『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

灼熱の皆生レポ

でも、これが皆生らしい皆生058.gif

フィニッシュ後の私の姿を見られた方には、大変ご心配をおかけしてスミマセン・・・
まともに歩けるようになりましたので、もう大丈夫です040.gif
とは言っても、ここでまた無理して後に響くといけないので、
今週いっぱいはトレーニング完全自粛034.gif

当日の状況については皆生トライアスロン公式HPを見ていただくとして
2年ぶりのロングとなった私個人のレースレポです。
全然まとまってなくて、ものすごく長いです(^^;



続き、ホンマに読む??


当日の天気 晴れ! 雨は・・・・・1滴も降らず!

【SWIM 3km】
台風の影響もなくベタ凪かと思われた海は、うねっていた。
アップのため海に入ろうとするも、押し寄せる波に打ち戻され、引き波に足をさらわれ(苦笑)
本来のスイムアップ地点は波が高くて上陸不可能(!)なため、コース変更となる。
b0082834_2032687.jpg
スタート前、テンパっている義兄
(スタートかなり前なのに既にゴーグルはめてる)
私だって緊張してないわけじゃないのに、
どうもそうは見えないらしい(笑)
ままかり、東雲、鍛遊会etc.岡山メンバーとしゃべっていたら
あっという間に7:00。レーススタート!

最アウトからスタートしたものの、すぐに流されて気付いたらロープ際。このあたりはかなりのバトル。第1コーナーから1500mのチェックポイントまでは、かなり泳ぎにくかった。でもあせらないあせらない。チェックポイント上陸時で32分。思ったより遅くない。
そして復路は「こっりゃーどーしたん?」ってくらい、流れに乗って気持ちよく進む進む。バトルもなし。ブレスのたびに目に入る青空のせいか、、脳内音楽はJakeの『Lazy Jane』♪
それくらいのんびり気持ちよく泳げた。 スイムアップ1時間ちょうど。

しか~し、そこから本来のスイムアップ地点まで200mは、スリッパをはいての第1RUN!
口々に「何で走るん?」「歩きゃええのに」と言いながら、パタパタ小走りする姿は
かなり笑える絵だったと思う(笑)

SWIM 1:02:48 (254位)

【BIKE 145km】
前日、TKCさんに最終チェックをしてもらったので、New BIKEの調整はバッチリのはず。
初めて乗るこの距離でどうなるか?身体の調子は良さそうなので、行ける所まで行くしかない。
スタートしてすぐ、OK崎せんせをパス。20キロあたりできのちゃんをパス・・・・するも、広域農道に入った上りでガシッと抜き返される。その後、岸本のT字路を過ぎた平地で再びパス。その後どうやら熱中症でペースダウンしたらしい。

しかし、暑い。とにかく暑い。
手持ちのボトル2本のうち1本は水にして、かぶりながら走らないとやってられない。
50キロ地点くらまでもつはずだった魔法の水も早々に飲み干してしまったので、エイドでは常にスポーツドリンクと水を受け取り、コーラのボトルはエイド通過の間に飲み干して捨てていく。約10㌔ごとにあるエイドステーションが、それでも待ち遠しい。
私設の応援団がかけてくれる水のありがたいこと!この人たちは、この山の中まで850人分の水をどうやって用意してくれたのだろう。感謝。もうバイクシューズの中までぐちゃぐちゃだけど、そんな事より干上がらないようにする事のほうが大事。
2年ぶりに走るバイクコースは、何だかとても新鮮だった。はつかいちのコースと違って上りもあれば下りもある。今年は下りもちょっとは攻めた。なかなか調子よくとばして中山ASへ。

そこではTKCじぃじ&ばぁば、姉が迎えてくれた。話しながらバイクラックにバイクをかけていると、おっ!先着の祭男さん発見。「先行くよ!」「どうぞ~」
肩をポンと叩くのは・・・・鳥取のトシオくんではないの!なぜこんなところに??
「なんも食えん」 熱中症ぎみらしい。「途中でやめる」とかなり弱気。
b0082834_2152739.jpg
中山ASでは、去年食べれなかったメロンにスイカ、おにぎり、梅干、オレンジ、としっかり補給し、ボトルも満タンにして再出発。そこから先でかなりの数の知り合いとすれ違う。今年はバイクを押して坂を上る人を結構見た。こんなことは初めて。バイクリタイアの数が多かったのも納得。バイクのタイムアウトが多かったのは制限時間が去年より30分も繰り上げられたのも大きな理由だろうけど。最後、日野川の土手は天気がいいと向かい風になる。今年は当然向かい風。ひょえ~キツイ~~~。そこへ「やっと追いついた」と後ろからやってきたトシオくんに、付いていけなかった・・・

