『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

天国からのメッセージ

今日は祖父の命日だったので、お墓参りへ。
10年か・・・・・生きている人間の10年ってすごく長いのに
その人がいなくなった10年前の日って、ついこの前のような気がするのは何でだろう。
祖父の2ヵ月後に父、その年の夏にはまだ19だった友達の弟。
それ以外にも、人生の転機といえる出来事が、その前後にいくつかあったから
そういうのってまとめてやって来るものなのかも・・・
今思えば、その時が人生のどん底ってわけでもなかったりするわけだから、不思議なもんです。

この先だって何が起こるかわからない。
というわけで、ご紹介するのが「天国からのメッセージ」 (← Click)
名前と性別、誕生年を入力すると、寿命を全うした未来の自分からのメッセージが届きます。
たぶん、寿命の根拠はなにもありません(^^;
どうやら早死にする人はいないみたいなので、安心してやってみてください。
何の意味もないけど、妙に説得力があったりして、結構おもしろいです。





(私へ届いたメッセージ)


2007年のわたしへ。
元気ですか?2007年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
わたしは96歳で、つまり西暦2065年に、寿命を全うして生涯を終えます。周りに迷惑かけてばっかりだったけど、楽しい人生でした。
だたひとつだけ過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。それは 2012年の年末のことです、わたしはある事情で、小樽へ引っ越しをすることになります。そこで、人生観をくつがえす出来事にであいます。細心の注意をはらってください。
最後にひと言、96年間生きてみて思ったのは「生きること、それだけが本当に価値のある事なんだ」ってこと。
では、またいつか会いましょう。
みんなに、よろしく。これから先の人生を愉しんでください。



何の意味もないと言いながら、思わず
「小樽へ引っ越す事自体が、人生観をくつがえす出来事なんちゃうん?!」
とつっこんでしまいましたがな(笑)
[PR]
by ungalmatsu | 2007-11-04 22:52 | 日々の生活