『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

お江戸紀行♪

たった2日間の東京滞在中、六弦六夜以外にもいろんな事がありまして(^^)
その中でも、やはり寄席のお話なんぞ・・・
(この記事のカテゴリーはあえて〈押尾コータロー〉にしておきます)

行って参りましたのは池袋演芸場。
JRの駅から歩いて2分の所にありながら、交番できいてもわからないと言われるそうで
行ってみて納得・・・切符売り場は1階の奥まったところにあるし、寄席は地下2階。
とても「雰囲気につられてふらっと寄ってみる」って感じではないのは確か(笑)
エレベーターのない4階にあったころはさらに寄りにくかったらしく
お客さんがゼロって日もあったとか。(何人かマクラで自虐ネタにされてました。)
逆にひとりでもお客さん来ちゃったらやらなきゃいけない、なんて。
いや、今はすごくきれいなんですよ!

寄席の定席では落語の他に、漫才、演芸、奇術なんかもあって
この日は津軽三味線の太田家元九郎さんという方が出演されてました。
この方のネタは「伝統芸能の海外公演ニッポン代表」(←ワールドカップ中だし?)って流れで
「ぜひウチの国の代表的な曲を津軽三味線で、って言われると
断ることができねぇんだ。なんせニッポン代表だっからねぇ。」(思いっきり津軽弁で


で、ですね。やった曲がまず韓国のアリラン、次にペルーの『コンドルは飛んでいく』
(この時点で既に「」なわけです。わかる人にはわかりますね。)
続いてアルゼンチン→タンゴと言えば『ラ・クンパルシータ』!!!

『ラ・クンパルシータ』といえば
去年のPanoramaツアー、MUSIC ON!TVで生中継された国際フォーラムC最終日に
アコースティックコーナーでやってた曲!
     後日再放送された完全版をDVDに録ってもらって、何度見たことか!
     MCまで全部覚えてるくらい(^^)v
     コータローさんが「Push」もわからんくらい英語オンチな母親に
     「あんたなぁ、ギターやるんやったら『ラ・クンパルシータ』くらい弾けなあかんで。」
     と言われたってお話でした。
     「その母親がこの曲名だけは間違えずに言えるんです。」って曲名連発してたら
     自分がかんじゃって「言えてない・・・(笑)がんばれよ!(自分)」
コータローさんの『ラ・クンパルシータ』はすごかった!
タンゴシリーズで『黒猫のタンゴ~だんご三兄弟』のメドレーもよかったし
インディーズアルバムにも入ってる『リベルタンゴ』は圧巻・・・生で聴きたい・・・


話は元九郎さんに戻って(^^;
他にもアメリカ→ベンチャーズ→『パイプライン』
イギリス→ビートルズ→『イエスタディ』
 「この曲は真ん中の弦いりません♪上と下で~♪」
 (って、わかります?前の席のおっちゃんはこのオチわかってなかった!)
〆は『津軽じょんから節』
どれも「本当は全部弾けるんですが今日はこのくらいで」って1フレーズだけでしたが
・・・・・ウケました(笑)
元九郎さんに「変なねーちゃんおるな」と思われたかも知れない、くらい一人でウケてました。
お客さん20人くらいだったしね。

ところで、津軽三味線って音めちゃめちゃでかいんですね!(実感)
もちろん生音でございましたよ~。落語も生声の会場ですもの。




肝心の落語は・・・・

お目当ての圓太郎さんは他のお仕事に行っちゃってて(爆)、見れませんでしたが
笑わせて頂きました(^o^)/

 柳家ろべえさん   「元犬」   (寿 二ツ目昇進)
 古今亭菊六さん  「初天神」  (同じく)
 柳亭左龍師匠   「家見舞」
 柳家三三師匠   「夏どろ」
 柳亭市馬師匠   「青菜」
 橘家蔵之助師匠  「替わり目」
 柳家喬太郎師匠  「三味線栗毛」
 林家正楽師匠   紙切り←客席からのお題は「海開き」「サッカー」「ねぶた」
                   「パンダの紙切りをする正楽師匠」   すごいね~!
 そしてトリは 五明楼玉の輔師匠 「唖(おし)の釣り」  でした。
 玉の輔師匠、おもしろかった~!ファンになりました!

気になるのは、圓太郎さんがもしいたら、どのネタをやってくれたんだろうって事。
前回は「勘定板」でしたからね~。→「勘定板」ってこんなお噺
私が行くってわかってて、これやるか?!(もちろん大爆笑でしたけど!)

上方落語も気になる今日この頃です。
[PR]
by ungalmatsu | 2006-07-02 22:08 | 押尾コータロー