『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

お久しぶ~り~ね~♪

本屋に行くなんて~(笑)

しばらく、本を読むだけの心の余裕がありませんでした。
それが、ちょっとしたきっかけで「本読みた~い」モードに・・・

b0082834_2123399.jpg
ずっと読みたかったけど、あまりの分厚さ(→ 見て!)
に購入をためらっていた、レイモンド・チャンドラーの
「ロング・グッドバイ」(村上春樹訳)をついにGET(^^)v

ついでに・・・先ほどネットで、いつの間にか出ていた
鴻上尚史さんの新刊「醒めて踊れ」もポチッと購入(^^;


これから秋の夜長は読書・・・おススメの本があれば教えてくださいまし~m(_ _)m
[PR]
Commented by RAN at 2007-09-27 02:07 x
あ~れから~ な~んねん~ 経ったのか~し~ら~♪

・・・え、歌うところじゃない?(笑)

「ロング・グッドバイ」、所謂「長いお別れ」ですね。
こちらは、清水俊二氏訳のタイトルですが。
はて、それこそ、読んでから何年経ったのかしら~♪ です・・・(^^;)
春樹さん版では、マーロウがどんな感じに描かれるんでしょ?
うんぎゃる殿の読後感想が楽しみでござる。

えーと、単行本でその厚さなら、文庫本より若干はマシです。
単行本は紙が分厚いせいか、文庫本より厚みの割に頁数が少ないっす!
文庫本でこの厚さなら、有に千頁はありますよ!!
・・・って、思ってるのは私だけだったりして・・・?(*_*);;
Commented by ungalmatsu at 2007-09-27 21:30
★RANさんへ
タイトルで歌うくせは、RANさんのがうつったのだと思われますが(笑)

所謂「長いお別れ」の方は、私、読んだことがないので
これが、初フィリップ・マーロウなんでございます・・・
まだ冒頭部分ですが、既に物語りに惹き込まれてます(^^;
が!読み終わるまで、首をなが~~~~くしてお待ちくださいませm(_ _)m

ちなみにこの分厚さで、579ページ。
目の前にあった文庫本の「続・白い巨塔」がこれより薄くて680ページですから(@_@;
・・・・・がんばって読みまする~p(^^)q
by ungalmatsu | 2007-09-26 21:37 | 本を読む | Comments(2)