『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

カテゴリ:Liveあれこれ( 56 )

ゴス@倉敷市民会館

続く時には続くもんです。

行って参りました~♪

12/11(日)
ゴスペラーズ坂ツアー2011~2012“ハモリズム”
           @倉敷市民会館


k-hamさんに誘ってもらって2度目のゴス♪
話には聞いて行ったけど、本当に歌いまくり、ハモりまくりの3時間!
ハモりの伝道師、ゴスペラーズの魅力を存分に楽しませていただきました!!


決してぶれない村上さん。
一番存在感のある北山さん。
やっぱり華のある黒沢さん。
甘いようでいて実は一番スパイシーな存在なんじゃないかと思う安岡さん。
伸びやかな声が心地よく、かつめちゃくちゃセクスィーな酒井さん。

全く違う5人の声・・・
もう今ではCDでハモってる声が誰なのかもわかるくらいになりました(^^)

でもやっぱり私は
『WE GOT SOLU POWER』のコール&レスの時の 
   「オ・ト・コのSOUL! オ・ン・ナのSOUL!」 変なテンションはもちろん
「“お歳暮“と言う時、“お中元”と間違えそうでドキドキする」
酒井さんの声が一番好きだな~♪

『Love Vertigo』 『冬響』 そして『見つめられない』なんても~たまらんかった053.gif

アカペラでもたくさん歌ってくれたし
(北山さんってアカペラで歌う時、音叉でしょっちゅう音取ってるのね)
ダンスもたくさん見せてくれたし
(それがミョーに微笑ましいったら(笑))
なりきりゴスペラーズでハモるのは気持ち良かったし
( ♪ ともに ともに you can lean on me ♪ )
MCでは思いっきり笑わせてくれたし・・・


最後の挨拶の時、倉敷はレスポンスがすごく良かったって口々に言ってくれました(^^)
 
北山さん 「今日はもう歌ってて気持ち良過ぎて、本編最後の『Dreamin'』の時なんか、
       歌ってない時も “フゥッ“  (コホ) とか、“イェイ”とか叫びまくってて
       今日が今までで一番その回数が多かったと思います。」
 
           「“フゥッ”のあと、むせてんじゃねぇよ」 容赦ない村上さんのツッコミ(笑)

黒沢さん 「いつも100%でいられるわけではなくて、正直、“今日は歌いたくないな~”って日も
        あるんだけど、今日のみんなのレスポンスは最高で、これを胸に留めて
        この気持ちを忘れないでがんばります。」

              これには村上さん 「黒沢、それ正直すぎ(笑)」 
               
      
で、酒井さんの挨拶が「年の瀬に“お歳暮”のつもりで皆さんにお届けしました」だったってわけです。


アンコール最後、バンドのメンバーも下手にはけ、5人で音合わせをしている最中に
村上さんが突然ハイテンションの「フゥッ」

酒井さん「ここでそれはおかしいだろうよ」すかさずツッコミ

村上さん「だってアキレス腱伸ばしたりしてるから

そう、北山さん、何故か音合わせをしながらアキレス腱ストレッチしてました。
これからそれが必要な歌が始まるんでしょうか?!








『星屑の街』       全然違うやん!!!!!




でも大好きな歌だったので、最後じ~~~んと来ちゃいました。
歌詞の “大丈夫” ってとこがもう・・・
その前の『街角- on the orner-』も良かったなぁ。

5人のハモりは本当に素晴らしかった。
人の声ってすごいね。素敵だね♪




b0082834_0255612.jpg
お約束で、ポンカリーの新作、買っときました(^^)v
そういえばカレーネタがないくらい
MC少なかったんだ~

k-hamさん、無事に一緒に讃歌できてホントに良かったよ。
ありがと~(^^)

セットリスト
[PR]
by ungalmatsu | 2011-12-12 22:19 | Liveあれこれ | Comments(4)

フラプラ@MO:GLA

行って参りました♪

12/9(金)
Fried Pride@岡山MO:GLA

会場までの待ち時間で凍るかと思ったけど
ライブは熱い熱い!
結構見逃してるので、フラプラワンマンもMO:GLAも超久しぶり。
そしてよこちゃんのギターをマジマジ間近で見れたのは初めて。
『スマイル』で女はSHIHOちゃんにハートをぐっと捉まれ
『リベルタンゴ』で男はリーダーにさらに惚れ込み・・・あれ、なんか違う???

