『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

人生お一人様一回限り

早いもので、10月も間もなく終わる。
いつになく“人”に会いに出かけた1ヶ月だった。
なかなかスケジュールの合わない友人、「いつでも帰っておいで」と迎えてくれるお家、
コンサートだって“人”、お葬式もある意味そうかも(?)、そして遠くへ行ってしまう人たち。

会いたい人には、会えるときに会っておこう、と、最近特に強く思う。
私に会いたいと思ってくれたなら、なおのこと・・・
ただし、会いたくても会えないときには、
今は「そのとき」ではないのだということを、受け入れる。

会いたい人に会うことで見つけられるのは
例えば、自転車に乗りながら自分の気持ちよいポジションを探していくような
手探りの、ささやかな手ごたえだ。

転勤で遠くへ行ってしまった人が、最後に1冊の本を教えてくれた。
「Your Erroneous Zones」 (ウエイン・W・ダイアー)
30年ほど前にアメリカで大大大ベストセラーになった心理学の本だという。
私には原文を読む力はないので、日本語訳を探しているところ。
(直訳すると「間違いだらけ」ってことだけど、日本語版のタイトルは「自分のための人生」。)
どうやら絶版になっているみたいので、古本屋をめぐってみようかとも思っている。
ネットで探せばすぐ手に入るかも知れないのだけど、私はこういう過程が嫌いではない。

b0082834_18244066.jpg
書を書くのも、また“人”
実際に書展に足を運び、この目で見てきた →

この書に出会わせてくれた人は
迷走しながら旅を続け、
「雑音はどんな状況に置かれていても
 聞こえてきます。でもなんくるないさ~」
と言い残して、新たな地へ旅立って行った。

好きなことを好きなままでやり続けていくのは
難しい。
だけど、今は自分のポジションを
気長に探す作業が楽しくもある。
きれいなペダリングが出来ているかどうか
人にアドバイスしてもらうことはできるとしても
それが気持ちいいかどうかは、自分で感じることしかできないのだから。

人生お一人様一回限り。私もまた、路の途中・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2008-10-28 22:20 | 日々の生活 | Comments(0)