『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

押尾コータローLIVE@ユープラザうたづ♪

行って参りました!
押尾コータロー アコースティックコンサート2006
                 @ユープラザうたづ ハーモニーホール


毎回言ってますが、やっぱりコータローさんはライブが一番なのです♪
コータローさんのギターには、人を幸せにする力があるのです♪

今回は、まず、会場に入ってびっくり!
「ス、ステージが近い・・・」
1列目からステージまでの距離が1mほど。ステージの高さも80cmくらい。
おまけに私の席はステージから降りてくる階段に半分かかっている・・・・

ということは、コータローさんが私の前まで来れば、座っていても手が届きそうな距離なわけで
ということは、立ったりしたら、もう手が届くところにいるわけで
ということは、『Dancin'コオロギ』の時に、私のまん前を通るわけで
・・・これが緊張せずにいられますか?! ど、ど、ど、どうしよう(^^;

そんなわけで、至近距離でコータローさんと目が合うこと数十回(勘違い含む)
『Dancin'コオロギ』では、通り道をあけたものの、もう少しで触ってしまうところでした。

そして、終演後のサイン会。
(コタファン以外の方に今さらながら説明いたしますと、ライブ会場でCDもしくはDVDを購入した
先着50名に対し、ライブ終了直後のコータローさんがサイン&握手をしてくれるのです。
あんなにメジャーになっても、です。そのためにファンは開場の何時間も前から並び、
既に持っているCDをまた買うことになります。それでも、コータローさんと1対1でお話できる魅力には
替え難いのです。これ、いつまで続けてくれるのかなぁ・・・)


ライブ中より、さらにドキドキしながら、ついに私の番!言いたいことは山のようにあった!
が!いきなり「今日は一番前で・・・・ありがとうね」

「!!!!!」すっかり、舞い上がってしまい、何を話したやらほとんど忘れてしまいました( ̄□ ̄;)!!
とりあえず最後は
「次のツアーも絶対来ますから!ずっとついて行きます!」
しっかり両手で握手してもらったことは確かです(^^;
その後しばらく手が震えて、メールもまともに打てませんでした(苦笑)

また忘れられないライブになりました・・・



肝心のライブレポ♪

セットリストは調布と同じでしたのでteruさんのレポ(→こちら)を参考にさせていただきましたm(_ _)m
曲に関するMCなどもほぼ同じなので、「うたづ」ならではの部分をレポしたいと思います。
ただし、最前列というポジションのため、ほとんどコータローさんとギターしか見ておりません。
何てったって、ギターの傷まではっきり見える距離でしたので・・・
ちなみに、イベント以外では今日が初の香川県ワンマンライブでした。

♪Departure
「初!うたづでございます!
今日が“初!押尾コータロー”という方、こいつはいつになったら歌うんやろうという期待はしないでください。
今日は全編 インストルメンタルでございます!」

♪Chaser
♪SPLASH
♪Friend


「香川といえば・・・ライブで来るのは初めてですが、遊びには来てるんですよ、うどん食べにね。
大阪から車で2時間くらいで来れるし。“山越”という店に行ったら、これがウマイ!1杯150円くらいで・・・え?100円やった?いや、150円くらい・・・って誰としゃべってるんやろね(笑)
で、食べ方としては“かま玉”がウマイ!これやったら家でできるんちゃうかと思ってやったけど違うんやね。」

やはり最初はうどんネタでした(笑)
ここから『ご当地ソングコーナー』(?)へと続く。
「今日は電車で来たんですけど。岡山まで新幹線で、そこからマリンライナーに乗って・・・
でね、その車内でなんか音楽が流れてるんです。これが『瀬戸の花嫁』
僕らのころは結婚式の定番ソングで。」
おいおい、何歳やねん!
「結婚式、ホテルなんかでも花嫁さんがいると見てしまいますよね。
ええなぁ、純白のウェディングドレス。それに比べて男は地味でね。派手な花婿っていない・・・・・
それでは未来の花嫁に送ります(笑)」

??? あまにりしみじみ語るコータローさんに思わず大笑い。

♪瀬戸の花嫁
これ、こんなにいい曲だったっけ?と思うくらいのギターアレンジでした。
しっとり系からフィンガー・ミュート系へと曲調が変わり、最後はまたしっとりと。

続いて、「うたづで聴けるかどうかわからないんですが」と断って
MBSラジオの「押し弾き」の「まかせんかい!アレンジャー!!」コーナーの話へ。
宇多津でも聞こえてんのかな?客席からの反応はなかったです。
ラジオでもいつも言ってるように「ネットでストリーミング配信されてるけど、
曲を演奏する前後がええねん!弾けるかな、みたいな緊張感とか」

そして、なぜか今日の選曲は
♪スーパーマリオブラザーズメドレー
六弦六夜の最終日でもやったけど、コインの音とかとにかく芸が細かい(笑)
でもって、得意そうな顔して弾くコータローさんがかわいい。ものすごくうれしそうだし(^^;

