『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

シブヤらいぶ館♪

5/30 NHK BS-hiで放送された「シブヤらいぶ館 歌のない音楽会」を見ました!
出演は押尾コータロー(ギター)&木原健太郎(ピアノ)
内容については、6/7 BS-2での放送を楽しみにしている人のために隠しておきます。


読んじゃってかまわない方は続きへ・・・



渡邉アナの紹介にのって、コータローさん登場。

① 翼~you are the HERO~

② サバンナ

   
ここで、パーム、タッピングなどギターの技巧を披露。
バシバシたたくのを見て
渡   「ギターってそんなに強い楽器だったんですね?」
押  「修理代がすごいですね。ギターの定価を超えました」(笑)

コータローさんの紹介で木原さん登場。
登場した瞬間思ったこと・・・
に、似てるかも、この2人。雰囲気というか風貌というか・・・
(服の趣味も!)


③ be...  木原さんのオリジナル曲。一瞬にして木原ワールド。

再びコータローさん登場。ここから2人のセッション!
④ Departure

やっぱり似ているのだ、この2人!音に対する姿勢もプレイスタイルも。
この後、木原さんをほめるコータローさんの言葉ひとつひとつが、
私たちがコータローさんに対して感じているそのままでした。

「2人のsomethingがうまくかみあった」「波動が同じ」「同じ匂いがする」
2人のその感じが見ていて(聴いていて)もわかりました。

渡 「もうどのくらい共演されてるんですか?」
押・木 「今日、初めてです」
渡 「ほんとですか?!にしてはうまくいきましたよね。
押  「(笑)わりとうまいでしょ?」

⑤ 家路     木原さんの鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)がメロディーにはまる!

⑥ Carnival  CD以外で初めて聴きました。まさやんとのセッションと全然感じが違う。

もうめちゃくちゃうれしそうにギターを弾くコータローさんと
負けないくらいの笑顔でピアノを弾く木原さん。
以前コータローさんのブログ「ときど記」
「何よりも演奏しているときの笑顔が好き」と言われていただけのことはありました。
このセッションはほんっとに最高でした!

ピアノの良さについてコータローさんは
「音域が広いこと。オクターブでメロディーが変えられるとか。」
に対し、ギターの良さは
「それができないこと。限界があるから知恵を使うし、くだらないことから新しい音に発展したりすること。それが見つかったとき、うれしい。」

⑦ オアシス 最後にもう一度「押尾ワールド」へ。

セッションが全部コータローさんの曲だとは思いませんでした。
これだけたくさんの曲をセッションで聴く機会は他ではないでしょう!
木原さんのコータローさんを見る目は「アニキ」って感じでしたね(#^^#)
楽しい時間でした!
[PR]
by ungalmatsu | 2006-06-03 21:24 | 押尾コータロー