いや、それがフラプラです(笑)
そんな楽しいライブでした♪

SHIOHOちゃんより「動画以外なんでもOK」が出たので、ちょっとだけ画像尽きです。
b0082834_22511167.jpg


More
[PR]
by ungalmatsu | 2011-12-12 00:23 | Liveあれこれ | Comments(10)

深呼吸する惑星

怒涛の週末・・・まずは土曜日。

11/26(土)
はるばる東京まで行って参りました~♪

第三舞台 封印解除&解散公演
 「深呼吸する惑星」
   @紀伊国屋ホール


b0082834_21185575.jpg


作・演出  鴻上尚史
 
出演 筧利夫
    長野里美
    小須田康人
    山下裕子
    筒井真理子
    高橋一生
    大高洋夫
































初日の初回公演。
芝居の内容についてや、当日会場であったことについては
インターネット上に書くわけにはいかないのです。
「今日あったことは、なかったことだから!」
鴻上さんとの約束なのです。

しかし筧ちゃんは、久しぶりに舞台でみたけど、やっぱり舞台映えする顔でした(笑)
何度見てもたまらんキャラクターです。
公演パンフレットの中に鴻上さん×筧ちゃん×高橋さんの座談会があって
筧ちゃんが言ってました。
「僕の役でいうと主旋律のまっすぐなところともうひとつ極端なはじけた部分がでてくる。
 流れと関係ないのが平気で入ってきて、それでいて役だけの純粋なストーリーも持ってなきゃいけないから
 難しいですよね。新劇とコントが合体しているようなところがあるんです。表面的には笑いをやって
 いるんだけど、心理的には繋がっている。」
第三舞台を言い得てる・・・そしてその最もたる存在が筧ちゃんだと思うんだよね~。
こんな筧ちゃんは他では見れません。



不思議な空間でした。
たぶん、観に来ている人達は、(私たちを含め)変わっていない。
でも確実に時は10年経っている。
そして、私たちは今を生きて、今を見ている・・・

第三舞台が封印されていた10年間、私にもいろんなことがありました。
その前の10年、そのまた前の10年に比べたら、人生の経験のほとんどがこの10年の間に
起こったような気がするくらいハードでした。
なんちゅうか、状況の変わり方がすごかった。
その度に傷ついてもがいて悩んで、でも時には楽しんで・・・
そうして、鴻上さんと同じように、なんとか生きてきました。   


それなのに、舞台を見ていても全くタイムラグを感じないってのはすごいことだと思うのです。
もっと身近に感じたことで言えば、一緒に観に行ったのりぽんとは、それこそ芝居を観に行かなくなって
10年近くほとんど会ってなかったというのに、いきなりぽーんと東京に一緒に行けちゃう。
でもそこで始まる会話は 「それで 」 。
まず会ってなかった間の状況報告なんて面倒なことは必要ないわけです。

まさに、そんな舞台と客席でした。


今回の芝居は、SFです。 そして、今、です。

2時間の間、ぷぷぷっと吹き出したり、手を叩いて笑い転げたり
あまりの懐かしさにどよめいたり、うぐぐ・・・と言葉に突きさされたり、最後はやっぱりグッときたり、
もう「第三舞台」としてこのメンバーを観ることがないと思うと、もっと寂しい気持ちになるかと思ったけど
帰りに出口でニコニコして立ってる鴻上さんを見たら、
今まで、「あ、今日もいるいる」って確認して眺めてるだけのモノだった人に
思わず笑って 「ありがとうございましたっ」 と
握手まで求めてしまいました。 快く握手していただきました(^^)


何に対する「ありがとう」か、と聞かれたら
きちんと封印解除して、解散する公演を見届けることができたことに対する感謝、かな・・・





b0082834_22453734.jpg
アンケートには、こう書いて帰りました。

10年間待ってて良かった。
10年間生きてて良かった。
今日の第三舞台を見に来れて良かった。
最高の今日になりました。
第三舞台に出会えて本当に良かった。
ありがとう。

「ごあいさつ」送れ!

