『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

「押尾コータロー」赤穂ライブレポ♪

数々のハプニング(アクシデント?)を乗り越え、たどり着いた赤穂市文化会館。
サイン会の整理券も無事GETして会場内へ。
席は7列目ほぼ中央、前の1列はホールの友の会でチケットを取ったと思われる
ばーちゃん、じーちゃん(←と呼んで差し支えないと思われる年齢)がずらり。
コータローさんのこと、わかってないよなー、きっと・・・
しかし!この後、この方々に大きな変化が!!

以下、今、思い出せる限りの事をアップしました。
内容、違ってたら教えてくださいm(__)m
長いです。かな~~~~~り長いです。



シンプルなステージに、白地に青の花柄プリントシャツ姿のコータローさん登場。

① Destiny  
(この曲で始まるとは!ホントになにもかも「運命」なんだよなぁ・・・としみじみ・・・)

② Breeze
(私の鼻歌登場率、高いんです、この曲、大好き~)

「赤穂のみなさん、初めまして~」(初めましてなんや・・・)
「大阪からだと遠くないのに来るのは初めてで。“あこう”ってちゃんと読めますよ。
スタッフでひとりだけ“あかほってどこですか?”って聞いた奴いましたけどね。
今、このピンスポット当ててる奴なんですけど。」


③ Chaser

④ ボレロ
これぞ「押尾コータロー」の世界にどっぷり、という曲。
前列の方々が少しずつ前のめりに・・・


暗転の中、アコースティックコーナーの準備をしている時に、
客席から男の声で「コータローさぁん」
何とも間の抜けた声だったので
「なに?・・・あ、呼んでくれたんやね。何か質問かと思った。」(笑)

「DVD『So Happy』に入れる新曲が欲しいと言われて、自分としては
スタッフが重い機材を運んだり、音響や照明を真剣な顔で操作してる
スローモーション画面のバックに流れるイメージで作ったんですが・・・
こんな感じって聴かせたら、卒業式の雰囲気ですね、と言われて・・・・」


最初はもっと男っぽい曲だったようです。
ここから卒業式の日に誰かが第2ボタンをもらいに来てくれるのを待ってた話や
バレンタインデーに何度も下駄箱のぞいて、なかなか帰らなかった話など。
(この話、いろんなとこでしてますね~。暗い過去(笑)??)

「で、こんな曲になりました。」
⑤ 桜・咲くころ
この時期にこの曲が聴けるとは思わなかった!
「僕にとっての新年度はアルバムを出したときかな~」って言われてたけど、
今度はいったいいつごろなのでしょう?


⑥ ティコ 
コータローさんのバックには星がキラキラ☆☆

「僕はこのコーナーを《アコースティックコーナー》と呼んでるんですが、
いや、今日のコンサートはアコースティックギターコンサートって書いてあるのに
何言うてんねんって?ロックバンドのコンサートに行くと
『いつものナンバーをアコースティックな感じで』というと、みんな座ってやられるので・・・」

延々と懇切丁寧に説明。初めて来た人が多い(と思ってる)からかな。
でも、だから何にも知らずに行っても、置いてきぼりにされなんですよね。
そういうところも、コータローさんのえらいところだと思う・・・


「それで、行く先々でご当地ソングみたいなのをやるんですが
赤穂と言えば、赤穂浪士・・・・赤穂浪士のテーマ曲ってあったかな・・・・
でも僕はその時代について全然語れないので、
ここは僕の知ってる時代劇シリーズということで(笑)」

そう来たかっ!
「時代劇と言えばこれ。でもこのリズム、実はさっきやったボレロと同じなんです。」
♪ダッダダダダッダダダダッダダダダダダダダダッ♪
おぉ~水戸黄門!
これにボレロをかぶせてみるコータローさん♪
本編のテーマ曲には“カァ~ッ”と効果音付き(わかるかなぁ?)
このあたりから前列の方々がかなり食いついてきました(^^)
(私は時代劇に弱いので、この後の曲はかなりあやしいです・・・すみません)

「死して屍拾う者なし」大江戸捜査網♪
銭形平次♪  江戸を斬る♪
(やりましたっけ??)
もの悲しい口笛付きで
大岡越前♪
「時代劇の再放送見てると、台詞がいっぱい消されてて
『×××の×××が!』とか『この××××野郎』とか何のことかわからなかったりして」

放送禁止用語が消されてるんですね~。こういう音の模写もめちゃくちゃうまい!
もう、ばーちゃんたち大喜び!客席も大受けで手拍子&拍手!!

