『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

箸をわらび餅で

タイトルの意味は二人にしかわからんでよろしい(笑)

b0082834_11275086.jpg
ham2さん、RANさんとの大阪珍道中・・・
新居浜発のham2さんとは岡山駅で難なく合流。
RANさんは江坂駅での待ち合わせ前に、
自分のいでたちを事細かに
メールしてくださいましたが
1年で顔忘れたりしませんて(^^;
一方の私は、豪雨の皆生以来、
一切のトレーニングをしていなかった去年と比べ
格段に黒いのでずいぶんイメージが違ったみたい。

江坂駅で無事合流後、
(一部)コータローさんゆかりの地めぐりは
RANさんに「大阪合衆国入国許可証」をいただいてスタート!
のっけからこてこてやがな(笑)

以下、ライブレポより長いです・・・





江坂駅6番出口まん前のビル5階にあるのは、あの(!)ドルフィンギターさん(^^)
エレベーター降りたとたん、目の前には中古ギター!
おそるおそる中に入ると・・・ギターばっかり~~(当たり前やん?!)
狭い店内にギッシリとアコギ&ウクレレ、新品から中古、ビンテージ物まで、
もちろんお値段もピンきり・・・
店のお兄さんは、特に寄ってくるわけでもなく「ご自由にどうぞ」という感じなので
心行くまで見せていただきました。
さすがに「弾かせてください」とは3人とも言えず(笑) ネックを触らせてもらうくらい。
目の保養になりましたわ、ホンマに・・・
イサトさんや住出さんなど、アコギ大御所のCDやタブ譜もたくさんあって目がウロウロ。
ここにもおいしいお塩ネタはあったけど、それはRANさんがレポしてくれるものと期待しております。
(8月14日追記 やはり律儀なRANさんが、このネタだけで記事を(笑) → こちら )
b0082834_11564080.jpg
結局私が購入したのは、
ピック3枚と
ranai×伍々慧(ごごさとし)の
シングル『夕暮れ日和』
押し弾きにもゲストで出たけど
めっちゃええねん!これがまた♪
(ranaiのHP → こちら
そしたら、会計の時、
「今度ここでインストアライブが
あるんですよ。」やて~!
9月10日?!あ゛~ん無理(泣)
RANさんはぜひ、
行ってくださいまし!

このCD、伍々くんのギターインストの『夕暮れ日和』も入ってます。
コータローさん、イチオシです♪ (CDジャケにもメッセージ入り♪)


b0082834_14575419.jpg
江坂でランチした後、御堂筋線で難波へ移動・・・
している途中に
「そうだ!アセンスへ行こう!」ということになり
急遽、心斎橋で下車。
どこまで行き当たりばったりやねん(^^;

アセンスは、コータローさんのCDジャケや
パンフの絵も描いている少路和伸さんが
いつも個展を開く本屋さん。
少路さんの絵本も、ショップではここでのみ
購入できる、というわけで、
ずっと欲しかった「桃太郎」と、
最新刊「かぐや姫」をGET(^^)v
重いけど我慢して持って帰るもん(笑)
この絵本については、また後日、別エントリーで。




b0082834_1504573.jpg
あ、RANさん、
次はとりあえず「こっち」と思った
逆の方へ行って見た方がええかも?!
「御堂筋線の車の流れを見んと方向がわからん」
・・・・まさに同じ匂いが(苦笑)

南海難波駅へ向かう途中、
道頓堀のグリコ看板が
「世界陸上ヴァージョン」になっていたので
田舎モノはとりあえずパシャ!
それにしても人が多い~~~~~!

南海高野線で、のどかな田園風景を見ながら
河内長野へ向かい、ラブリーホールへ
たどり着いたのは開場時間直前の16時半ごろ。
まるで計ったようにベストなタイミング(^^)v
(↑と、他力本願なくせに
    いい気になるところがアカンねや!)

b0082834_15103573.jpg
ライブ終了後は、
もっすご頼りになる
RANさんのお友達のナビ付き(笑)

なんばPARKSにて
4人で晩御飯(^^)
自然食バイキングのお店で
ガッツリいただきました。

これは、最後のデザートのプレート →
ここに至るまで、何枚のプレートがあったかは
4人だけの秘密・・・
まさに、ココロも、カラダも、お腹も大満足の一日でした(^^)
結局、ham2さんと大阪発最終の新幹線に飛び乗り、岡山着がすでに0時・・・

次のオフ会(いや!メインはライブのはず?)は10月の世界遺産劇場です。
チケット一般発売日だった昨日、黒砂糖さんより
「チケット取ってもた・・・」というメールをいただいたときには笑いましたわ(^^)/
みんなで盛り上がるで~~~~♪

ライブはもちろん、コタ友さんたちとこんな楽しい時間を過ごすことができるのも
コータローさんのおかげ・・・コータローさんとコタ友さんに Thank you so much♪
[PR]
by ungalmatsu | 2007-08-13 17:49 | 押尾コータロー