[PR]
by ungalmatsu | 2011-11-28 22:53 | Liveあれこれ | Comments(0)

奇跡♪

土曜日のFried Prideもさぞかし盛り上がっただろうな、と想いを馳せつつ
(もう1週間近く前のことになりますが) 行って参りました~♪

10月10日(月・祝)
Orquesta De La Luz
 @下石井公園特設ステージ


岡山国際音楽祭2011 下石井3DAYS ワールドミュージックフェスタのグランドフィナーレ。
スペシャルゲストは去年に引き続き、デラルス!
去年の盛り上がりでよっぽど岡山を気に入ってくれたのかなぁ♪
まさか2年連続で来てくれるなんて!!
本当に色んな事があったのに、1年たって同じ場所で同じ人たちに会えるなんて、ホント奇跡・・・
私自身、今年も行けたことが正に奇跡・・・めっちゃウレシイ(≧▽≦)

JINさんのブログによると、去年の3倍の人出だったそうで
岡山のサルサ化は着実に進んでいるようです(^^)
私のiPodに入っているデラルスの曲も、この1年で10倍近く増えて、確実にサルサ化されてます♪

『EL RON VIEJO』から始まったステージは、
NORAさんが 「どこか中南米の街で演ってるみたい」というくらい、最初からすごい盛り上がりでした!

もうすぐ50(!)のNORA節も炸裂(笑)
「女の魅力は50からよ~
 そんなに見えない?
 でも見えないところがいろんな事になってるのよ~
 今だけでも騙せてうれしいわ~
 女の魅力は50から! 
 そして人生は60からが本番よ~
 60まではリハーサルっ」


NORAさん、ステキ~053.gif
この人はいくつになっても真っ赤なバラのドレスが似合いそう・・・
セットリストは半分くらいぶっとんじゃいましたが、『真夏に咲いた花』 『AMAME』と踊れる曲ばかりで
最初こそ座って見ていたものの、途中から前に駆け寄って踊ってしまいました♪
『DERECHA O IZQUIERDA』の振り付け、去年もやりましたね~♪
70分のステージのラストはこの曲!

『SALSA NO TIENE FRONTERA (サルサに国境はない)』



とにかく本当にここは岡山?ってくらいの盛り上がり!
NORAさんが言っていた・・・

「今日から新しい1年のカレンダーが始まるみたいな?
 そしたら来年まで1年がんばれるような気がしない?」
 
するする! 来年また会える奇跡を信じてがんばるよ~♪
Gracias!
あRRRRRRRRRIがとう~!  (NORAさんの超巻き舌は真似できないけど(笑))
デラルス最高~!!
最高に気持ちのいい秋の夜でした♪

NORAさんのブログにも003.gif003.gif003.gif  →   こちら
[PR]
by ungalmatsu | 2011-10-15 13:19 | Liveあれこれ | Comments(4)

たろうな週末【後編】

続いて10/2 日曜日。

行って参りました~♪

b0082834_23435364.jpg
コンサートツアー2011
 ザ・ベスト・オブ葉加瀬太郎
  @倉敷市民会館



弱りかけていた細胞が蘇って
カラダがだんだん元気になって来るのがわかる・・・
そんなコンサートでしたよ!



注:続きにはコーナー等のネタバレがあります。

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2011-10-03 00:49 | Liveあれこれ | Comments(4)

たろうな週末【前編】

まずは10/1 土曜日。

行って参りました♪

b0082834_13424291.jpg
森山直太朗コンサートツアー2011
「乗り遅れた電車を見送るペンギンよ」
 @サンポートホール高松・大ホール




良かった!
あらゆる意味で直太朗ワールド満喫♪

この人の口調とか挙動とか
言葉にするとどんだけ変(!)か伝わらないのが残念(^^;

