『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

こんなん持ってました

b0082834_1026968.jpg
DAVID BENOIT

「HERE'S TO YOU CHARLIE BROWN
:50 GREAT YEARS!」
('00)








木原健太郎さんのアルバム「be...」の中で、オープニングチューンの『Fly high!』
ライブでもやってくれた『Origin』は、ロスでレコーディングされています。
そのプロデューサーの名前を見て
「デヴィッド・ベノア? はて? どっかで聞いたことあるぞ・・・」
と記憶をたどってみたら、これでした!
このアルバムは、スヌーピーとチャーリー・ブラウンが登場する漫画「PEANUTS」
誕生50周年記念として作られたもの(アルバム発売前に漫画の作者チャールズ・シュルツ氏死去)
・・・らしい(苦笑) ← すべてライナーノーツによる
そのTVシリーズとなると、日本ではあんまり馴染みのないものだし
デヴィッド・ベノアというピアニスト (プロデューサーでありコンポーザーでもある) についても、
私、ほとんど知りませんm(_ _)m

たまに引っ張り出してきて聴くけど、やっぱり聴いてて気持ちのいいアルバムです(^^)
これを聴いて、健太郎さんの前出の2曲を聴くと「あ~なるほど!」って感じ。
音楽ってのは、「あ、これ好きかも・・・」「なんかええなぁ」というレベルで聴けばいいんだよね。

全然詳しくないけど、何かのきっかけでちょっと気に入って買ったCDの多いこと!
で、たまに、こういうつながりを発見したりすると、なんかうれしかったりして(#^^#)
[PR]
Commented by RAN at 2006-08-18 00:45 x
音楽ってのは、「あ、これ好きかも・・・」「なんかええなぁ」というレベルで聴けばいいんだよね。

仰せの通りです~!!
小難しい薀蓄やら理屈は専門家の方にお任せします(^_^;)
本能的な感覚で十分ですよね♪
…というか、知識ないのでそれしか出来ないんですけど(苦笑)。

思いがけないつながり、と言えば…
DEPAPEPEくんのアレンジをしてる中村太一くんは、
私が好きだった頃(いえ、今も一応好きなんですけど(^_^;))の
森山直太朗(直太朗時代も含め)のアレンジをしてたので、
おお、こんなところでも♪
と、嬉しくなったおぼえがあります(^^)

Commented by ungalmatsu at 2006-08-18 21:20
★RANさんへ
たまに「伝染性コタ録巻き戻し症候群」にかかるほど
深入りすることもありますが(笑)
それでも基本は「好き」という本能的な感覚ですよね、ね♪

そう、まさにそういうつながりの発見がウレシイ(^^)
森山直太朗かぁ・・・意外にも(?)未知の世界です。
by ungalmatsu | 2006-08-17 20:05 | 音楽あれこれ | Comments(2)