『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

押尾コータローツアーファイナル その4

押尾コータロー ツアーファイナル@東京国際フォーラムC
「感動のライブレポ」 続編
b0082834_20464942.jpg
昨日、岡山も開花宣言されました。なんてタイムリー!
職場のあたりのはまだまだ先だけど、桜茶なんていいかも・・・

というわけで、長いレポの続きです(^^;



♪星砂~金色に輝く砂浜 の次から・・・・

♪Merry Christmas Mr.Lawrence
口をキュッと結んで弾くこの曲や『ボレロ』なんかは、何度聴いても鳥肌モノ!
こういう時の、しんっっっと静まった会場の雰囲気もすごく好き。

♪Purple Highway
ここでパラパラとStand Up・・・えぇ~い、今日が最後だ!立ってしまえ~(^^)v

♪Dancin'コオロギ~1人メンバー紹介
ここで自然に客席ほぼ総立ち! ええぞ~(^^) 他では座ったままのダンコロあったからなぁ・・・
onベース
客席練り歩き。ハロハロさんの「コータロー!」の呼びかけにちゃんとうなづくコータローさんを見て
先日の「顔、でかっ」を思い出し、1人でツボにはまってしまった私。だってぇ~(笑)
健ちゃんの前の通路を通って2階へ。健ちゃんも立ち上がってノリノリや~!
扉から出て行ったコータローさんが、なかなか2階に現れず・・・
イジクリマン片石さんもクール今井さんと顔を見合わせて首をかしげたりしている・・・どうした?!
やっと登場した姿は、私たちの席からは全く見えず。で、えぇと、そのリフは『Friend』ですか?!
2階onlyのコール&レスは今までとちょっと違ってた(ようだけど、思い出せません(苦笑))
でも健ちゃんもちゃんと「Hey!」って叫んでた!ええ人やなぁ(^^)
3階席の様子も全く見えないけど盛り上がってる。再び1階に戻ってきて『ウルトラマン』 
ン、チャチャ、ン、チャの手拍子もみんなバッチリ(^^)v

onエレキギター
ハウリングさせるときのうれしそーな顔は、とても39歳には見えません(笑)
3回目に全く鳴らさない時と、ちょっとだけ鳴らしてすぐ音を切る時とがあるのは、片石さんの気分次第??

on津軽三味線
前日は、これを忘れそうになったというからびっくり。
その分(ってこともないだろうけど)
「いつもより多めに弾いております」が、今日はホンマにいつもより多目でございました~。

onフォークギタリスト
方言コーナー(というのか?)は江戸っ子で
「てやんでぃ!押尾はピックなんか使わねぇじゃねぇかよ!」(← だったっけ?自信がないっす)
で、『チャンピオン』はいつからフルコーラスで歌ってくれなくなったんでしょう?
今日も「あぁ~」の後にあれだけ間があったのに・・・ピック投げちゃった~(T_T)

コール&レス
男子ヴァージョンは大サービス?! 
「おいっす~」「とぉ!」「へんしん!」「てやんでぃ!」「べらんめぇ!」まで(笑)
女子ヴァージョン 「っていうか~」「だよね~」って力入らんし~(苦笑)
ま、暴走はせず、といったところでしょうか(^^; やっぱりTVがあるから?

締めはonドラムス!

♪HARD RAIN
前日は「ふがいないHARD RAIN」だった(あわわ・・・)というから驚き。
いったい何があったんだろう・・・
ライブが始まる前に「エンディングで犬みたいに(コラコラ!)クルクル回ったらノってる証拠だよね」と話してたので
回った瞬間に、「回った!回った!」と大喜び!何か違うような(笑)
いやしかし、今日はノリノリのHARD RAIN♪で、気分は最高潮(^^)

めっちゃいい雰囲気で最後の曲紹介。


が!
ここでなーんとお塩くん 『セピア色の写真』と言ってしまった・・・・・・・・それはもうやったやろ!!
すかさず「えぇ~~~~~~~~~~~~」のブーイング(愛はこもってるのよ(笑))と
「がんばれ~~~~」コール!ホンマ、がんばれ(笑)
お塩くんもTVクルーに向かって「今のん、テープ巻き戻して。」とお願いしたりして(笑)
仕方がないので(?)「そう!今日のライブはTVで放送されるんです!」と開き直り
カメラに向かって「TVをご覧のみなさ~ん」と呼びかけておきながら
「カットされんねやろな」と自分ツッコミ(笑)
(あれ?これはアンコールの時だったっけ・・・・??)


