『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

カテゴリ:音楽あれこれ( 110 )

映画 『復活 尾崎豊』

b0082834_21241671.jpg
12/1~14
2週間限定公開の映画

『復活 尾崎豊 
  YOKOHAMA ARENA 1991.5.20』


     → オフィシャルサイト





















1991年5月20日は
2年半ぶりとなるツアー
「BIRTH TOUR」の初日だった。

私とNぽんも
あの日
あの場所で
あの歌声を聴いた。

b0082834_2122840.jpg


もう21年も前だというのに
OZAKIは全然色褪せてなどいなかった。
スクリーンの中のOZAKIを見ているはずなのに
まるであの日に戻ったかのような感覚だった。

圧倒的な存在感。

それでも少し驚いていた。あんなに歌がうまかったんだ。
そして少しホッとした。あの日、ステージを降りたあと、あんな風に笑ってたんだ。

彼がいなくなってから
遺された人が彼について語ったり
遺された手紙やノートが公開されたりして
その多くに目を通した。
そこには心が動かされるものは無かった。

それはもしかしたら、OZAKIが死んだことを未だに認めたくない気持ちがあるからかもしれない。
でも、リアルタイムでOZAKIから受け取ったものの他に何が必要なのだろう?


歌詞や発言の一部やパフォーマンスがクローズアップされることが多いけれど
そんなものは彼のごくごくごくごくごくごく一部分だ。


私たちは、代弁者として彼を崇拝していたんじゃない。
私たちは、彼が歌う歌に、彼のロックンロールに共感していたのだから。



1年後の運命を予感しているかのようなMCは、実は全く覚えていなかった。
でも映画を観て、改めて感じた。
OZAKIは今でもしっかり私の一部だ。


【SET LIST】
01  FIRE
02  DRIVING ALL NIGHT
03  十七歳の地図
04  僕が僕であるために
05  きっと忘れない
06  卒業
07  FREEZE MOON
08  永遠の胸
09  太陽の破片
10  誕生

EC1 I LOVE YOU
EC2 シェリー  






尾崎豊は、私の、青春でした。
[PR]
by ungalmatsu | 2012-12-12 21:17 | 音楽あれこれ | Comments(2)

Speak Own Words

b0082834_20493639.jpg

「このピアノ、好き!」

初めて聴いた瞬間にそう感じた・・・

少し前、竹善さんのラジオ番組Friday Musical Voice
(湘南ビーチFMは、iPod等のアプリで世界中で聴けます!)
で紹介された、平戸祐介のソロアルバムを
聴いた時のことでした。

彼はquasimode(クオシモード)という
ジャズバンドのピアニストということですが
私は竹善さんのラジオが初聴き♪
FM802の企画による、竹善さんの
神戸メリケンパークオリエンタルホテルでのディナーショーは
今年のゲストがFried Pride。その、去年のゲストがquasimode。
あぁ、納得・・・・
昔から、竹善さんのおススメには絶対の信頼を置いてますから、私!
今まで幾多のアーティストに目覚めたことやら!?

それから数日後、車の中でよく聞く、JFN系列の番組「A・O・R」でも
feat.Birdの『生まれたてのメロディ』が流れて、アルバム購入♪

平戸祐介 『Speak Own Words』

もうね~~~、むちゃカッコええ!!

小曽根さんもSALTも、健ちゃんも、妹尾さんも好きだけど、その誰とも似ていない。

クール。2枚目。硬派。  

あら?私今までにこんなタイプ(のピアノ)を好きになったの、はじめてかも???
アルバムタイトルにも、ドキッ。
自分の言葉・・・そうだよねぇ、どんなに自分の心に残っている言葉であっても
人に伝える時には、所詮借り物。言葉はいつも想いに足りない。


でも難しいことは抜きにして、
「とにかく聴いて!間違いないから!」と久々に言い切れるアルバムに出会えました♪

私の今のおススメは、この『生まれたてのメロディ』 と 『I'm In Love』です(^^)

[PR]
by ungalmatsu | 2012-02-17 21:36 | 音楽あれこれ | Comments(0)