BIKE 5:12:06 (154位) 通過順位165位  当然ながら、過去最高タイム。


【RUN 42.195km】
調子よくバイクを終えたものの、とにかく日陰に入りたくて蒸し風呂のような着替えテントの中で座ってソックスと靴をのんびり履き替える。外では姉たちが「出てこんなぁ」と待ちくたびれていたらしい。そして出てきたと思ったら、エイドでまたまたしっかり補給。皆生の名物アナ、中岡さんがず~っとネームコールしていたのにも気付かず(笑) 首に巻くバンダナにしっかり氷をつめてやっとランスタート。今年はトランジットタイムは聞かないでね(苦笑)
b0082834_2126840.jpg
ランに入って、ますます暑い!
休みたい時に限って信号にもかからないんだな、これが。ランのエイドでも、頭から水をかけてもらわないとやってられない。最初はなるべく靴を濡らさないようにしていたけれど、無理!ガソリンスタンドや、民家の軒先から出してくれているシャワーも、すべてかぶる。そんな中でもヒデキは快走!私が見たときには6位だったと思う。めっちゃカッコよかった~♪
10㌔あたりで祭男さんをキャッチ。(使命は果たした(笑))「もう来た!」と言われたけど元気そう。 12㌔あたりで歩いていたLab師匠をキャッチ。バイクで脱水になり、全く走れないというので心配。
境港の折り返し周辺では、知ってる顔の応援がたくさん!アミーゴ、岡山マリン、広島のまっつんやかおちゃん。おぉ!チェックポイントにはJINさんの姿も!名前を呼んで応援してもらうのって、ほんっとにうれしい!力になる!25㌔地点くらいまでは、キロ6~7分で、まだ走れていたのに、RUNの得意なKWハラさんには、あっさり抜かれた。すれ違う知り合いのほとんども、私の元気な姿を見ていたはず。
が・・・・怪しくなったのはそこから。バイクで既にふやけていた上に、靴までズクズクに濡れた状態で水ぶくれができ、そのまま走り続けてつぶれ、それをかばって変な走り方になっていたのか、右の足首に痛みが・・・それでもちょっと走ってみては歩く、というのを繰り返していたのだけど、ついに右足に体重をかけると激痛・・・

そこから完全に歩く、と決心。歩くには、そんなに問題なさそう。大丈夫。ここから全部歩いたって、時間は十分にある。

後ろからみんな追いついてくるだろうなぁ、と思って歩いていても意外に知り合いが誰も来ない。と思っていたら、残り5㌔を切ったくらいから、来た来た!
タケッチさん、「歩いた」と言いながら今年は元気に置いてかれた。H松さんにうのけん。M信さんはものっすごい心配そうに「大丈夫???」って。残り2キロくらいで直さん、OK崎せんせ。

それでも痛みをこらえてひたすら歩く。知らない人も追い抜きざまに声をかけてくれる。マーシャルも「大丈夫ですか?」と聞いてくれる。走れないだけで、あとは元気(食べても平気なくらい内臓は元気)なので、「大丈夫です!」と答えてひたすら歩く。
交通整理のガードマンも、ボランティアスタッフも、沿道のお店やお家から出てきて応援してくれている人たちも、車道を走る車からも、「がんばって!あと少し!」
あぁ、イカン・・・また泣きそうになる。「はい」って答えたら、涙ポロポロ・・・・
走れないことが悔しくて、ではない。応援がありがたくて、感動して。
泣いたら顔がひどいことになるので(笑)、何度も「もう泣かない」と思って顔を上げるのだけど
遥か前方にいるボランティアの女子高生たちが
「こっちで~~す!」
「ファイトで~す!」
「あと少しで~~す!」って飛び跳ねて手を振りながら叫んでくれたら・・・泣くでしょ。

競技場に入ったところで、あの山倉紀子さんも声をかけてくれた。
トラックに入ったら、姉と、KWハラさんと、OGNさんが待っていてくれた。
Bonの大応援団をはじめ、みんなが「おかえり~」って言ってくれて
「あぁ、やっと帰ってきたんだな~」と実感。
b0082834_22274655.jpg
最後、レッドカーペットの上だけ
10mほど走ってフィニッシュ!
まるで、ずっと走ってきたかのように
写ってるけど(笑)
最後は、最後だけは、笑顔で!!




RUN 5:51:53 (459位)
  ~10km 1:00
  ~20km 1:07
  ~30km 1:22
  ~40km 1:44
  ~Last 0:25



【総合タイム】  
12時間06分47秒  (314位) 

私の2分後に、トシオくんとO西さん、その1分後に祭男さん、さらに3分後にきのちゃん、フィニッシュ。私は相当ひどい顔をしてたみたいで(苦笑)、心配したTKCさんとS津さんが様子を見に来てくれた。津山のM島さんと一江さんのフィニッシュは芝生に座って見届けた。体育館にマッサージを受けに行っている間に、アロマさん、義兄、営業マンさん、Yamaさん、わしじゃさんも無事フィニッシュ。I原さんはフィニッシュ後、体育館で点滴を受けていた。その後、塩どんと絹さんも無事フィニッシュ。
他は・・・・名前抜けてる人がいたらごめんなさい。
タイムアウトや、熱中症によるリタイアの報告も続々・・・・・・
時間が遅くなるにつれ、救護テントに運ばれてくる選手の数もどんどん増えて・・・
やっぱり今日は、厳しいレースだったんだなぁ、と実感。
タイムより何より、完走できてホントに良かった!


タイムについては、閉会式で小原さんに「バイクまではすごい早かったのにどうしたんですか?」とつっこまれてしまったので、来年リベンジかな(^^)v

何が起こるかわからないロング。
だから怖いし、だからおもしろい。
だから、やめられない。

以上、全然まとまりのないレポでしたm(_ _)m
[PR]
by ungalmatsu | 2008-07-22 23:28 | トライアスロン