『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

生きてることが辛いなら

やっとexciteにもYouTubeが貼れるようになりました。 一歩前進。



この歌が心に響くのは、歌詞の一部だけじゃなくて、森山直太朗さんの歌う “歌” だから。
同じ御徒町凧(おかちまちかいと)さん作詞、森山直太朗さん作曲の『花』が
あんなにもまっすぐ心の奥深いところへ届くのは、中孝介さんの歌う “歌” だから。
直太朗versionも結構好きだけど・・・)

歌の力ってすごいと思う。 私は、この歌、好きです。
[PR]
Commented by kenmamaM at 2008-08-21 23:23
ホント、最後までよく聴け~~~!!って思います。
歌ってる直太朗さんもすごいけど、この歌詞かいた御徒町凧さん、
直太朗さんよりも年下なのにめちゃ懐の大きな人です。
Commented by ungalmatsu at 2008-08-22 22:00
★kenmamaさんへ
でしょ?
良い面だけを見るならまだしも
最後まで聴いて歌としてとらえないで何がわかるのよ~~~って
あんまりにもナンセンスな取り上げ方が続いてるので
思わずネタにしてしまいました(^^;

直太朗さんも、御徒町さんも、中さんも、み~んな自分よりすごい年下だけど
創り出す世界の大きさって、年には関係ないですよね。
Commented by RAN at 2008-08-23 00:32 x
あああ・・・情熱大陸で聴いたときの衝撃が・・・(TДT)
(あ、はよレポ仕上げてしまわな~^^;)

歌ってる当人も、ここまで大きくなった騒ぎに当惑してるようですが・・・
これは御徒町くんが、10年くらい前に書いた詩を最近になって直太朗が見て、
是非歌いたい、と直太朗が曲を付けたようです。
当時御徒町くんが、辛い思いをしてる友人を励ますために書いたそうで、
10年前と言えば、直太朗がようやくストリートで歌い始めた頃だったかな・・・?
だけど、もしその時にこの詩の存在を知ってたら、直太朗なら歌ってたかもしれない。
何となくそんな気もしてます。

『生きとし生ける物へ』とシリーズ(?)として聴くと、
更に何と言うか・・・心に「ガツーン」と来るものがあります。

何だかんだ言うてる人には、とにかくこの1曲だけ、一部だけ捉えて、
言うのは止めてほしいと切に願います。
歌詞の一部だけ捉えたら、問題あるのナンボでもあるで~(苦笑)。
Commented by ungalmatsu at 2008-08-23 13:02 x
★RANさんへ
所謂(笑)“3たろう”のうち、実はこの“たろう”に一番疎いもんで
「ほぉぉ~、そうなのか」と思いながらコメント読ませていただきました。

辛い友人を励ますために・・・・・・なかなかこんな事、言えませんよ(^^;
ホンマ、心に『ガツーン』と来ました。
でも、この歌で救われた人っていっぱいいるやろなぁ。
考えようによっては、もし、今ではなく10年前だったら、
変な形ではあるけれど、こんな風に話題になっていなかったら、
私ももっとサラッと聞き流していたかも知れないですしね。
そうやって届くところに届いていればいいのだという気もします。
だからわからん奴は口出しするなと・・・あ、振り出しに戻った(苦笑)

3たろう揃い踏みの情熱大陸レポの続き「こうしんがたのしみ」♪
でも、1週間後に中崎町デートも迫ってますから、ね(^^)
by ungalmatsu | 2008-08-21 20:52 | 音楽あれこれ | Comments(4)