『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

中孝介「なつかしゃのシマ」

私のイチオシアーティスト」なんて言っておきながら
発売から1週間以上もたって、ようやくGETしました(^^;
中孝介 ミニアルバム 「なつかしゃのシマ」

奄美の方言で「なつかしゃ」という言葉がある。
標準語で言う「懐かしい」という意味だけでなく
心の琴線に触れたとき、心を動かされたときに使われる言葉。
それは、愛する人を想ったとき
それは、故郷を思い出し、郷愁の念に駆られたとき
それは、素晴しい音楽に触れたとき
それは、素晴しい風景に触れたとき。

(“なつかしゃ写真館”のページより)

b0082834_1830128.jpg
5曲目の『ホノホシの風』には
実際にホノホシ海岸で収められた
波の音が入っています。

ホノホシ海岸・・・そこは砂浜ではなく
黒潮によって洗われ丸くなった石の海岸。
波が引いていくときに石と石がこすれあう音は
何時間でも聞いていたいほどでした。
明日命が尽きるとしたら
その前にもう一度訪れたい・・・
それくらい心に残っている場所です。

そして、インディーズアルバム「マテリヤ」とは違うヴァージョンの『家路』
これからもずっと大切に歌い続けてくれるでしょう。

♪ここへ戻っておいで 君の休まる場所へ
  相変わらずの笑顔で
   明日を恙無くすごせますように


「相変わらず」って実はとっても幸せなことなんだ・・・私はこの1年で心からそう思うようになりました。
心の奥深いところへすーっと入ってくる、彼のなつかしゃ歌声をあなたへも・・・
[PR]
by ungalmatsu | 2006-10-19 20:18 | 音楽あれこれ