ここで、11月29日(=いい肉の日!)発売のNewAlbum「COLOR of LIFE」の紹介。
オフィシャル発表後ということもあってか、ものすごくうれしそうでした。
そういえば、今日のコータローさんはものすごくのびのびと演奏しているように見える。
(その代わり?MCはいつも以上にカミカミでした~)
レコード会社移籍について公表できない日々が続いていたり、
オフィ発表前にスポーツ紙にすっぱ抜かれたり、きっといろいろ大変だったんだろうなぁ。
そんな事がやっとクリアになったからなんだろうか・・・ギターの音もすごく伸びやかに聴こえる。
そして、来年から始まるツアーの話も!
「今日が初香川ライブですが・・・次のツアーでも来ます!
2月18日、香川県・・・香川県民ホール?え?そんなとこ知らん?でも、とにかく来ます(笑)」

香川県県民ホール・アクトホール、が正解です、コータローさん。行くで、行くでぇ~
で、そのアルバムからの新曲を。六弦六夜の時にはno titleだった「あったかくなれる曲」
♪Indigo love
KOTAPA会報のインタビューで
「みんなそれぞれ悩みを持っていて、もちろん僕も持ってて、そんな気持がちょっとでも晴れる曲って
どんな曲なんかな?そんな事を考えるようになりました。」と言っていたのを思い出しながら聴いていました。
コータローさんの曲には、今までだってそうだけど、そういう力があります。

♪Merry Christmas Mr.Lawrence
♪翼~you are the HERO

ここでSTAND UP&「伸び~」
♪サバンナ
いつもの男女別コール&レスポンス!今日は男の方が熱かった!
でも男性は「オッス」「オイッス」止まりだったのに対し、
女性は「うっふ~ん」「いや~ん」「ばか~ん」「あほ~ん」までやらされたけど(苦笑)
♪Dancin'コオロギ~ひとりメンバー紹介
ベース~エレキギター~津軽三味線~フォークソング~ドラムスの順。
onベースの時、上手側の階段を下りて、客席最後部まで周り最後に私の目の前を!!!
その距離は、たぶん今までで一番近かった~!!!
フォークソングではもちろんアリスの『チャンピオン』(^^)/
今日も「もっと歌って~」の声がかかり、もはやワンコーラス+♪ライラライ合唱は定番になりつつあるのかも・・・
ギター練習曲でもあるので、この時ばかりは、ギターに目がくぎ付けでした。
真っ赤なタカミネのギター、ネックに入ったコータローさんのサインまでバッチリ見えました!
♪HARD RAIN
この曲の迫力は、聴くたびに増していくような気がする。いつ聴いても、とにかくカッコいい!!
なりやまない拍手は、アンコールを求める手拍子へ・・・

アンコール
♪Big Blue Ocean
アルバムからの新曲。
この前の「押し弾き」で雑音交じりで聴いたけど、これはライブ映えする曲!惚れました!
♪Brilliant Road
この曲に限らず、何度も何度も「必ずまた“うたづ”に来るからね!」
teruさんのレポにもあるように、この2曲はコータローさんの「前へ進もう」としている今の気持なんだろうな。
その気持ちを受け止めた(と思う)会場の拍手はまたしてもなりやまず、コータローさんの目はウルウルに・・・
ぼろ泣きではなかったけど(江南や調布ではぼろ泣きだったのですよね?)、言葉に詰まりながら
「“ずっと”こうしていたいな、って。嫌いな人とだったら1分でも長く感じる電話でも、
好きな人とだったら何時間でも“ずっと”しゃべっていたい、みたいな。
“ずっと”ってあいまいな言葉だけど、そんな気持を曲にしたことがあります。」

♪ずっと・・・
インディーズ時代のバラード。KOTAPA限定ライブの時もこれがラストでした。
あの時とはまた違う「ずっと・・・」の意味。
今回、この曲がラストだと、ライブの前から知ってしまっていたけれど、それでもグッときました。
あ~泣いたら見えへん、と思いながら。

最後の音が消えると・・・スタンディングオベーション!またコータローさんもウルウルに(^^;
「ありがとー」とマイクを通さずに何度も叫びながら、ステージから去っていきました。

めっちゃあったかい気持になったライブでした。
コータローさん、ありがとう。
ギターを弾くときのあの笑顔が今日も見られて幸せでした。
コータローさんがギターを引き続ける限り、私達はずっとついて行くよ。

そして、「初の最前列」で緊張する私に(←お前が緊張してどうする?!)
「ちゃんと見てくるように!」と励ましの?メールをくださったコタ友さんたちにもありがとう!
来年1月から始まる次のツアーでは、コタ友さん達に会うのも大きな楽しみです!

もっともっとたくさんの人に、コータローさんのライブの魅力を知ってもらいたい!
[PR]
by ungalmatsu | 2006-10-16 03:05 | 押尾コータロー♪Live