『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

うずまき猫のみつけかた

b0082834_10433073.jpg
『うずまき猫のみつけかた』
村上春樹 著


村上春樹さんの小説は何度も何度も何度も
読み返すくらい大好きなのですが
語ると長くなるので(笑)、今回はエッセイをご紹介。


ハルキさんは、フルマラソンを3時間30分くらいで走っちゃうような人で (当然私より速い)
誰にも話しかけられないですむからといって、プールで黙々泳ぐのが好きな人で
トライアスロンもやっちゃうような人なんですが (って皆さん、知ってました?)
それより何より、無類の猫好きでいらっしゃいます。
ま、今回、数あるエッセイの中からコレを選んだのは
「コウタロー」という猫が登場するから、というだけの理由なんですが・・・
ちなみに、人んちの猫に勝手に名前をつけてかわいがってしまうハルキさんなので、
コウタローの本名は「モリス」といいます。(ケンブリッジ在住中のエッセイ)
んでもって、ハルキさんのコウタローに関する記述は
すこぶるヒドイので (愛のあるヒドさですけど)
「コータロー」と名の付くものを、溺愛されている方は読まない方がよろしいかと(笑)
(それでも気になる方は 下方をClick)
その他、ハルキさんのマラソンに対する記述は、うんうんとうなずくことが多く、おもしろいと思います。

b0082834_12443981.jpg
今日は、何年かぶりにパンを焼いてみました。
ものすごく久しぶりなので、できばえには不満が残る・・・
でも、ま、焼きたてはそれなりにウマかったです(^^)

っていうか、焼きたてでマズかったら食われへんがな(苦笑)
そんなパンを焼いたこともあるけどな。



ハルキさんによる、コウタローの記述とは・・・・

性格は悪くない。愛想もけっこういい。
とはいっても、きっと近所の雌猫たちのあいだでは、
その男性としての評価はそれほど高くないだろうと容易に推測される。

いつもはごろごろ転がってへそを舐めたり、家人に閉めだされて、
不貞腐れながら玄関の階段に座ってぽけーっと通りを眺めているコウタロー・・・

「あんなさえない猫に関わってると、こっちまでツキが落ちちゃうわよ」と
うちの奥さんに馬鹿にされながらも、顔を合わせるたびに
ついコウタローを撫でて「よしよし」と可愛がってしまう、しがない私である。


b0082834_1342084.jpg
どうです?ヒドイでしょ(^^;?
写真を見る限り、そんなブー猫じゃないんだけどなぁ。
私はこういうコ、好きです(笑)
   
村上春樹さんとコウタロー →

[PR]
by ungalmatsu | 2006-09-14 16:52 | 本を読む