『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

カテゴリ:Liveあれこれ( 56 )

って、もう二週間も前の話?!
それこそわやじゃな・・・

行って参りました♪
6月23日(日)

ナオト・インティライミ LIVE キャラバン 2013
Nice catch the moment!@広島上野学園ホール 2days 2日目


b0082834_23221265.jpg


念願のナオト単独ライブ♪
楽しくて楽しくて楽しくて、
終わってからも何度も「楽しかったね~」って言っちゃうようなライブでした♪♪♪

注:続きにはセットリスト等のネタバレがあります。
[PR]
by ungalmatsu | 2013-07-07 23:22 | Liveあれこれ | Comments(2)

ゴス@岡山市民会館

行って参りました~♪
今年初のライブ!

2月3日(日)
ゴスペラーズ 坂ツアー2012~2013
       “ FOR FIVE”@岡山市民会館


b0082834_19282058.jpg


b0082834_19285134.jpg

久々に満杯の岡山市民会館を見たような気がします。
温度高かったな~
ってか声高かったな~
5人がステージに現れた時「キャ~~~~!」みたいなライブ
普段あんまり経験してないもんで(^^;

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2013-02-06 22:36 | Liveあれこれ | Comments(0)

BEGIN@岡山市民会館

突然思い立って行って参りました~♪

11月25日
BEGIN トロピカルフーズツアー@岡山市民会館

コンサートのラジオCMで流れてた「国道508号線」、生で聴きたくなっちゃって・・・


去年はヒロTのBirthdayライブで見たけど
BEGINのワンマンって、うーんいったい何年ぶり?!
前に行ったのは、まだここが職場の時だったから8年ぶりくらい?

いんや~楽しかったさ~♪

他では味わえない、あのゆる~い感じ。
正に「我ったータイムは八重山タイム」的な・・・
なんでかなーって思ったら、ひとつには子供OKってとこなんだな。
たいていのライブは、“4歳以下は入場不可”とかだから。
そして子供の声をいちいち拾っちゃう栄昇さん、優さん、等さん。
たぶんね~、あの子は「こどもしゅのうかいだん」って言ったんだと思うんだけど
「ぞうさん」の歌を歌っちゃったりもするけど
しかも歌詞が ♪ ぞうさん ぞうさん おはながながいのね そうよ かあさんは ながくない ♪
だったりするけど(笑)

イカ天リアルタイム世代としては、やはり「恋しくて」等のブルースタイムもツボ(^^)
ビールジョッキを振り上げて盛り上がる1階席を、2階席から見下ろしていると
(もちろん2階席も2階席なりに盛り上がってましたけど!)
なんか、見てるだけでほーんと楽しくて、ほーんとうれしくてさ~。


いろいろあるけど、
BEGINのコンサートはずっと変わらないから
いつでも安心して戻っておいでー、ってコトバにほっとしちゃって
何だか無性に沖縄行きたくなりました。

ってことで、コンサート後は「なごみ」ならぬ、《ちゅらsun》に直行!

もずく酢
島らっきょうの天ぷら
紅いもコロッケ
b0082834_23483073.jpg


あぐーぎょうざ
ふーちゃんぷるー
b0082834_23484745.jpg


島どうふとうふ
焼きてびちー
b0082834_234971.jpg

〆はもちろんソーキそば。

味も雰囲気も大満足♪

あ、“外はカリっと中はフワ”の砂糖てんぷら食べてない~

うぅむ・・・・・ヤバいくらいの、沖縄行きたいモードに・・・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2012-11-27 23:54 | Liveあれこれ | Comments(2)

渡辺美里@ママキン

参加した日にちは前後しますが、こちらを先にアップしま~す。

行って参りました♪

7月16日(月・祝) 海の日
渡辺美里 ライブハウスツアー2012
“Serendipity ~人生はステージだ!!~
  @岡山CRAZYMAMA KINGDOM


美里さんのライブ、ということであれば
2008年のクリスマスにcoba+押尾コータロー+塩谷哲+渡辺美里、という
正に夢の共演がありましたが・・・・・

渡辺美里のバンドスタイルでのライブ、ということになれば
なんと、岡山市でのライブは1988年以来!!
岡山県内ということでも、倉敷の1989年以来!!
というから、オドロキでした。
それって、私まだ10代だった頃の話なんですけど?!