見たいのに~~~

NHKドラマ「オヤジバトル!」
b0082834_23523031.jpg


東京公演で配られたフライヤーなのに、何で九州沖縄ブロックのみの放映なんですか~~~

公式サイト(→ こちら )で予告編見たら、余計見たくなってしまったじゃないか・・・

そして、大阪城ホール内でこんなもの発見!
[PR]
by ungalmatsu | 2011-12-05 00:05 | 音楽あれこれ | Comments(0)

台風

また台風来てますね。


これなら大歓迎なんだけど・・・



今の一番のお気に入り♪

and more・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2011-09-20 20:58 | 音楽あれこれ | Comments(2)

祈り

     ぼくの手は大きくない
     常識さえも零れていく
       首筋に風が冷たい
   明日を迎えるのが怖くなる
     間違いだらけの地上に
正論なんてフレイズが溢れている
   戸惑いと迷い 繰り返して
 ぼくなりに必死で暮らしている

      楽しげな他人の会話
   なぜか呼吸が苦しくなった
         ふとよぎった
        ぼくはこのまま
 置いてけぼりを喰らうんだろう
   それは簡単なことだなどと
    目に映ったのは急な斜面
  解って欲しいと思わないけど
    時には黙って許されたい

     どこかへ行きたいのさ
    誰も知らないところまで
    どこかでみつけたいのさ
      ぼくにできることを

       息をついてみよう 
          ゆっくりと
      立ち止まってみよう

     居心地が悪いって毎日
      自分を責め続けても
   確かなものはひとつもない
   それを希望と呼べばいいさ

     どこかへ行きたいのさ
    誰も知らないところまで
    どこかでみつけたいのさ
      ぼくにできることを

     どこかへ消えたいのさ
    何も心配はいらないから
     どこかで祈りたいのさ
       今日を乗り越えた
              と



時が経つにつれ、心の深いところにずんっと響いてくる言葉というものもあります・・・

東日本大震災チャリティアルバム「アイのうた」に収録されている、
この『祈り』も収められたSING LIKE TALKING 7年半ぶりのアルバム「Empowerment」が
5/18 遂に発売!

More
[PR]
by ungalmatsu | 2011-05-15 10:51 | 音楽あれこれ | Comments(2)

言葉にすれば

b0082834_2054521.jpg
明日、9月29日発売のシングルをフラゲ♪

森山直太朗
  「花鳥風月 / 言葉にすれば」


C/Wではなく、両A面
ライブで本人も言ってたけど
他の言い方はないもんですかね?
説明不要な世代の老婆心ながら(苦笑)



「言葉にすれば」は、直太朗独特の美しいファルセットが印象的。
同じくファルセットで始まる「声」は、映画『半落ち』の主題歌で
静まりかえった映画館に突然 ♪ あなたがぁ~~~ ♪ と響き渡った時には、
隣の方がビクッとされたそうですが (RANさん談)、この歌は本当に優しい。


その「声」、「愛し君へ」、はたまた「いつかさらばさ」で歌われる愛に
ものすごぉ~く共感してしまう私ですが、そういう人がこういうストレートなラヴソングを歌うと
もうそりゃ反則でしょってくらい、いいです♪ 良くないわけがないです♪
前出の「Only You」にもつながる、というかアンサーソング的だと思いませんか?

日々の生活ではついつい言わないで過ごしてしまいがちだけど・・・

「言葉にすれば」
[PR]
by ungalmatsu | 2010-09-28 20:33 | 音楽あれこれ | Comments(2)

メタボ!

という言葉に過敏になりがちな昨今(笑)

言葉は略さず正しく使わねばなりません。

この場合のメタボリズムは、“新陳代謝”と捉えるべきか・・・
b0082834_21463570.jpg

SING LIKE TALKING
『METABOLISM』


2001年の作品ですが、どうしたことでしょう?!
まっっったく記憶にありません。

前に読んだことを忘れて同じ本をまた買ったり
証拠写真はあるのに、その時のことをさっぱり思い出せなかったり
昔からかなりの不安要素を抱えた記憶装置であることは認めます。

でも、ファンになったアルバム『ENCOUNTER』から
過去の作品も遡ったし、竹善さんのソロワークだって、
現在に至るまでほぼ網羅しているはずなのに


はずなのに・・・



このアルバムの記憶がない!
「買わなきゃな~」と思いながら買いそびれたわけでもなく
SLTの、このアルバムに限って、その存在自体、記憶がない!

