『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

KOTAPA vol.9

行って参りました~♪

11月6日(水)
押尾コータローオフィシャルファンクラブ限定ライブ
KOTARO PARK vol.9 @音屋食堂

b0082834_20372965.jpg



b0082834_20375675.jpg




入ってびっくり!
50人定員てめちゃ狭い・・・
想像を越えたステージの近さ・・・

b0082834_2040552.jpg


後ろから2列目(と言っても6列目?)だったから比較的冷静に見れたけど
前の方だったら、そりゃ、ねぇ?

でも確かに狭かったけど、後ろの席は背もたれつきだったし
1列ごとに1台、ドリンクなどを置けるようにテーブルもあったので快適でした♪

こんな会場なので、コータローさんのがステージに登場する時も、カウンター奥の扉から現れて
客席の横を「どうもどうも」って感じですり抜けて、めちゃアットホームな雰囲気。
東京初日は暗転の中、蹴躓いた大音の後、仕切り直したそうですがそれもコータローさんらしい(笑)


まずは、セットリスト前半

木もれ陽
ニューシネマパラダイス
ハリーライムのテーマ
ライムライト
黄昏
リベルタンゴ
in the morning


こ、これはもう昇天モノでしょう(^^)
インディーズ2枚からのオリジナル&カヴァー。
映画音楽シリーズに溶け込むような「黄昏」。
そしてなんといっても「リベルタンゴ」!!!!
Panoramaツアーの映像で見て以来、一度ライブで聴きたいと思ってた曲。
この日の私のイチバンでした♪
あ、そうそう、「in the morning」 文法的に大丈夫ですから(^^;

ここで、いつもなら音丸さんのコスプレが見れるところだけど
今回は普通に登場。
なぜなら・・・・・たくさんの会場(全15日)をまわるため削れる経費は削ろう、ということで
音丸さんが車の運転から、チューニングからチューニングからチューニングまで(笑)やらなきゃいけない。
最初、会場に入った時には余りの狭さに「今日はギターチェンジ無理なんちゃう?」と思ったのに
結構頻繁に行われ、そのたびにカウンターの奥の扉から出て来て客席の横を苦労して通り抜け
ギターを換えてまた奥へ、の繰り返し。
ステージの天井も低くて、コータローさんも持ち替えようとするたびに天井に当たらないよう気にしていたら
やっぱり一度はやっちゃいましたよ、音丸さん。
ステージの上の上の湯たんぽ(?)に「コンッ」て(^^;

b0082834_20424527.jpg


あまりにいい音がしたもんで、会場大ウケでした。


“音屋は大阪府吹田市の江坂に店舗を構える、老舗焼鳥店「景気屋」
 音屋は、その景気屋から生まれた
 「ライヴスペースを備えた居酒屋系音楽食堂」”
もともとは、コータローさんも焼き鳥を食べに通っていたということで

「焼き鳥とビール!」  ステージから注文!
えぇっ!

そして本当に焼き鳥とサッポロ黒ラベルが届けられ、プシュッ!

「カンパーイ!」
大丈夫なん!?

「ここの焼き鳥、ホンマにウマいわ~、みんなも食べて」

で、客席の焼き鳥注文タイムとなりまして、「いる人!」で手を挙げたのが50人中34人!
裏で焼いてる焼き鳥スタッフ、いきなり大忙しですよ。

焼き鳥は、カップに入って届けられるのでライブ中でも食べられるというスグレモノ。
焼きあがると、前から順番に500円と引き換えに配られて行きます。
自分の所にとどいたときには暗くてよく見えなかったけど
もも2本、つくね1本、手羽先1本の4本セット。

焼き鳥のタレのいい匂いが充満する中、大抽選会の始まり~。
今回はポスター2枚、ツアーグッズセット、恒例のオリジナルメッセージ録音の目覚まし時計、
(形はないけど)ギターBarの“オリジナルカクテル”。
この日のカクテルの注文は
「去年の10周年ライブは息子が就活中で、母もライブ行ってる場合じゃないかもって状況だったけど
ライブで「翼」を聴いて“夢をあきらめないで”というメッセージに励まされ
今は無事に仕事も見つかり良かったな~」
ってどんなカクテルやねん(笑)と言いつつ弾き始めたコータローさんでしたが
ちゃんとストーリーのあるメロディになってましたよん、さすが!


