『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

塩谷哲と音楽仲間たち

確か3月にNHK BS-2で放送された
「塩谷哲と音楽仲間たちライブ  ~ピアノvsボーカル~」  やっと全部見れた~♪
毎年年末にやっている「Saltish Night」というイベントの10周年ということで
去年のゲストはボーカルが矢井田瞳、手嶌葵、佐藤竹善!
ピアノが松本康一郎(Scoop On Somebody)、そして小曽根真!すごい!!

ピアノとボーカルだけというシンプルなステージでは、SALTの魅力満載(^^)
でも、それだけじゃない。
相手が誰であろうと音楽性を認め、その魅力を最大限に引き出してしまうSALTの力(^^)
2006年で最初に決まったスケジュールが、年末のこのSaltish Nightだったというヤイコも
独特の世界を持つ手島葵も、
「やっぱりこの2人は最高!」と思う、竹善さんとのSALT&SUGARも、
あのステージの上はきっとめっちゃ気持ちいいんだろうなぁ・・・と思わせてしまうくらい。

そしてピアノ×ピアノ。
先日NHKBS「シブヤらいぶ館」の放送で見た小曽根真×塩谷哲のセッション再び!
これに竹善さんのボーカルが入ったときの、世界の広がり方もすごかった・・・

今回聴いた中でのイチバンは、松本康一郎とのピアノ2台による『amanogawa』
インストなのに伝わってくる恋の切なさにググッと来るアレンジだったけど
途中のハッとするほど情熱的なフレーズ・・・
SOSの原曲にも、竹善さんのカバーにもなかった・・・
そうだ!この歌の切なさの裏には、こんな熱い気持ちが隠されているんだ!ヤラレタ・・・

「アンサンブルの基本は、心を開くこと」というSALTの言葉も印象的だった。
余計な言葉は必要ない。これはきっと音楽以外にも言えること。
でも改めて「音楽の力ってやっぱりすごい♪」と思った番組でした(^^)/


やはり“お塩”に敏感なSALTのブログもおもしろいぞ
    → 塩谷哲の「先に言っとく、まめに更新しないぞでもたまにはきてね日記」  ながっ(笑)
[PR]
by ungalmatsu | 2007-04-07 23:19 | 音楽あれこれ