できません(^^;
歌でも、それ以外(!)でも5人の個性がそれぞれ光ってて、思いっきり笑わせてくれて
ダンスも楽しくて、それでいて5人の紡ぎだすハーモニーの美しいこと!!!
当たり前なんだけど、CDと全然違~~~~~う!!!!!

困った、また行きたくなったじゃない・・・・・・・・・困った、困った、どうしてくれよう・・・・・・
きっとk-hamさんもteruさんも責任取ってくれないでしょうね(苦笑)


「インフルエンザと
    ニンニクギョウザは似ている!」

「つっ込まないと最後までボケきっちゃうよ~ん」
意味不明のお笑いセンスを持つ酒井さん。う~~~ん、謎だ(笑) 
あのテンションは何なんだ?!

「濃密な、エロい夜に・・・」
北山さん、今までどうだったか知らないけれど、こういうキャラでインプットされましたから(^^;

辞書のエッチな言葉にラインを引いてた男子代表、村上さん。
こんな話題で1人ではしゃいで走り回っちゃうところが、カワイイ!

一番キャラがつかみにくかったのは安岡さん。
でも「ギターと傘のハーフ」にはウケました~(笑)

そして・・・・あまりにも健気でハリウッドから映画化のオファーが来た?・・・・黒沢さん!
あなたの鉄琴を叩く姿に感動した1人です(^^;  うん、あれは胸を打つ光景でした!
すっかり心を奪われてしまったわ(笑)

思いっきり笑った後に聴く歌声はとっても気持ちよかったし
『1,2,3for5』も見よう見まねで踊ったし
みんなで"Longest Time"をハモったのも気持ちよかったし(最近ビリー・ジョエルづいてるなぁ)
それで「僕らの音楽を見つけてくれてありがとう」なんて言われたら
初ゴスの私でもグッときちゃいました♪
『愛は探し出すのさ』『My Gift To You』なんて反則だよね。
10日前に聴いたのとはまた違う、ゴスの『My Gift To You』
改めて歌詞をかみしめながら聴いてました。
健ちゃん、本当にいい歌を作ってくれてありがとう♪ これ、健ちゃんとゴスの共演で聴きたい!
その可能性があるのは・・・・・8月の富良野? 
コータローさんも出るこのイベント、ホントに行けるものなら行きたいよ~!!

3時間にも及ぶライブが、あっという間でした♪
とりあえず次は、15周年漂流記 秋冬に期待します006.gif

More
[PR]
by ungalmatsu | 2009-05-20 17:09 | Liveあれこれ | Comments(7)
行ってきました~♪
木原健太郎 with ベリーメリーオーケストラ
アルバムリリース記念ライブ in 倉敷 “地元岡山!橋爪亮督スペシャル”
   @倉敷クッキージャー


Piano&Vocal 木原健太郎
Trombone   池田雅明
Alto Sax    宮崎隆睦
Tenor Sax  橋爪亮督
Trumpet    田中充
Bass      嶌田憲二
Drums     末藤健二

30人も入ればいっぱいのハコ、
アップライトピアノ、ドラムセットとウッドベース、それにホーンセクション4人のイスと
譜面台を置いたら、メンバーもほとんど身動きできないほどのステージ、
鼻の先50cmでSaxが鳴り、トロンボーンにどつかれそうな(笑)近くで見たステージは・・・・


もう、めっちゃ楽しかった!!!!!!!!!!!!!!!!!


開演1時間ちょっと前に会場に着いたら、ちょうどリハを終えた健ちゃんたちが出てきたので
思わず、「こんにちは」って挨拶してしまいました(^^;
そしたら健ちゃん、「今日ライブやるから見てってね~」って、手を振って車へ・・・
いや、私はそのために来ましたから!
(開演までの1時間ほど、メンバーは倉敷美観地区散策に行ってたらしいです。)


木原健太郎withベリーメリーオーケストラをご存知ない方のために・・・
結成記念ライブの模様です ↓ ↓


ライブは、もう1曲目からエンジン全開でスタート♪
ブラスバンドの迫力にのっけからやられっぱなし!

メンバー紹介では、健ちゃんが出したお題に対して、7人が選んだ曲を
メドレーで演奏するという、おもしろ企画。
今まで「最初に買ったレコード」とか「1980年にヒットした曲」(←聴きたかった!)などがあり
今日のお題は「旅」。
ジェットストリーム(ナレーション付(笑))に始まり、宇宙のファンタジー、寺尾聡の“出航”、
いい日旅立ち、浪漫飛行、涙そうそう、そして極めつけはJOURNEYのSeparate Ways・・・
旅ってそりゃバンド名やんけ~(笑)   7人7色で大変おもしろうございました。

