『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

伊坂幸太郎 『チルドレン』

眠れぬ夜は、覚悟を決めて本を読んだりします。
読んで眠くなる本を選べばよいのに(笑)、 昨夜はこの本を再読。
b0082834_2125035.jpg

『チルドレン』
  伊坂幸太郎 著
     (講談社文庫)




5つの短編に共通するキーパーソンは「陣内」。
この男がまことにヤな奴で(笑)
行動は突飛だし、言ってる事はめちゃくちゃだし、
信じられないくらい自己中心的だし、
非常識だし・・・

ホントに近くに居たら振り回されて大変だろうなぁ、と思う奴の起こす奇跡が・・・・なんとも爽快♪
短編集のようで、読み終わってみると見事に一つの長編になっていることに、またびっくり!
そして長編の主人公は、いつの間にやら「陣内」に。
毎度の事ながら伊坂さんにはヤラレっぱなし(^^;

で、ふと気になって1編目の「バンク」で銀行強盗の人質になっている時、
陣内が歌ったビートルズの歌はなんだろうと思って調べてみたら、
『HEY JUDE』なんですよね?きっと。
だとしたら、陣内はやっぱり魅力的な男かも知れません。
だって、この歌の歌詞は・・・・

Hey Jude, don't make it bad
Take a sad song and make it better
(悪くばっかり考えないで 哀しい歌だって気分次第で楽しくなるさ)

一番好きな4編目「チルドレンⅡ」の“奇跡”に負けず劣らずステキな場面です。
何だか騙されたような気もするけど、読むと元気になる本としておススメです!
[PR]
by ungalmatsu | 2007-06-21 21:28 | 本を読む