『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

映画『それでもボクはやってない』

映画を見るのは久しぶり。
他にも見たい映画がたくさんある中、これだけはどうしても見たかった
周防正行監督『それでもボクはやってない』を見てきました。

満員電車の中で痴漢に間違われて逮捕された若者が、否認を続けるうちに起訴され、裁判が始まる・・・
映画はまるでドキュメンタリーのように進みます。
無実なのに有罪になることもあれば(冤罪)、無罪でも無実とは限らない。無実≠無罪
一見、被告に有利な証言も、言葉の使い方ひとつで全く違うものになってしまう怖さ。
ある弁護士の「裁判の現実を知っていたら、無責任に“戦え”なんて言えない」という言葉が印象的でした。
現実の裁判では正義の味方が助けに来てはくれないのです。
時間もかかれば、お金もかかる、本人はもちろん支える人たちの精神的な負担だって相当なもの。
そして、忘れがちなのが裁判官も人間であるという事実。

2009年までには裁判員制度が始まります。
でも、全く面識の無い被告人を見て、もしそれが生理的に受け付けないタイプの人であったら
そして罪状が痴漢であったら、あなたは冷静な判断をすることができると思いますか?

笑いのエッセンスもちりばめられていて、2時間半を長いとは感じませんでした。
主人公を演じる加瀬亮さん、妙な存在感のある俳優さんですね。
時間があれば、ぜひ見ていただきたい映画です。
明日裁かれるのは自分かも知れません。
[PR]
by ungalmatsu | 2007-02-06 22:00 | 日々の生活