『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

チーム・バチスタの栄光

b0082834_11323117.gif

チーム・バチスタの栄光 上・下
 海堂 尊
 (宝島社文庫)


東京マラソンも終わって
「さぁ!バイク乗るぞ!」と思った途端
風邪でダウン・・・身体は正直です(苦笑)
貴重な土曜日休み、自分でもあきれるくらい
ひたすら寝て何とか復活したものの
今日も家でおとなしく・・・・・本を一気読み。


不定愁訴外来担当の万年講師田口と、厚生労働省の変人役人白鳥が、患者の死の謎を追う。
果たして、医療過誤か、殺人か?
現役医師の海堂さんが描く、医療ミステリー。
実は映画の予備知識も全くないまま読んだのですが、めちゃくちゃおもしろかったです!
いや、予備知識がなくてかえって良かったのかも?
白鳥の方がかなり上手だとしても、田口だって完全にドロップアウトした結構かなりヤな奴。
と思いながら、「チーム・バチスタの栄光 オフィシャルサイト」(→ こちら)の著者Q&Aを見ていたら
海堂さん自身も、かなりひねくれた方みたい(笑)
スペシャルインタビュー(→ こちら) を読んでみたら、さらに・・・
海堂さんの“ホンネ”の答え、好きですね。
ってことは、やっぱり私も相当ひねくれているのだわ(苦笑)

医療小説として一番に思い浮かぶのは、山崎豊子の『白い巨塔』だけれども
これもかなりおススメです。
ひたすら重い(なのに引き込まれていく)『白い巨塔』と違って
『チーム・バチスタの栄光』は出てくるキャラのあまりの強烈さに思わず笑ってしまいます。
そして揃いも揃って役者!まさに“メディカル・エンターテインメント”!


「あのさ、あんたって、イチゴのショートケーキ食べる時、イチゴから食べる派?
それともケーキから食べる派?」
「はあ?」


愚痴外来・田口&ロジカルモンスター・白鳥コンビの続編、
『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラル・ルージュの凱旋』も読んでみようと思います。

それにしても、映画版の田口&白鳥はイメージが違いすぎるような・・・??
どなたか映画、ご覧になりました???
[PR]
Commented by yumemi-m at 2008-02-26 22:16
はーい!映画、見ましたよ。
ただ私は原作は読んでいないので、原作との比較は出来ないんですが。映画では田口のおどおどした感じよりも、どちらかといえば阿部さん演じる白鳥の「頭は切れるけれど変な人」振りがやや目立っていたかな……。医師たちのキャラクター振りは映画でも際立っていましたよ。各医師の紹介にも趣向が凝らされていて面白かったです♪
ちなみに、映画の監督は伊坂さんの『アヒルと鴨のコインロッカー』を監督した中村さんなんです。監督のテイストは『アヒル~』以来好きで今回も良かったので、次回作も見に行こうと思ってます。
そうそう、『白い巨塔』もドラマをやっていた時に読みましたよ。重厚だけどエンターテインメント性もあって、読み応えのある作品ですよね。
Commented by ungalmatsu at 2008-02-26 22:57
★yumemiさんへ
映画もおもしろそうですね!
yumemiさんにはぜひ原作も読んでいただきたいです。
原作の田口は男だし、白鳥なんかは、私の中では「ねじまき鳥クロニクル」の“牛河”くらいのイメージだったので(←マニアックすぎ??)、「えぇぇ!白鳥役が阿部さん?!」って思ってしまいました。
でも他の出演者もクセ者ぞろいなので、やっぱりおもしろそう!
見に行かなきゃ・・・と言いつつ、実は『アヒル~』の映画版ももまだ見ていないことを、ここで告白しておきます(笑)

「白い巨塔」を読んだのは大学の時だったかな。初めて読んだ山崎作品でした。
ドラマ化された時にめちゃくちゃハマって読み返したけど、
やはり読み応えのある作品でした。
とは言え、山崎作品の中では、比較的読みやすいほうじゃないでしょうか(苦笑)
by ungalmatsu | 2008-02-24 12:59 | 本を読む | Comments(2)