でも何でしょうね?
挙動がかなり不審なもんだから、発言のおかしさが緩和されるという効果もあるのか
その上で、あの声で歌うからあんなに説得力があるのか・・・

アルバムひっさげて、ではないツアーならではのセットリストも
頭、お腹、お尻とツボに入りまくりで、終わってスッキリ気分爽快♪

注:続きにはセットリストのネタバレがあります。

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2011-10-02 23:42 | Liveあれこれ | Comments(5)

岡フィル&小曽根真

行って参りました♪


b0082834_20194878.jpg
岡山フィルハーモニック管弦楽団 第38回定期演奏会
~Exciting Gershwin~
 Piano 小曽根真 @岡山シンフォニーホール


小曽根さんってことで飛びついて、初・岡フィル♪

しかもシンフォニーホールでクラシックを聴くのは
実は初めて。
当たり前なんだけど、今までで一番しっくりくる音響でした。
ホント当たり前なんだろうけど、やっぱり、ね!
ちょっと感動的でしたよ。
そして、うれしいのは、B席が2,000円という低価格なこと。
3階の真ん中あたりだったけど、こういうのだったら全然問題なしです。
あ、そういや今度直太朗は3階だったっけ・・・・・・

【第1部】
An American in Paris (パリのアメリカ人)     岡フィル
Rhapsody in Blue (ラプソディー・イン・ブルー) 岡フィル&小曽根真

【第2部】
Concerto in F (ピアノ協奏曲ヘ調)          岡フィル&小曽根真
  第1楽章 Allegro ヘ長調 2分の2拍子
  第2楽章 Adagio-Andante cin moto 変ニ長調 4分の4拍子
  第3楽章 Allegro agitato ヘ短調 4分の2拍子



クラシックは全然わからないし、ガーシュイン(1898-1937)という名前も知らなかったけど
「ラプソディー・イン・ブルー」は、聴いたことある!

小曽根さんが大阪フィルと共演しているYouTube見つけました →  3の1  3の2  3の3


音響も心地よくて、かなり長い間意識が飛んでましたが(スミマセン((苦笑))
ピアノ協奏曲第3楽章のフィナーレは、弾き終わった小曽根さんも思わずガッツポーズの激しさでした。
すごい迫力だった!!
ガーシュインの曲は、ジャズの要素もたくさん入っていて、当時はジャズとクラシックの
どちらに分類するか、意見が割れたそう・・・・
でも、小曽根さんは、やっぱり譜面通りには弾いてなかったらしく
「リハーサルと全然違いましたね・・・って誰のせいやね(笑)」と言われておりました(^^)

アンコールは、10月からBSプレミアムで始まる『世界遺産 時を刻む』という番組の音楽を担当するということで
その中から、人前で演奏するのは今日が初めてという

(仮題) もーちゃんのおひるね  (mou's nap)

クラリネットと弦楽器とピアノによる、優しい子守唄。
壮大なシンフォニーを聴いたばかりだったけど、こういう小曽根さんのピアノが聴きたいな~
と思ってしまいました。ゼイタクすぎ?!
一週間前とは両極端の、ちょっと異色なゲージツを楽しんだ秋の午後でした。

でも、でも、やっぱり今度はぜひ、JAZZたっぷりのライブに行きた~~~い♪



あぁ、そして小曽根さんの動画を探していたら、これはもしや!!!!



久々に熱が・・・・・・・・・・・・・・・・・バタッ
[PR]
by ungalmatsu | 2011-09-23 21:13 | Liveあれこれ | Comments(6)
行って参りました~♪
 
→Pia-no-jaC←
『EAT A JAPAN TOUR 2011』
 @岡山クレイジーママキングダム


b0082834_2251045.jpg

開演前に勢いで買ってしまったタオルと
買わされてしまった(笑)シャカシャカ大作戦袋
(5枚入り300円)

買っといてよかった~~~(^^)


→Pia-no-jaC←(ピアノジャック)

左から読むとピアノ、
右から読むとカホン、
その名の通り、インストユニットだけど・・・・・


見事にインストの概念をものすごい勢いで打ち破ってくれました!

いやいやいやいや、インスト好きなんで今までわりと色んなインストのライブにも行ってきて
歌はなくとも魅せる・聴かせるステージもいっぱい見せてもらってきたけれど
ここまで聴かせてくれないインストは今までなかった!!