「みんな、やさしいねー、普通に聴いてくれてたらええねんで(笑)
いったいいつまでやるんやろうって?まだあと2曲やります!」

暴れん坊将軍♪??
そして最後は力作(?!)
必殺仕事人♪
ドラマのシーンを再現した台詞つき、主水の殺しのテーマ曲。
「三味線使う仕事人もいましたね~」
悪代官「よいではないか、よいではないか」
娘「おやめください!おやめください!」(ウラ声で)

あまりのおかしさに爆笑する客席に向かって「そこ笑いすぎ!」のつっこみも忘れません。

♪バシッ ギィィィィ(首を絞める音) コンッ♪
音と共にこときれる芝居まで・・・暗転・・・客席は爆笑の渦・・・

何事もなかったように
⑦ Friend
聴いてると自然にニコニコしてしまう曲。
必殺仕事人の最後の場面はよほど気に入ったのか、ここの間奏でももう一度再現(笑)


⑧ 翼~you are the HERO~
ここで立つか??と思いきや、そのまま。
この曲を演奏するときのコータローさんは本当に楽しそうで見てても幸せ♪
そして、前列のじーちゃんの拍手の位置がだんだんと高くなってきて・・・


⑨ Dancin'コオロギ~ひとりメンバー紹介
今日も客席へ降りてきてくれました。
通路側の席が空席だったのですぐ近くをコータローさんが!!
メンバー紹介。いつものon ベース、エレキギター。
エレキギターのなりきり具合が、かっこいいんだけどおかしくて笑ってしまいます。
on フォークギターの『チャンピオン』 
いつもだったら1コーラスで「今夜は最高」と締めるところで、真後ろの席から
間髪入れず
「もっとうとて~~!」
ナイスタイミング! これのおかげか?結局一番フルコーラス
♪ライラライラライラライ♪ 大合唱
on 津軽三味線の次は、体操のお兄さん。
「みなさ~ん、こんにちは~。
あれぇ?声が小さいですね~。もう一度、みなさぁん、こんにちはぁ~。
じゃぁ、ここで背伸びをしましょう~」

ここで、みんなで背伸び~(前のじーちゃんたちも素直に。)
で、立つ・・・・?ことなく、座ったままで
ラジオ体操第一♪
コール&レスポンスは男が「オイッス~」「だめだこりゃ~」「次行ってみよう」
(最近お気に入りののパターンみたいですね)、
女はなぜか控えめで「うっふ~ん」止まり。(「いや~ん」「ばか~ん」はありませんでした。)
〆はon ドラムス!もうバシバシ叩きまくり~!


⑩ サバンナ
やりましたよ~、クラップ2パターン♪
KOTAPA率高かったのか、周りも結構やってて、最後は会場中そろってたような気がします。


⑪ BUSY 2
「忙しい、忙しい、忙しいったらありゃしないという曲です。」
最近のライブで演奏率が高いのはコータローさんの本音でしょうか?
そして、前のじーちゃん、タイミングはずれてるけど(笑)ノリノリで手拍子!


⑫ HARD RAIN
ラストの曲。かっこええ~!とにかくかっこええ~!!最高!!!

赤とピンクの派手~なシャツに着替えてアンコールに登場

アンコール① Merry Christmas Mr.Lawrence
しんっと静まり返った会場に響くギターの音色に改めて感動。
「今日は赤穂での記念すべき第1回目なので、2回目、3回目もぜひ来たいと思います。
ひとつの街に行くと『次はうちの街へ来てください』って言われるんです。
赤穂だったら隣の岡山とかね。」

↑ ここで岡山って言ってくれてうれしかった~。ホントそう!岡山に来て~!

アンコール② オアシス
ラストの曲。
コータローさんの曲はどれも聴くたびに好きになっていくけど、
私にとって「オアシス」は特にそう。
ライブで聴くとほんとに心にすーっと入ってくるのがわかる・・・名曲だと思います。

結局ずっと座ったままだったのですが、最後は自然にスタンディングオベーション!
私も立ち上がろうとして、なんと、前のじーちゃんに先越されました!
じーちゃん、ものすごい拍手で「すごいっ!」と叫んでおられました。
ばーちゃんたちもみんな立ち上がってました。
コータローさんの音楽の力って本当にすごいんだと、それを見てまた感動・・・


サイン会では「時代劇シリーズ、めっちゃおもしろかったです。前のじーちゃん、ばーちゃんたちが大喜びしてましたよ~。」って言ったら

「ホンマ?よかったぁ」とニコニコ。
「六弦六夜も情熱大陸も行くけど、今度は岡山に来てくださいね。」
あのおっきくて、あったかくて、やわらかい手でしっかり握手してもらってきました(^^)v

今回のライブ、客観的にみたら「行ってる場合じゃないでしょ!」って状況の中でしたが、
行ってホントによかったと思います♪
初コータローさんだった友人も、すごく楽しんでくれたみたいで、
連れて行った甲斐がありました★
(情熱大陸も、一緒に盛り上がろうぜ~!)

コータローさん、ホントにいっぱい元気もらいました。ありがとぉぉぉぉ♪

(あのじーちゃんたちにもありがとう♪)
[PR]
by ungalmatsu | 2006-05-22 23:57 | 押尾コータロー♪Live