『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

夜のピクニック

b0082834_18543100.jpg

「夜のピクニック」
 恩田陸
 (新潮文庫)



これまた私にとって初の恩田作品。
ちょっと前にハロハロさんも読まれていたし
2004年の本屋大賞受賞作品ということで
手にとってみました。


「歩行祭」 それは、高校の全校生徒1200人が、
朝8時から翌朝8時まで24時間かけて、80キロを歩く伝統行事。
60キロまではクラス毎に歩行し、夜中2時間の仮眠の後、残り20キロは気のあった者同士の
自由歩行で、全校生徒中の順位もつき、制限時間を越えたものはバスで回収される。

読んでいると、自分もみんなと一緒に歩いているような気がしてきます。
徐々に身体にたまっていく疲労感の描写も、精神的な変化の描写もすばらしいです。
明るいうちはただはしゃいでいたのが、暗くなると語り合うようになり
疲労もピークに達した真夜中になって、ふと本音が言えたり、
早くゴールして寝たいのもあるけど、終わってしまうのが惜しいような気持ちになったり。

「みんなで夜歩く。それだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」

わかる。うまく説明できないけれど、ものすごくわかる・・・


これはストレートな青春小説です。
私が高校生だったのは、遥か過去のことだけれども
今、出会ったなら、今、読んでおかないと・・・・世の中、本当にタイミングだから。

「雑音だっておまえをつくってるんだよ。雑音はうるさいけど、やっぱ聞いておかなきゃなんない時だってあるんだよ。おまえにはノイズにしか聞こえないだろうけど、このノイズが聞こえるのって、今だけだから、あとからテープを巻き戻して聞こうと思った時にはもう聞こえない」

私が一番うらやましいと思ったのは西脇融と戸田忍の男の友情でした(^^)
[PR]
Commented by ハロハロ at 2008-04-14 22:01 x
ウン! 私もそのフレーズ、好きです。
ノイズも含めての自分を認めてくれるなんて、羨ましい限りだよね。
Commented by HW37 at 2008-04-15 11:49
わぁ、この言葉いいですね。
もう戻れない青春時代(表現がフリーですな)、もっといっぱい
いろんな経験しとけばよかったって思います。

Commented by ungalmatsu at 2008-04-15 22:26
★ハロハロさんへ
忍は他にもいいこといっぱい言ってましたよね。
自分もいろんなことに巻き込まれちゃってるのに
融のこと考えて説教してくれる・・・
こういうことをちゃんと言ってくれる友達って、そうそういないです。
親友だからこそ言えない事もありますけどね。
Commented by ungalmatsu at 2008-04-15 22:36
★ぴ~こさんへ
私も高校時代に部活とかを一生懸命やってこなかった奴ですが
大人になって始めたトライアスロンとかが
まさにそういう経験なのかな~って思います。
だから年齢とか関係ないんだと思いますよ。
雑音を聞かない=無駄のない人生なんて、つまんないですもん。

読みやすい本なので、機会があったら手にとって見てくださいね!
すごく幸せな気持ちになれるはずです(^^)
Commented by teru at 2008-04-18 00:39 x
この本は読んだことがないのですが、たしか恩田さん自身の経験(歩行祭)が基になっているんですよね。
我が地元、茨城にある県立水戸第一高校の恒例行事。
(ちなみに、私は「第二」でした・笑)
高校時代は、この行事のことを聞いてただ「大変だなぁ」と他人事にしか感じなかったけど、大人になった今は「自分もそんな経験をしてみたかった」と、羨ましく思ったりして。
私も読んでみようかな。
映画にもなったから、まずはそっちを観てみるか。 ←こらっ!

ところで、コータローさんのツアー@倉敷は如何でしたか?
大阪の時より、演奏もMCも(笑)進化してたかな?
Commented by ungalmatsu at 2008-04-18 01:30
★teruさんへ
そうそう、実際にこういう行事をしてる高校があるなんて
びっくり!
でも私も高校のときにこういう経験してみたかったな~と思いました。
映画もいいけど、本も読んでみてくださいね。
私も恩田さんの他の本も読んでみたくなりました。

コータローさん、進化してましたよ(^^)
今日もめっちゃ楽しいライブでした♪
そういえば・・・・・・・
今日も「茨城」を「いばらぎ」と連発してたような(笑)
by ungalmatsu | 2008-04-13 21:40 | 本を読む | Comments(6)