『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

見えないチカラ

ここのところ、車の中では『マテリヤ』をエンドレスで流しています。
だから、もう何度もくり返し聴いてるはずなのに、ふと思い出したことがあって
今日はボロボロ泣きながら帰ってきました・・・
b0082834_23434561.jpg
亡姉が買ってくれたお守り       →
皆生のランで持って走りました。

走るの好きだったなぁ。
中孝介さん聴かせたらすごく気に入ってくれてたなぁ。
コータローさんの「ハリーライムのテーマ」もお気に入りだったなぁ。

見えなくてもそこにいる。
見えないチカラで私を守ってくれている。だから大丈夫。
[PR]
Commented by RAN at 2006-07-25 23:28 x
最後の2行の言葉に、激しく同意しつつ、
私も8年前に亡くなった大好きな叔父のことを
色々思い出して胸が詰まりました…
そういう存在が心に居る、という事も、大切なことですね。

Commented by mae-ashi at 2006-07-26 09:33 x
"私のお墓の前で泣かないでくだい
 私はそこにいません 眠ってなんかいません"

アメリカに昔からある詩でだれが作ったのかもわからないんだそうです。
同時多発テロの時に少女がこの詩を朗読する場面が放送されたらしく
とても印象的だったそうです。
この詩を和訳し曲を付けたのを偶然聞いて出だしのこの部分が耳から
離れなくなってしまいました。
まさに最後の2行の言葉を亡くなった人から言ってくれる・・・
見えないチカラを実感できるような・・・
すごく前向きな詩でした。  
もう一度ちゃんと聞きたいなぁ~
Commented by ungalmatsu at 2006-07-26 23:13
★RANさんへ
誰にでもにそう感じること、きっとありますよね。
ホントにふとした時、なんだけど・・・
でも一緒に走ってくれて、一緒に音楽を聴いてくれてると思ってます。
思い出すのは、やっぱり笑顔だし!
Commented by ungalmatsu at 2006-07-26 23:17
★mae-ashi号へ
その詩、私も聞いたことある。
でもまさにそのとおりなのよ。
父も姉もお墓の中にいるとはどうしても思えない・・・
友達なんかもそうだよね、きっと。
これが曲になったのは知らないなぁ。ちゃんと聴いてみたいね。
by ungalmatsu | 2006-07-24 23:58 | 日々の生活 | Comments(4)