『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

押尾コータロー@河内長野ラブリーホール

行って参りました!!待ちに待った、4ヶ月ぶりのLIVE♪
押尾コータロー アコースティックギターコンサート2007@河内長野ラブリーホール

何でコータローさんのライブに行くと、こんなにココロが元気になるんだろう?
何でコータローさんのライブは、いつもこんなに楽しいんだろう?
ホンマに、コータローさんのライブは、何度行っても飽きることがない!
今日もめっちゃ楽しかった~~!!!

今日は 「えぇぇぇ~~~!!そんなんあり~~~???」のハプニング(?)が
最初と最後に・・・ライブはホンマに一期一会!

RANさん、ham2さんとの珍道中から始めると、ライブレポまでたどり着けそうにないので(苦笑)
それは別エントリーにするとして、まずはライブレポからです(^^;
今回は小ネタは省略しましたm(_ _)m






ダン!ダン!ダン!ダン!
ギターのボディを叩きながら、派手な柄シャツ&ジーンズ姿のコータローさん登場。

「河内長野のみなさん、こんばんは~!
 今日は最後まで楽しんでいってくださいね!
 それでは最初の曲!“翼~you are the HERO~”  1・・・2・・・1,2!」
ジャッジャーン♪シャラ~ン♪    (ん?翼ってこんな音やったっけ?)







ダン!ダン!ダン!ダン!
「もう一度、最初からやります!」  
(えぇぇ~~~オープニングから間違えよった(笑))
「河内長野のみなさん、こんばんは~!」  (やり直すって、そこから?!)
「今日は最後まで楽しんでいってくださいね!
 それでは最初の曲!“翼~you are the HERO~” 1・・・2・・・1,2!」

♪翼~you are the HERO~

「今日は遠くから来てくれた人も」  で、会場から大きな拍手。
「え?そんなにおんの? 河内長野の人もいてるよね?」  
  会場から、同じくらい大きな拍手。安心するお塩くん(笑)

♪オアシス
♪Destiny
♪ブラックモンスター
♪Red Shoes Dance~河内長野ブルース~ベンチャーズメドレー~Red Shoes Dance


赤の間奏から急に歌いだしちゃったよ?!
以下、うろ覚えですがこんな感じでした。「河内長野ブルース」←勝手に名づけた(笑)

  河内長野~ 河内長野~ フッフ~
 河内長野~ 長野県じゃないよ~
 河内長野で有名なのは~ つまようじ~ 
 みんな知ってた~ 僕は今日知りました~

 歴史上の人物で有名なのは~ くすのきまさしげ~
 (台詞)楠正成って聞いたことあるけど、「どんな人やねん?」と頭の中が?マークの人
 大丈夫~ 僕の頭の中もおんなじ~

 河内長野~ 河内長野~ フッフ~
 似てるけど~ 長野じゃないよ~

 河内長野河内長野河内長野河内長野河内長野河内長野・・・
 フッフ~


・・・・・もう大爆笑!
しかし、先日teruさんが「河内長野はつまようじの生産量が日本一」とコメントくださっていたので
思わず「て、teruさん!大変!」と叫びそうに(笑)

続いて、「夏といえば海!いや山でもええんやけど」(どっちやねん?!)ということで
ツアー@香川でもやった、ベンチャーズメドレー♪
手拍子はモチロン、強制的に(笑) ン、チャチャ、ン、チャ♪
最後はまた赤に戻って、エンディング。

♪黄昏
♪Merry Christmas Mr.Lawrence
♪TREASURE
♪CHASER

 
『TRESURE』の紹介では、「DVDまだ持ってない人・・・・・借りるより買おう!」
    (言われてまっせ、RANさん(笑))

♪Dancin'コオロギ~1人メンバー紹介
ベース~エレキギター~三味線~フォークソング~コール&レス~ドラムス

エレキギターのハウリングでは、会場から「もうええで~」の声(笑)
それでもやる39歳(^^;
三味線は、先日のちんじゅであがっちの指導を受けたんやろか?!今までと違う!
フォークソングの入りは ♪Em~Am~B7の暗~いコードと共に照明も真っ暗に(笑)

♪サバンナ
♪Brilliant Road
♪HARD RAIN

盛り上がり、最高潮~!『HARD RAIN』のラストは3回まわっとった(^^)

EC1 ♪Big Blue Ocean
もちろんWAVEあり(^^)

そして、最後の曲紹介をしようとしたところ、(おそらく2階席から)男性の大きな声が・・・
   「ボレロやって~」 

「え?ボレロ?」  と言いながら、ボレロのメロディを探して弾くコータローさん

  「ボレロが聴きたいねん!」

「押尾コータローの曲の特徴を紹介すると、オープンチューニングというのがあって
 例えば『ボレロ』と『ウルトラマン』やったらチューニングが違うねん。
 このチューニングでボレロをやったらえらいことに。」
            (そこで比較するのが、何故に『ウルトラマン』(笑))

  「ほな、ギター替えてボレロやって~」 (そこまで言うか?)

「どうしてもボレロやないとアカンのん?」

  「ボレロ聴けたら死んでもええわ~!」

「そこまで言われたら、最後の曲、紹介しにくいな。」

え?!ホンマにチューニングを変え始めた・・・ま、マジで・・・・?!
(後で聞いたところによると、最後の曲は『あの夏の白い雲』のはずだったので)
DADGADから、CGCGBEへ?チューナーもなしで?
こんなシーンを見れることなんて、まず、ない。ものすごい真剣な表情・・・

そして・・・
「それでは最後にラヴェルの『ボレロ』、聴いてください。」
EC2 ♪ボレロ

セットリストをその場で変えるなんて前代未聞!?しかもラストの曲で!
この『ボレロ』は、コータローさんの“意地”というか、“ギタリスト魂”というか
何と言うか、とにかくものすごい迫力でした。
こういうハプニングは、正に(ツアーではない)ライブならでは?
最後に『あの夏の白い雲』で終わりたかったコータローさんの思いもあるだろうけど
こういうのもアリなんかな、と私は思いました。
それをやっちゃったコータローさんてスゴイ、と・・・
それにちゃんと合わせてしまえる、エンジニアの片石さんや、照明の今井さんもスゴイな、と・・・
ま、感じ方は人それぞれかも知れませんが(^^;


終わってみれば、きっかり(ホンマにきっかり(笑))2時間!
今日も楽しいライブでした♪
とりあえず、ライブレポはこの辺で・・・続編は「珍道中!?」


***8/14 こっそり(笑)追記***
RANさんのレポは → こちら
[PR]
by ungalmatsu | 2007-08-13 03:08 | 押尾コータロー♪Live