『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

遥かなる大地、ずっと・・・

b0082834_20331166.jpg
行って参りました、世界遺産劇場!
押尾コータロー@金峯山寺蔵王堂
    翌日の朝日新聞に掲載されていた記事 →
    (ステージの雰囲気は → asahi.comの写真を)
 
この世界遺産劇場が、コータローさんにとって
どれほど意味があるものだったのか
「ときど記」を読んで、じ~んとしてしまいました。



吉野山は遠かった・・・
奈良から片道2時間半、往復5時間!(ちなみに岡山~奈良は約2時間)
そして、吉野山は寒かった・・・
始まる直前に雨はパラつくし、持ってった防寒具をすべて使用。

それでも、すべての原点に戻ったようなあの2時間は、
あの時、あの場所でなければあり得なかったのだと思う。
「よく来てくれた」というコータローさんの言葉は、
その言葉以上に1曲1曲に込められて、あの場所にいた全員に届いたはず。





今回はライブレポ、というより、ライブの感想です♪

厳かな雰囲気で始まったライブは、ハプニングもあり、やっぱり笑いもあり(^^)

♪ セットリスト ♪

遥かなる大地
Destiny
オアシス
風の詩
見上げてごらん夜の星を
ティコ
Merry Christmas Mr.Lawrence
ブラックモンスター
TREASURE
Peace!
Chaser
Busy 2
Brilliant Road
Indigo Love

(EC)
Big Blue Ocean
ボレロ
ずっと・・・



「見上げてごらん夜の星を」~「ティコ」の星つながりできたら次は「ジュピター」か!?
と思いきや、またもや振られてしまいました(涙)
本当は見上げれば満天の星、のはずが厚い雲に覆われて「何も見えません」 (笑)
金曜日の夜には見えたという星、見たかったなぁ。でも雨が止んでくれただけでも感謝・・・

「Chaser」では、曲の途中で突然ラインが外れてしまい無音に!
それでも弾き続けるコータローさん。手拍子を続ける客席。
カウボーイ森田さんが出てきてラインを差し込んだところで、ようやく最初からやり直し。
思えば、このハプニングですべてが一体になったんじゃないかと・・・

あの寒さは演奏にも相当影響があったと思われ、ミスタッチも音が抜けたところも多々あり。
もしかしたらコータローさんん自身ももどかしい思いをしてたかも?
それでも丁寧に弾こうとする、それはもう「気迫」みたいなものが、どの曲にも込められて
痛いほど伝わってきてました。
私達も
「わかってるよ。伝わってるよ。あなたのためにここまで来たんだよ」
という思いで見守っていたし・・・・

「この場所でライブができると決まったときからやりたいと思っていた」という
アンコールの「ボレロ」。
その言葉を聞いた途端、本当に鳥肌が・・・
すごい、としか言いようがない、あの「ボレロ」が聴けただけでも行った価値はあるくらい・・・

ライブが始まる前の住職のお言葉にもあったように
「音楽は元来、神仏への捧げもの」

インディーズの曲で始まって、インディーズの曲で終わった今回のライブは
それにふさわしいものだったような気がします。
私もコータローさんの姿だけを追うことなく、
空を見上げたり、コータローさんの後ろにライトアップされた蔵王堂に見入ったり、
時には目を閉じたりして、自然の中にひろがっていくギターの音に身をゆだねていました。

誰かが叫んだ 「お前のギターが世界遺産や!」という言葉。
名言やわ・・・
寒くて舌も回らず 
「今日のライブは一生忘れ※〇×☆#★」になっちゃったコータローさんだけど(笑)
ホンマに私らも、ずっとずっとこの日を忘れへんで! 

おそらく、コータローさんのライブは、これが今年最後。
遠かったけど、寒かったけど、行って本当に良かったです♪



珍道中(笑)は別エントリーで   (つづく)


(追記)
世界遺産劇場に同行していただいたみなさんの感想も・・・
RANさんち → こちら
teruさんち → こちら
ham2さんち → こちら
[PR]
by ungalmatsu | 2007-10-15 21:37 | 押尾コータロー♪Live