今回のツアーに、なぜ倉敷が入ったかというと、テナーサックス橋爪亮督(りょうすけ)さんの
出身地だから、ってことで、“ご当地コーナー”なるものもありました。
「橋爪亮督 on STAGE!」と健ちゃんからプレッシャーかけられまくりの橋爪さん(^^;
橋爪さんの曲から、まずはバンド全員で “Last Moon Neary Full”
「ここに来る前に、今日の月見た人~」って聞いたら、ほとんど全員が手を上げてた・・・
そう、ライブが始まる前には、まん丸にはちょっとだけ足りない、でもくっきりきれいな月が
空を上り始めていたのでした。
2曲目は健ちゃんと2人。
「こんな曲作るなんて、なんて心のきれいな奴なんだ。」
「普通、ジャズやってる人はこんなタイトルつけないよ。」
な~んて健ちゃんに褒められまくりの曲は、“五月の空にはこんな歌”。
「天気がいいだけで幸せになっちゃう」という橋爪さん・・・・・・
神戸チキンジョージのライブに行ったかおりんもファンになったというくらい
イケメンでした(^^;  もっと若いかと思ったけど1つ下かぁ(笑)

ハコが小さいせいか、メンバーのヴォルテージがどんどん上がっていって
それぞれのソロの熱いこと!熱いこと!
他のメンバーが顔を見合わせて「こいつ、どうしちゃったの??」って顔するくらい!
ライブ後半になるにつれてその回数も増えていき
健ちゃん自らも「なんだかすごいソロになってしまいました」って言ったくらい!
そのあとも「みんなどうしちゃったんだろう」って繰り返し言ってました。

そして、アンコールでやっぱりやってくれました♪
”My Gift To You”
出てきたのが健ちゃんとドラム、ベースだけだったので、
ここは1人でしっとり歌うのかと思いきや・・・

ホーンセクション4人が「ベリーメリーコーラス隊」として登場!
今まで全員、白シャツにジーンズだったのが、この時だけジャケット羽織って出てきて
成りきりゴスペラーズ(^^)
コーラスもがんばってましたよ~。いや~素晴しかった!
10日後にホンモノと比べてみます(笑)

ホンモノと健ちゃんとのコラボは こちら ↓


しっかし、楽しいライブでした!
Jazzとはいってもお堅いところなんて微塵もない、めっちゃ楽しい(Very Merry)ポップなジャズ♪
私もこんなライブは初めてだったなぁ。
「来てくれた人が元気になって、明日からまたがんばろうって気になるライブをしたい」って
言ってたけど、まさにそんな感じ。
これこそ、厚生労働省認可特定保健用ライブでしょ!

終わった後はメンバー全員が出口でお見送り。
アルバムにサインもしてもらって、全員とお話して、握手もしてもらいました(^^)v
健ちゃんは「早くから来てくれてありがとう」って(^^)
「3年前、コータローさんと共演した“ナニワ音楽ショウタイム”行ったんですよ」って言ったら
うれしそうに驚いてました。また来てね~♪
倉敷がどんなに熱かったかは、健ちゃんのブログ  → きはけんのココロは空色
べりメリオフィシャルブログもあったり  → こちら

歌あり、インストあり、懐かしくてあたたかくて、カッコいい!そして何より楽しい!!
木原健太郎withベリーメリーオーケストラ、最高っす。
今後また、このメンバーでのツアーはあり得るのかしら??
チャンスがあれば行っておかなきゃ損ですぜ!!!

b0082834_22335359.jpg
♪セットリスト
1. New Soul Song
2. holiday
3. Moonlight Serenade
4. Nite Sky ~寄り添うふたつの星~
5. 想い
6. メンバー紹介
7. Shiny Mornig
8. Last Moon Neary Full
9. 五月の空にはこんな歌
10. We are in Love
11. 愛を描いて~LET'S KISS THE SUN~
12. 空へ
13. Take a chance!

(EC)
14. My Gift To You
15. 月光価千金
 

8時に始まったライブが、15分の休憩をはさんで終わったのが10時半・・・あっという間・・・
ライブハウスを出たら、ほぼまん丸の月が高いところで笑ってました001.gif
[PR]
by ungalmatsu | 2009-05-09 22:58 | Liveあれこれ | Comments(4)

UNICORN@岡山市民会館

b0082834_2313455.jpg
行って参りました♪
ユニコーンツアー2009 
蘇える勤労
   @岡山市民会館!


チケットはSOLD OUT!
客席を埋め尽くしているのは
間違いなく、ほぼ同年代(笑)




b0082834_23181172.jpg
これからツアーに参加される方、
会場内、携帯で撮影OKですよ!
ま、始まっちまえば
そんな余裕ないですが・・・

いやいや盛り上がるのなんのって

開演前の諸注意アナウンスが
流れただけで
   うぉぉ~~~~~~~~

客電落ちた途端に、
総立ちになって
   キャ~~~~~~~~~



あんな曲やこんな曲も・・・・・というわけで、以下、セットリスト等ネタバレありです(注意!)

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2009-04-17 01:06 | Liveあれこれ | Comments(2)