『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

好きな言葉シリーズ ⑱

君はいつもそうやって大丈夫じゃないのに大丈夫だって言うんだ。

            島本理生『ナラタージュ』より




ふと思い出して、昨日の夜から『ナラタージュ』を読み返していました。
前に読んだのはほんの数ヶ月前のことなのに、印象が全然違って感じられた事が驚きでした。


泉と葉山先生だけでなく、小野くんや、志緒や、黒川や、新堂くんや、柚子ちゃんや、
泉の結婚相手や、他にもここに出てくる全ての人々の、
それぞれの想いが物語のどこを読んでも感じられて、
それは、理解できるとかできないとか、正しいとか正しくないとか、そういう問題ではなくて・・・

前は泣きながら読んだような気がするけど、今回はとても静かな気持ちで読みました。

これは、好きな言葉、とは少し違うかも知れません。
でも、心に響く言葉というのは、痛いことが多いのは確かです。
志緒のこの言葉のように・・・

「あんたは言わなければ心配も迷惑もかけないだろうと思っているかも知れないけど、
なにも聞かされていない状態で、よけいなことを言わないように気を遣うのもけっこう
疲れるんだから」


私が欲しいのは、思いを吐き出せるだけの強さ、かな。
[PR]
by ungalmatsu | 2008-08-03 23:00 | 好きな言葉