でも、私が高校生の頃、それこそレコードが擦り切れるくらい聴いていた美里さん。
その頃からスタジアムライブをやり続けていて、そんなでっかい会場のイメージが強いけれど
この日のママキンは、スタジアムに負けないくらいの熱気!熱気!
開場待ちで公園に並んでいたときは、「絶対この中に同級生とかおるよな」って感じの
正しく同世代ばかりで笑ってしまったけど、いや、侮れませんわ、40代のパワーp(^^)q
オールスタンディングもなんのその(←かどうかは、怪しいけど(笑))
私の予想を遥かに超えた盛り上がりを見せたライブでした♪
ホントにライブの人だね、美里さんも!

昔の曲は、当時のパワーのままに、
アンコールラストはこの日の熱さ(暑さ)を象徴するような『サマータイムブルース』
そして、実はほぼ同年代である、私の胸に、この日一番響いたのは『始まりの詩、あなたへ』。
こんな風に、歌を、言葉を大切に伝えてくれる美里さん、ステキでした。




始まりの詩、あなたへ
[PR]
by ungalmatsu | 2012-07-20 22:30 | Liveあれこれ | Comments(0)

森山直太朗10th@高松

ライブ連チャンです(^^)

5月4日
行って参りました♪
森山直太朗 10thアニバーサリーツアー『洪積世ボーイ』
 @サンポートホール高松・大ホール


b0082834_0573617.jpg


ツアータイトルがわけわかんないのは毎回ですが、とりあえず調べました。

【洪積世=更新世】
地質時代の区分の一。新生代第四紀の大部分で、170万年前から1万年前まで。
氷期と間氷期を繰り返した氷河時代で、人類の歴史では旧石器時代にあたる。


で? って感じですけど(笑)


直太朗、デビュー10周年を迎え挙動不審度&言動意味不明度が増してたような気がします。
それでも、歌声は本当に素晴らしい。
たとえあんな歌を歌っても、あの声は本当にすごい。
そして、あぁ、あれ、やりたかったのね(笑)


以下、セットリスト等ネタバレあります!

続きを読む・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2012-05-05 13:00 | Liveあれこれ | Comments(6)

→PJ← @ママキン

5月3日
行って参りました~♪

→Pia-no-jaC← First Light Tour 2012 
    @岡山クレイジーママキングダム



なぜかえらい若い整理番号が取れてしまったので、最前列でHAYATOの真ん前をGET。
(一番下の写真の、ちょうど隠れたところにいました →  PJオフィシャルブログ 
ライブハウスの一列目って近い!
どんだけ近いかって言うと、HAYATOの汗が飛んでくるくらい。
叫んだHIROの虫歯まで見えちゃうくらい(笑)
そんな席なのにツアーTシャツも着ず、振り回すためのツアータオルも持たずにスンマセンでしたm(_ _)m
でも、楽しかった~~~~~♪
HAYATOが何度もウィンクしてくれてうれしかった~~~~(≧▽≦)  (←勘違い含む)

ライブは2曲目からすでにスタンディング。
長くなりそうなMCの時には座らされるものの、またすぐ立っちゃうのでほぼ立ちっぱなし、腕上げっぱなし。
PJのライブは体力勝負です(^^;
セットリストはぶっ飛んじゃってるけど、今日は比較的無茶ぶり控えめだった(byマネージャー)という
2人の会話が・・・・

続きを読む・・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2012-05-04 10:34 | Liveあれこれ | Comments(2)

クラシックシアター

野外なら間違いなく公演中止になっていたであろう荒天の中
行って参りました~♪

葉加瀬太郎 クラシックシアターⅡ@岡山シンフォニーホール


よっ!さすが嵐を呼ぶ男!
と思いながら行ったものの、こういうコンサートの時にはMCネタにはしないらしい(笑)

いや~、そんなことも吹っ飛ぶほど、もう、びっくりするくらい音が良かったです!
太郎ちゃんもtwitterで、「音最高!」って言ってくれてたけど
素人の耳にもわかりましたもん。
シンフォニーホールって、こういう音楽のために作られたホールなのね(^^)

【セットリスト】

《第1部》
ヘンデル:ヴァイオリンソナタ第4番 ニ長調
 第1楽章 Aadagio
 第2楽章 Allegro
 第3楽章 Larghtetto
 第4楽章 Allegro