気を取り直して・・・
♪あの夏の白い雲
コータローさんにとっての「あの夏の白い雲」はギターばっかり弾いてた高校時代。
「あの時があるから今がある」と言って弾きはじめたこの曲は、終わってしまうのがもったいなくて・・・
コータローさんも会場もたぶん同じ想いだったんだと思う。
ギターの一音一音に、そして音と音の間にも、心のこもった1曲でした。



《アンコール》
今日はガチャピンチックな(笑)緑色のシャツで登場!(ピンクもブルーも派手やけど!)
「本職のカメラマンがおるから、このカメラいらんのちゃうか」とブツブツ言いながら
今日でウェーブも完結。32公演分のウェーブは、どんな形でDVDに納められるんだろう?

♪Big Blue Ocean
アルバムのライナーノーツには
「どこまでも広がる青い大海原。僕を乗せた船は、波しぶきをあげて突き進んでゆく。
行く先には何が待っているか分からないけど、とにかく僕は進んでゆく。
どこまでも、どこまでも。」

この曲にどれだけ背中を押してもらったことか!
やっぱりこの曲を初めて聴いた時から、私の人生の色も変わり始めてたんやろなぁ(^^)

♪Brilliant Road
イントロ前にいきなり♪ラララ ラーラーラララー♪と歌いだすコータローさんに合わせ、客席も大合唱!
もうコータローさんはウルウルきちゃってるみたいで、客席の練り歩きもそそくさと・・・

「ありがとう!」コールと「コータロー!」コールの嵐を、しばらくの間うれしそうに聞いた後
ぽそっと「全部うれしい・・・」
これまでだったら、ここで最後のMCだけど
「今度は僕から、愛を込めて・・・」と短く言った後、言葉にならなかったみたいでマイクを押しのけ
いつもより長い長い間・・・そして最後の曲。
♪Indigo Love
この曲が終われば、このツアーが終わってしまう。
その瞬間を少しでも先に延ばしたいかのように、ひとつひとつの音を丁寧に、いつもより長く音をためて。
言葉なんてなくても、十分すぎるほど届いてたよ・・・

おじぎをしたまま、いつまでも顔を上げないコータローさんに
拍手は鳴り止むどころか、次第に大きくなっていって、客席で聞いていても気持ちいいほどだった。
アンコール終了時点で、ちょうど3時間。そんなに長かったっけ?
そして、「もしかして」の期待を込めた手拍子。誰も帰ろうとしない。時計とにらめっこ。まだ間に合う・・・

《Wアンコール》
まず、ステージを支えるスタッフへ感謝の言葉。こういう姿勢がコータローさんらしいところ(^^)
会場からも「チーム押尾」へ惜しみない拍手を送る。
「もう1曲やってもいい?」といって最後の最後に聴かせてくれたのは、
♪桜・咲くころ
どうしよう?でも、まだ間に合う・・・お願い!この曲、最後まで聴かせて!
桜の咲くころは、別れの季節でもあり、始まりの季節でもある。
このツアーはこれで終わるけど、新しい航海は始まったばかり・・・
そんなコータローさんの想いがぎゅっとつまってたような気がする。

最後の音が消えた瞬間、幸せな気持ちで会場を飛び出した。


押尾コータロー コンサートツアー2007 “COLOR of LIFE” 終了





約2ヶ月、32公演、ひとりでステージに立ち続けたコータローさん、
そのコータローさんを支えるチーム押尾のスタッフ、
大事なコタ友さんたち、一緒にライブを楽しんでくれた初コタのみんな、ありがとう(^^)
おかげでめっちゃ幸せな時間を過ごせました!

これからもついて行くで~!
[PR]
by ungalmatsu | 2007-03-27 22:47 | 押尾コータロー♪Live