そうなんです、彼らは座ってなんか聴かせてくれない・・・
ただ聴いてるだけなんて許してくれない・・・

すべて曲に強制参加(笑)

もうめっちゃ楽しい3時間(!!!)でした~♪

どこぞのギターもかなり酷使されてるけど
HAYATOのピアノはどこよりも酷使されてる電子ピアノだし
HIROのカホンもどこよりも酷使されてるカホンに違いない(^^;
あ、雄叫び担当のHIROの喉もか?!
HAYATOはピアニストとして、すごいテクニックを持っているのだろうけど
まさに身体全体を使って弾く、その独自の奏法を前にすると
「うまい」を通り越して、もう 「すごい」 としか言いようがない。
ライブでこそ生きるアレンジも、残念ながらCDではその魅力の100分の1も伝わらないな~。
HIROのあの異常なハイテンションも、ライブだと楽しくて楽しくて
暑苦しさに耐えられないかも、なんて心配は、杞憂に終わりました(笑)

客の入りは少ないなぁと思っていたけど、始まってみればみんな叫ぶ叫ぶ!
若い女の子率高いような気がしたけど、男が元気元気(^^)
一応指定席だったのに、最初の方から立たされてイスも意味なし。



そして「シャカシャカ大作戦」とは???


シャカシャカ袋とは、CDや本を買った時に入れてくれるようなただの袋。触るとシャカシャカ音がするやつ。
客席半分のHIROチームは、袋をひたすら手でシャカシャカ鳴らす。持ってない人は口で“シャカシャカ”。
もう半分のHAYATOチームは、袋を膨らませてポンポン叩く。持ってない人は口で“ポンポンポンポン”。
ただし、叩き過ぎて袋が破れたら、強制的にHIROチーム。

「袋が破れた瞬間に、頭も(HIROみたいにボンって)なるで!いややろ?」 (HAYATO)



そうやって曲の間中、みんなで 
♪シャカシャカシャカシャカ ポンポンポンポンポンポン ♪

最後はみんな袋を膨らませて “パンッッ”


他にも1曲の間に、クラップはもちろん、タオル振り回すわ、拳突きあげるわ、
三々七拍子はさせられるわ、忙しいったら(笑)
それに、この2人が演奏中にどれだけ動くかって言ったら
常識の範囲を遥かに超えていて、とても言葉で説明できるものではなく
そんだけ動いてよくあれだけのことが出来るなってくらい
もうめちゃくちゃ動く、かつ、めちゃくちゃ客を煽る(笑)
そんなこんなで、気付いたら会場が一体になって、自分もめっちゃ笑顔になってた・・・
久しぶりに、あんなお腹の底から声出したなぁ。

セットリストは全然わからなかったけど、クラシックや、みんなが知ってる曲をアレンジしたものが
いっぱいあって楽しめたし
アンコール1曲目にやってくれた、次のアルバムに入る予定のオリジナル曲「PEACE」が
すごくステキで印象的でした。
うん、これ聴いたらみんなハッピーになれる・・・そんな曲。
HAYATOが笑うとかわいくてかわいくて(ひと回りも年下だから、かわいいって思っていいよね~)
最後の方はピアノより、顔ばっかり見てたような・・・

さすが関西出身だけあって漫才みたなMCや、楽器同士の掛け合いなんかは
とても言葉じゃ伝えられません(^^;
音楽で、元気と笑顔を届けてくれる→Pia-no-jaC←
奇しくも47都道府県をまわるツアーは始まったばかり。(岡山が5本目)
ツアー参加するたびにポイントがもらえるスタンプラリーもあるよ~(そんな行けるわけないけど?!)
ぜひ!ぜひ!ライブへ!!! ライブで見ないとあの良さはわかんない!

もうとにかく楽しくて、ヤなこと全部吹っ飛んじゃいました。
3時間走ったくらい体力使ったけど、走ったあとよりもっと気分爽快(^^)
今年の情熱大陸の一番のめっけもんでした。
太郎ちゃんにもありがとう!