第2部は、「あまちゃん」好きな音丸さんのために

潮騒のメモリー

あまりにずっと音丸さんを見つめて弾くもんだから
カウンターの中で見てた音丸さんもずっと苦笑い(^^;

音屋ブルース

     このあたりで私のところにも焼き鳥が・・・・タレがウマ~~~~~~い!
     で、手羽先に取りかかったところ・・・

Brand New Wings

     まさか焼き鳥食べながらコータローさんのライブを聴くことになるとは思ってもみなかったけど
     さらに"羽"つながりかいっ、みたいな(笑)
     大変貴重な体験をさせていただきました。
     せっかくならミカンジュースじゃなくビールが飲みたかったなぁ!


メンバー紹介
Snappy!
雨上がり


それにしてもお酒を飲むコータローさんて初めて見るよなぁ。(←当たり前だ)
なんとなく顔もほろ酔い気分で赤い・・・・
と思ったらみるみる目が真っ赤に・・・ウルウルきちゃってる~

「雨上がり」はみんなでラララで歌うと、どうしても震災直後のツアーを思い出してしまって
いまだに泣きそうになります。いい曲だぁ。

そして本編ラストは
翼~you are the HERO~

アンコール
ボレロ

全員で記念撮影。
のためにマイクもとっぱらってしゃべるコータローさん。
でも普通にしゃべってて十分聞こえる広さなのよね。
裏でがんばってくれてた焼き鳥スタッフも呼びいれて、全員でパシャ(^^)v

しかし、専キャメさんは何とデジカメでしか写真撮ったことないらしい・・・

なんてことを、コータローさんはずっとマイクなしでしゃべり続け、
そのままギターも生音で

ずっと・・・

こんなにも狭い空間で生音を聴くのはもちろん初めてでした。
コータローさんの指が弾いた弦が震えて音になり
音を通じてあったかい気持ちが直に伝わってきて・・・


音丸さん曰く、最後の曲をどうやるか、は会場によって違ったらしい。
途中ポロポロ弾き出す曲も、その時の思いのままって感じですごく楽しかった。

今回で6回目の参加だったKOTAPAライブ。
今までのどの回もそれぞれ思い出に残ってるんだけど
小さいハコで、昔の曲がいっぱい聴けて、コータローさんの魅力の源に触れられたような気がする
今回が一番良かったです!!
まさに何もかもKOTAPAならでは!!!

最後の2ショット記念撮影では、またしても

「焼き鳥めちゃ美味しかったです~」

「やろ?食べてもらえてよかった~」


という、いつぞやのひつまぶしに匹敵する色気のない会話でした(笑)

それでも、一年に一度、面と向かってコータローさんに「ありがとう」を伝えられる大切な機会なので
しっかり握手して
「楽しかったです!ありがとうございました!クリスマスのブリーゼも行きます!!」
って言ってきました。


毎回いろんな企画で私たちを楽しませてくれる、コータローさんとスタッフさんに感謝です。
ご一緒できた(しかも偶然一番飛ばしの席で、結局間の方が気をきかせて隣にしていただいた)ポレポレさん、
バラバラの会場だったけど、それぞれのレポを送ってくれたコタ友さんたちにも、ありがとう(^^)







そして案の定、カウントダウンライブの誘惑を断ち切れなくなった私。
どうするべ(^^;
[PR]
by ungalmatsu | 2013-11-10 18:39 | 押尾コータロー♪Live