ブラームス:ヴァイオリンソナタ第2番 イ長調 作品100
 第1楽章 Allegro amabile
 第2楽章 Andante tranquillo-vivace
 第3楽章 Allegro grazioso (Quasi andante)

《第2部》
ひまわり   (葉加瀬太郎)
Dalce Vita   (葉加瀬太郎)
オープン・アームス   (スティーブ・ペリー/ジョナサン・ケイン)
冷静と情熱のあいだ   (葉加瀬太郎)
Jelousie   (ヤコブ・ガーデ)
Tritsch-Tratsch Polka   (ヨハン・シュトラウス2世)
ハンガリー舞曲 第5番   (ブラームス)

第1部は、ピアノのマチェックと2人、
第2部はそれに第1ヴァイオリン(コンキン!)、第2ヴァイオリン、ビオラ、コントラバス、
そしてチェロ(もちろん柏木さん!)が加わって、弦楽多重奏。

がっつりクラシック。
マイクもスピーカーもない、究極のアンプラグド。
本当のアコースティック。

もうね、本当に音が素晴らしかった。

おなじみの太郎ちゃんの曲は、いつものバンドで聴くヴァージョンとは
全然雰囲気が違ってそれもまた良かったし
Journeyの名曲「オープン・アームス」も、しっかりクラシックになってたし
太郎ちゃんの大好きなブラームスも、ちょっとひねくれた感じが私も割と好きかも(笑)
やっぱりアマノジャクなのかしらん(^^;

クラシックとは言え、遊びもしっかりあって
鳥のさえずり合戦、マリオがコインを取った時の音(これはモノマネの方が主だった(笑))に始まり
サーキット場で車が通り過ぎる音、田舎の国道(パラリラクラクション~パトカー~救急車)なんて
さすがでしたよ!
そして最後の「ハンガリー舞曲第5番」、全員が立ちあがって足をバンっと踏み鳴らすエンディングなんてもう・・・
カッコ良過ぎて涙が出ました♪

しかし、それだけではなかった・・・
なんとアンコール1曲目が「リベルタンゴ」!!!
今日といい、この前のフラプラの横ちゃんといい、これは私のための選曲ですか?!
座って興奮を抑えるのに必死だった姿を想像してくださいまし(笑)
アンコールのラストは、震災後に作ったという太郎ちゃんの新曲 「with one wish」
心にしみる曲でした♪

「ずっとツアーを回ってると、“今日は無難にまとめちゃったかな~”って日も正直あるけど
 今日はとってもいい感じに弾けたのではないかと思います。」

なんて言っちゃう太郎ちゃん。いつものノリノリ(古っ)な感じとは違うけど
見ていてわかるくらい気持ちよさそうに、楽しそうにヴァイオリンを弾いてました。
そして、こっちも本当にいい音を聴かせてもらったな~って心の底から思いました。
いい音楽はカラダのリズムを正しくしてくれる。
健康的にお腹が減って、何と言うか、白飯がっつり食べたくなる感じ?

「情熱大陸」をやらないコンサートは初めてだったけど、
またシンフォニーホールで太郎ちゃんのヴァイオリンを聴きた~い!
[PR]
by ungalmatsu | 2012-04-22 22:22 | Liveあれこれ | Comments(6)

キセキノカケラ

結局、当日券で行って参りました~♪

中孝介 コンサートツアー2011-2012
    “キセキノカケラ” @倉敷市芸文館



今回のツアーバンドは、チェロ&ギター、パーカッション、ピアノ、というシンプルな編成。
私はフルバンドより、こんな方が断然好きです(^^)
 
