『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

不幸中の幸い

昨日のマラソン大会でのこと。
26キロ地点あたりで男性ランナーが倒れていた。
私が通りかかったのは、おそらく倒れた直後で、すでに意識はなく、
同じランナーの男性2人が心臓マッサージと人工呼吸を行っていた。
気付いた大会スタッフが何人か駆け寄って来ながら救急車の要請もしていたので
気になりながらも現場を後にしたのだが・・・

今朝、その男性ランナーが一命をとりとめたと聞いた。よかった。本当に良かった。
何でも、心臓マッサージを行っていたランナーがドクターだったとか!
その大会の出場選手の中にドクターがいる可能性も然ることながら
そのドクターが倒れたランナーの近くを走ってる確率なんてないに等しい。

まさに“不幸中の幸い”

もしかしたら「幸い」という言葉は不適切なのかも知れない。
だけど、どんなに悪い事だって、そのタイミングでまだよかったと思えることがある。
もっと悪いことにだってなり得たのだ、と・・・
そう思えたときが、きっと、現実に起こってしまったことを受け入れた瞬間。
亀だってウサギに勝てる(^^)v
[PR]
Commented by きんた at 2007-04-17 01:14 x
私も気になりながら、その場を離れていました。本当に良かったです。

昨日は、何度もうんぎゃるまつさんの姿を拝見し、声を掛けて頂き、コップ付きキャップに、流石じゃ!と思いつつ。うんぎゃるまつさんの走りを拝見、いや勉強させてもらっていました♪
同じ時間、同じ場所を、沢山の仲間と走って、共感出来た素敵な時間でした。
本当にありがとうございました(^O^)/
Commented by ハロハロ at 2007-04-17 21:33 x
これもまたフルマラソンという過酷なレースの現実だよね。
昨日と同じ記事関連とはいえ、こういうことをしっかりと
正面から伝えるあなた。
ウンギャルマツくんのレースへの姿勢を感じ取れた。

でも、本当に助かってよかったですね。
Commented by 疑初心者 at 2007-04-17 21:52 x
一命をとりとめたんですね!!良かったです!
当日は救急車の音は聞いたんですが、翌日の新聞を見てビックリでした。  なんせ初フルマラソンだったので自分でいっぱいいっぱいでした。

ゴール時、うんぎゃるまつさん達から「お帰り~」と声を掛けていただき
顔を見た瞬間ワァーっと涙が溢れ出し想像以上に感動的なゴールで
忘れられない大会になりました。ありがとうございましたm(_ _)m
また、来年も走りたいと思いました☆
myカップ運動も広めて行きましょう!!
Commented by ungalmatsu at 2007-04-17 23:06
★管理人レスです!
>きんたくんへ
お疲れさまでした!
ああいう場面で何も出来ない自分が歯がゆかったけど
助かって本当によかった・・・
今回はホントに何度も会ったね~!
きんたくんの決断も正しかったと思います。
最後いっちばんキツイところで応援してくれてありがとう(^^)
おかげで最後まで走りきることが出来ましたm(_ _)m

>ハロハロさんへ
実際に目の前で起こると、本当に何も出来ない自分がいました。
こういうことはニュースになり易く、
物事の悪い面だけがクローズアップされるような感じがするけど
選手として出る側の私たちも知っておかなければならない現実です。
だから・・・助かって本当によかった!それを聞いた瞬間、心からそう思いました。

>疑初心者さんへ
お疲れさまでした!初フル、完走おめでとう!
初、でなくてもフルマラソンは自分でいっぱいいっぱいです(苦笑)
でも、疑初心者さんが帰ってきたのを見たときは
ほんっとにみんなで大喜び(^^)
「また来年も走りたい」という言葉が何よりうれしいです。
myカップ運動のキャンペーンもよろしくね!
by ungalmatsu | 2007-04-16 22:20 | トライアスロン | Comments(4)