というわけで、発売から9年たった今、発売されたばかりの新譜の様に
新鮮な気持ちで『METABOLISM』を聴く、という不思議な体験をしています。
のっけからこれがまた今まで(?ってどこまで??)のSLTにはない、ハードな曲調にびっくり。
ギュインギュインな西村さんのギターに、そのうちへヴィメタルの人みたいに
竹善さんが叫びそうな気さえしてきますが・・・さすがにそれはありませんでした(笑)
それでもやっぱり竹善さんの歌はいい。千章さんと創る詞の世界もやっぱりSLTならでは。
聴いたことのある曲も結構あったりして、ますます????????


しかし・・・・このCDがBOOK OFFの250円コーナーにあったってのは
掘り出しモノだったと素直に喜んじゃいけないような気がするけど(^^;

魔力
[PR]
by ungalmatsu | 2010-06-15 22:38 | 音楽あれこれ | Comments(0)

人のことなんて

b0082834_204246.jpg


   人のことなんて



   もうどうだって



   いいじゃないか





たったこれだけしかない歌詞を、こんな風に歌えるのは、この人しかいない・・・


出ました。
2年3か月ぶりのアルバム 森山直太朗 『あらゆるものの真ん中で』
 《収録曲》
  1. 何処かで誰かが  2. ラクダのラッパ 3. 花鳥風月 4. 昨日の君と今日の僕 5. 雨だけど雨だから
  6. グングルパーニャ 7. 優しさ  8. 四月になれば  9. 夜の公園で渡すつもりのない手紙を書いている
  10. 人のことなんて 11. アメリカにいるみたい 12. トルコの人形 13. 知らないことが多すぎる
  (アンコール) 14. 生きてることが辛いなら  15. 涙

今回も、直太朗と御徒町凧の創り出す独特の世界が見事に広がります。
本人曰く「みんなで盛り上がる曲も僕はわかりやすいしキライじゃないけど、曲の世界に
 一人一人が想いを巡らせる曲もあって、今回はそっちのタイプ」

うんうん、その通り。

アルバムタイトルの意味は本人にもわからないそうで(笑)
「その日の心の在り方で聴こえ方や見えてくる景色が違う作品ばかりなので、
 このタイトルに大きな伸びしろを感じたんですよね。
 要するににこっち向いて言葉がニヤッとしてるなって」


あぁ、やっぱりうまいこという・・・

今日の私は、ラクダのラッパで目が覚めて、優しさに打たれて、人のことなんてどうでもよくなって
夜の公園で渡すつもりのない手紙を書きたい気分、ってとことでしょうか♪
特に「優しさ」のようなメッセージソングを、明日、あさって、1ヶ月後、
そしてライブに行ける3ヶ月後、どんな違う捉え方ができるのか、自分で楽しみだったりします。

ところで、ボーナストラック的存在で入ってるシングル「涙」のPV観たとき
「きゃぁ~~~~~」と叫びそうになったのは私だけじゃないですよね?
そういや、この人は思いっきり体育会系なのだった・・・スゴイのわかったから
頼むから服着てて欲しいんですけど・・・ライブであらぬ妄想をしてしまうではないか(苦笑)
                    → YouTube


閑話休題。
『真っ白な鳩を九十九羽飼っていて』ツアーはまだまだ先だけど、今から楽しみです♪
kenママさん、良席ありがとう!
1ヵ所で物足りなくなった時用に、自分でも申し込んじゃいました(^^;


直太朗のアルバムは、どれもそれぞれに好きなんだけど
この『あらゆるものの真ん中で』は、今まで以上に、ふっと心を解き放ってくれるような感覚が
とっても心地よいです。
眠れない夜が続いたら、それはグングルパーニャの国への旅立ちの時・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2010-06-09 20:52 | 音楽あれこれ | Comments(11)

大滝詠一 Cover Book1

日曜日の夕方は、結構危険な時間帯なのです。
なぜならFM岡山で流れてるJFN系の4時台のあれとか、5時台のあれとか、6時台のあれとか聴きながら
ハンドル握ってるのにめちゃくちゃウケてたりするから。

その影響で買っちまったCDが これ →b0082834_21175928.jpg

その6時台の番組で、“春の大滝詠一まつり”なんての
やってんですもん! 思わずポチッと(笑)