歌には、予想、というか覚悟していた通り、時折違和感を覚えたけれど・・・ 


遺書を書く時には
「ありがとう」から始めなさい
大事な人の名を
必ず後に続けなさい
そこにある名前の数だけ
君がつけた足跡

遺書を書く時には
「あいしている」と結びなさい
そして そこに書いた誰かに
読んでもらいなさい
ひとりじゃ気付けない
きっと間違いを教えてくれる

時には泣いてくれるかも
時には頬を叩くかも
けれど いたむ頬に残るその熱さが
生きている証拠

遺書を書き終えたら
飛行機にして風に飛ばそう
大事な人達を抱きしめながら
明日に飛ばそう
そこにある名前の数だけ
君よ 幸せであれ

毎日 沈み行く夕日
毎日 昇り来る朝日
変わりはないけれど
いつも側にあるのが
誰もが知っている
生きている証

孤独にならなけりゃ
僕らは強くなれないけれど
傷付けあわなけりゃ
自分を守れないならば
僕は争うより弱いままでもいいさと思う


どんな毎日が来ようとも
君よ 幸せであれ


     『遺書の書き方』 作詞・作曲 中村中


やっぱりいい歌を歌うんだもの・・・


変わってしまったものも、変わらないものもあって
忘れられない「押し弾き」のリラクエストも、厳島夜想
二度とない、その時々のキセキノカケラ。

だから、今日のキセキにありがとう♪ 

そんな気持ちになりました。

「この窓の向こう」の歌詞にあるように、
プライドや こだわりや 言い訳や 思い込みや 約束や 過ちや 思い出を脱ぎ捨てて
出逢えてよかったと思える・・・
迷ったけれど、行って良かったです(^^)

セットリスト
[PR]
by ungalmatsu | 2012-03-04 21:35 | Liveあれこれ | Comments(2)

岡山サルサ化

b0082834_23202872.jpg

行って参りました~♪やっと今年のライブ初め!



ORQUESTA・DE ・LA・LUZ 
   日本サルサ化計画2012
    @岡山デスペラード



デラルスが岡山でワンマンライブやってくれるなんて夢みたい・・・
(十何年ぶりか、らしいです)
スケジュールを見たとき、あまりにびっくりしてのけぞりましたもん・・・


NORAさん
「去年、一昨年とそっちの公園(と指差すも方角わからず) 
    あっち? どっち?」
      
       客もてんでバラバラの方向を指差すもんだから  

「そのへんの公園で」  
      
       JINさん、すかさず 「そのへんて(笑)」

とにかく、その公園(正確には下石井公園)でのイベントで、岡山のお客さんが熱かったのが
すごくうれしかったらしい(^^)
「イベントだとあっという間に終わっちゃうけど、今日はチケット代の元を取って帰ってね」
ってことで、盛りだくさんの内容。
ライブはオールスタンディングで、もう踊りまくり!歌いまくり!おまけにかぶりつき!!
むっちゃ楽しかった~~~~~~~~~~♪♪♪

続きを読む
[PR]
by ungalmatsu | 2012-02-23 23:59 | Liveあれこれ | Comments(0)

おしまいっ!

第三舞台 封印解除&解散公演 「深呼吸する惑星」
2012年1月15日、福岡にて大千秋楽。

最後の第三舞台を、ライブビューイングで見届けてきました!

全国のワーナーマイカルシネマズ30劇場で生中継された舞台は、映画館なのに手拍子、拍手の嵐

千秋楽恒例の鴻上さんの舞台挨拶では、鴻上さんの中で印象的な今までの役をそれぞれ。
ちなみに筧ちゃんは、“ポチ”(もうひとつの地球にある地平線のあるピアノ)と、
“ケダモノ王”でした。やっぱり!
そして、今までの第三舞台の上演記録と、今まで第三舞台に出演したすべての役者さんたち、
今まで第三舞台に関わったすべてのスタッフの名前がエンドロールで流れ

最後に




       and you.




感動的なエンディング・・・

となるはずが、それでもお客さんは帰らな~い(笑)
いつまでもエンディングテーマ『ずっと好きだったんだぜ』に合わせて手拍子してると


パーティは退き際が肝心ってのは、人生の鉄則なの!
ちゃんと終わらせるから次が始まるんでしょうが!!
おしまいっ!!!


きっと毎日叫んでいたであろう、鴻上さんのこの言葉で、すごすご退散(笑)
しかし、これも名言だな~





絶望は何かを生み出す力になるが、
あきらめからは何も生まれない。
たいていの人は、絶望する前にあきらめちゃうんだよ。



素敵な劇団でした。
笑いと涙、そしてたくさんの痛い言葉をもらいました。
今までに受け取った数々の痛い言葉にこれも加えて
明日から、第三舞台のいない新しい日々の始まりです。

第三舞台の30年の歴史(のうち、22年だけど)の最期を見届けられたことに感謝!
[PR]
by ungalmatsu | 2012-01-16 00:08 | Liveあれこれ | Comments(0)