『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

言葉はいつも思いに足りない

↑ ↑ ↑
これは、鴻上さんの書くセリフの中でも、特に好きな言葉ですが・・・


某ライジングサン新聞には、毎月1回、谷川俊太郎さんの詩が掲載されます。
今朝の新聞に掲載されていた『分からない』という11月の詩に、
強烈に惹かれてしまいました。


私は、言葉を探すのに時間がかかります。
「どう言えばいいんだろう」と考えるうちに、何も言えなくなってしまったりするもんだから、
小さい頃から、しばしば「かわいくない」とか「冷たい」とか言われたもんでした。
(確かに、素直に「うれしい」と言わない子供はかわいくない(苦笑))
物事のいい面を見れば、「沈黙が苦にならない」ってことでもありますが
いずれにしてもラジオのパーソナリティにはなれないタイプ(^^;

特に言葉がポンポン途切れることなく出てくる人を前にするとなおさらで
「すげ~なぁ」と感心してしまうのです。
まさに、
“葉加瀬太郎に圧倒されて「うーっあーっあーっおーっ」しか言えない押尾コータロー”状態(笑)
                          (11月14日の押し弾きでも聴けるであろう(^^))

それが度を過ぎると、
例えばややこしい話を説明してもらうのに、小難しい言葉の洪水を浴びせられたりすると、
「いったこの人がしゃべっているのは日本語かしらん?」と、
まるで理解できなくなってしまう・・・、そんな事もあります。
「これだけ言葉を尽くしてるのに、わからないなんておかしい」なんて言われたら
「それだけ言葉を知っているなら、私にわかる言葉でしゃべってや」と言いたくなる・・・


それでも黙っていては、(多くの場合)何も伝わらないし、心はさらに迷ってしまう・・・
私の思いを言葉にしてもらったようなこの詩に出会えたことで
たとえ思いに足りなくても、やはり言葉にしていく努力は必要なのだな、と思ったのでした。



『分からない』 谷川俊太郎   (2008.11.8 朝日新聞掲載)

ココロは自分が分からない
悲しい嬉しい腹が立つ
そんなコトバで割り切れるなら
なんの苦労もないのだが

ココロはひそかに思っている
コトバにできないグチャグチャに
コトバが追いつけないハチャメチャに
ほんとのおれがかくれている

おれは黒でも白でもない
光と影が動きやまない灰の諧調
凪と嵐を繰り返す大波小波だ
決まり文句に殺されたくない!

だがコトバの檻から逃げ出して
心静かに瞑想していると
ココロはいつか迷走している(笑)

[PR]
by ungalmatsu | 2008-11-08 23:20 | 好きな言葉