大滝詠一 Cover Book 1

【収録曲】
1 ナイアガラCM BOX   ライジングチャートバンド
2 風立ちぬ (CM Version)   太田裕美
3 カナリア諸島   百瀬まなみ
4 恋はメレンゲ   三田寛子
5 夢で逢えたら   サーカス <逢う、ひとつで>
6 あなただけI LOVE YOU   キタキマユ
7 指切り   ピチカート・ファイヴ
8 VELVET MOTEL   Wilma
9 夏のリビエラ~Summer Night in Riviera~   Bossanova Cassanova
10 アキラのさらばシベリア鉄道   小林旭
11 FUN×4   植木等
12 大阪ストラット   ウルフルズ
13 座 読書   堂島孝平楽団
14 Tシャツに口紅   ゴスペラーズ
15 恋するカレン   CHEMISTRY
16 バチェラーガール   稲垣潤一
17 探偵物語 (インスト)   井上鑑

さすが、すべての音源を持ってる大滝さん!
バラエティに富んでると言うべきか、はたまた節操がないと言うべきか?!
ものすごく久しぶりに聴くものもあれば、初めて聴くカヴァーもありで
ワタクシ的には大満足の1枚でしたけれども♪

しかし、このアルバム紹介で流れた曲が、ウルフルズのアルバムで聴いたことのあった
「大阪ストラット」を除けば
「アキラのさらばシベリア鉄道」と、植木等の「FUN×4」
だったのに、迷いもせず買ってしまった私ってどうよ・・・と、今になって思ったりしております(^^;


ちなみにこの番組、その前の週は、所ジョージさんのアルバム
『コケコッコゥ!~七色の声色』を特集。(これは買いませんでした(笑))
つい先日は、『坂番洋楽データファイル(略してSYDF)』第25回で
カ行のアーティスト=Kajagoogoo、The Carsが流れて、のけぞりそうに・・・

あ、土曜日は準レギュラーなのにほとんどしゃべらない(しゃべれない)某ギタリスト出演の
NHK-FMも聴いてますよ~。背ぇ縮んだって、ホンマかいな?
[PR]
by ungalmatsu | 2010-04-21 22:12 | 音楽あれこれ | Comments(0)

BEST OF GREEN MIND '09

子どもの頃から相変わらず、私の情報源のほとんどTVではなくラジオです。
最近また移動中は、AM、FM問わず聴くことが多いのだけど
思いがけない曲がかかったりすると、思わず興奮したりして(笑)、やっぱりラジオっておもしろい♪
懐かしい曲で記憶が蘇ったり、気になる曲を発見したり、
逆に「何だかな~」って時には、すぐさまCDにチェンジしちゃったり・・・

そういうふとしたきっかけでもっとちゃんと聴きたくなったものの
思いっきりLP時代(!)のフィル・コリンズや、シカゴは、B☆☆K ☆FFにてCDをGET。
(どちらもベスト盤、750円也)
良いですね~、『One More Night』や『素直になれなくて』
当時、中坊でこんなの聴いてたのかって感じもしますけど(苦笑)

持ってるCDを引っ張り出したのは、シャラマー(A Night To Remember)
SPEECH(Real Love)、ニルヴァーナを取り上げてたMTVアンプラグド特集で、
「これを抜きにMTVアンプラグドは語れないでしょう」とかかった、クラプトンの『Layla Unplugged Version』
「シカゴと言えば」で思い出したビル・チャンプリン(ライナーノーツを書いてるのが竹善さんだった!)
などなど・・・


そして、ついつい懐メロにハマってしまいがちな中で、新しいお気に入りも発見しました(^^)v
秦基博『アイ』 (弾き語りVersion)

原曲も良いけど、弾き語りVersionの方が断然好きです!
思わず車止めて聴き入ってしまったくらい・・・


♪ その手に触れて 心に触れて
   ただの一秒が永遠(とわ)よりながくなる 魔法みたい ♪

b0082834_08187.jpg
というわけで、秦基博
弾き語りアルバム
『BEST OF GREEN MIND '09』
めでたくお買い上げとなりました♪

デビュー曲『シンクロ』の弾き語りも
聴きごたえアリ。
初のアコギインストもGOOD。
じんわり来る感じがすごくステキです(^^)
[PR]
by ungalmatsu | 2010-03-18 00:31 | 音楽あれこれ | Comments(2)