また絶対ライブ行くで~~!!

オフィシャルサイトはこちら ⇒  →Pia-no-jaC←
[PR]
by ungalmatsu | 2011-09-17 23:10 | Liveあれこれ | Comments(2)

amanojaku

これは "amanogwa"





b0082834_1174840.jpg


やってしまいました、平日の遠征!
チケットが取れてしまうから行けないんだ~(苦笑)

というわけで、半休取って行って参りました♪


SING LIKE TALKING 
   Amusement Pocket Acoustic2011
    追加公演
     @神戸国際会館こくさいホール


2日後の東京を残し、地方公演のファイナル。
竹善さん曰く、一番打ち上げが盛り上がる日だそうで・・・


ワタクシ、わかったような気がいたします。
自分がこんなにSLTにハマるのは、そのひねくれ度が絶妙だからだと。

デビュー10周年の時だって、たまたまベストアルバムは出したけど
それをひっさげてのツアーはせず、20周年はまるで無視、
今回8年ぶりに活動再開したというのに先行シングルもこっそりいつの間にか発売し、
再来年はデビュー25周年になるけれど24周年の来年、何かを、
しかも客の3割くらいが失笑するようなことをやりたいという・・・
アマノジャクの王道(笑)
千章さんの歌詞だって漢字や言葉の選び方や改行の仕方に至るまで
一筋縄ではいかないし、世捨て人のような西村さんは言うに及ばず・・・

良いわぁ、こういうの大好き(^^;

まぁ、曲の完成度の高さやゆるぎない歌唱力があるからこそ、ですけどね!

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2011-07-13 23:59 | Liveあれこれ | Comments(0)

15年ぶり!

「さすが雨男の佐藤竹善です。本日、梅雨入りしました。」

5月26日(木)
行って参りました~♪
SING LIKE TALKING
   Amusement Pocket Acoustic2011
      @倉敷市芸文館


何とこの日、中国地方は平年より12日、昨年より18日早く梅雨入り!
言われずとも、忘れられない一日となりました(笑)

デビューして今年で23年、8年ぶりに活動再開したSLT。
岡山でのライブは15年ぶりとか!
私の記録によると、Amusement Pocket 1994の倉敷市民会館(6月)と
香川県県民ホール(8月)に参加、その後、Amusement Pocket 1995の岡山市民会館に
参加しているので、え??もしやそれ以来ですか?!?!

今回のツアーは、“アコースティック”ということで、3人+サポートは2人のみ。
キーボード、ハーモニカ、ドラム、ベース・・・と何でもやっちゃう西脇辰弥さんと
パーカッションの丹菊正和さん。
フルバンドのSLTとは全く違う形だったので(竹善さん曰く“仮の姿”)
諸々の事情により、5月18日発売のニューアルバム『Empowerment』を手に入れられず
ラジオで聴いた以外、ほとんど白紙状態でライブに参加してきましたが
それがかえって良かったかも・・・と、今、アルバムを通して聴きながら思っております。

フルバンドのSLTはFUNKYでそりゃもうカッコいいですが、
それはまた年末?だか年明け?に会えそうなので、また楽しみに取っておくとして
「だらけた感じ(笑)」の今回も、MCで笑い、歌で圧倒され、のくり返し。
2時間半の間にあれだけのことがあった(しゃべった)とは信じられないくらい
満たされた時間でした。

どこが好きかと聞かれたら、好きな理由はいくつも挙げられるけれど
どうやっても寸分の狂いもなくストライクゾーンのど真ん中に入って来るあの声は
ただもう「好き」と言うしかない・・・
ソロでも、誰かとのセッションでも、それは変わらないのだけれど
やっぱりSING LIKE TALKINGは竹善さんのホームグラウンドなのだなぁ♪
口は悪くても(笑)3人ホントに仲が良くて、それが演奏でも雰囲気でもすごく伝わってきて
最初の出会いがSLTだった私としては、SLTとして会えるのはやっぱり一番うれしいこと(^^)

以下、セットリスト等のネタバレがありますのでご注意くださいね。

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-28 23:39 | Liveあれこれ | Comments(14)