『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

中孝介@厳島神社

b0082834_21185061.jpg
宮島に着いた時、ちょうど干潮時刻で
歩いて行けた、厳島神社の大鳥居。
こんなに大きかったんだ・・・


行って参りました。
厳島神社特別奉納公演
厳島夜想
中孝介
スペシャルワンマンコンサートin厳島神社



ライトアップされた
厳島神社本殿をバックにした高舞台。
ステージに立つ中孝介さんは、
この大鳥居に向かって歌うことになる。
しん・・・と静まり返った瞬間に聞こえるのは
虫の声と、徐々に満ちてくる潮の音だけ。
時折吹く、海からの風は少し冷たいくらい。

「癒される」というよりは、「パワーが充満されていく」という感じ・・・
このようなシチュエーションで彼の生唄を聴けるチャンスは、もう2度とないでしょう。
この夜は、私の宝物になりました。



b0082834_21264929.jpg
リハが始まる直前に、
高舞台の後ろを通りかかりました。
正にステージの真正面に大鳥居!

今回はピアノとギターのみの
アコースティックコンサート♪
席は西側に端っこだったので
斜め右前に高舞台、左を向けば大鳥居。


今回はセットリストに自信はありません。
あしからずm(_ _)m



すっかり暗くなった19時、開演前のBGMもなく、
厳かな雰囲気の中、定刻に開演♪

1.真昼の花火
2.moontail
3.サヨナラのない恋


レストランで注文を決められなくて、いつもマネージャーに怒られるほど優柔不断な中さんに
勇気を与えてくれた曲、として紹介されたのが次の曲。
タイトルに、なぜか客席から笑い声?

4.白と黒の間に

 ♪ 白と黒の間に 答えは無限にある 選ばない生き方も あると気付いた♪
  という歌詞が、こんなにも心に響いたのは初めて・・・いつの間にか泣いてました。

5.ホノホシの風
6.なつかしゃ


宮島へ渡るフェリーが、故郷奄美大島の加計呂麻を思い出させたのだそう。
そういえば、初めて加計呂麻海峡を見たときには、そのあまりの美しさに息を飲んだっけ・・・

7.Ave Maria
8.路の途中  (新曲)
9.思い出のすぐそばで
10.種をまく日々 (新曲)
11.Goin' on


この曲で初めてクラップ♪ そういえば、中さんのコンサートではみんなおとなしい。
客席からツッコミの入るステージに慣れているから余計(笑)

そして最後の曲。
12.それぞれに


EC1.花


出だしのアカペラ部分を歌い終わった時、おもわず会場から拍手・・・

そして、やっぱり最後の最後はこの曲でした。
「大切な場所や、大切な人を想いながら聴いてください。」

EC2. 家路

インディーズ時代を含め、この曲を歌わなかったライブは今までないんだとか。
コンサートが始まる前には、この曲を聴いたら号泣してしまうんじゃないかと思っていたけど
そんなことはなかった。ほろっとはきたけど。

気付いたら20:45。 あっという間の1時間45分でした。
フェリーの時間があるので、これ以上のアンコールはなし。


やはり彼の声は、自然の中で聴くとそのすばらしさがはっきりとわかる。
どんなにすごい音響設備も、自然にはかなわない。
彼の声は、ホールの中に閉じ込めちゃいけないんだという気にさえなる。

曲を重ねるごとに、中さんが厳島神社のスピリチュアルなパワーを受け取って
そのパワーが歌を通して聴く者の身体の中にすーっと入っていくような感じでした。
歌の力強さは、最初と最後で、明らかに違っていたと思います。
私の身体も、そして心も、コンサートが終わった後の方が元気になっていました。

開演前、歩いて行けた大鳥居が、終演の頃には潮が満ちてきて水の中・・・
フェリー乗り場へ向かいながら見たその光景は、写真に撮るのも憚られるほど厳かでした。

宮島を離れる船の中から、小さくなっていく大鳥居を見ていた時、ホントに幸せな気分だったなぁ。
この本当に素敵な夜を、私は忘れないと思います。
こんなすばらしいステージを見せてくれた中さんに感謝♪

中さんのブログ → こちら
[PR]
by ungalmatsu | 2007-10-01 22:11 | Liveあれこれ