『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

夢の共演!

行って参りました~♪

12月24日(土)
押尾コータロー クリスマススペシャルライブ 2011
    @サンケイホールブリーゼ
 ゲスト:瀬木貴将

b0082834_10404827.jpg

今年で4年目となる
恒例のクリスマスイベント♪

大好きなコータローさんと!
大好きな瀬木さんを!!
最前列で!!!

きゃあ~~~053.gif053.gif053.gif

忘れられないクリスマスプレゼントになりました。


終演後、ロビーで義援金の呼びかけをするのに
(こういうのを続けるのって、
本当に大事なことです)
瀬木さんと、コータローさんが
並んで立っていてくれたのだけど
瀬木さんの手を握ったまま

「夢の共演でした!
 ほんとにうれしいです。
 ほんとに楽しかったです。
 また岡山にも来てくださいね!
 瀬木さん、大好き~~~~!!」

コータローさんの目の前で(笑)


でも、コータローさんにもちゃんと
「夢の共演でした!」って言えました。
そしたら
「僕にとっても夢の共演でした!」って・・・
「また一緒にやってくださいね!」って言ったら
「もちろん、またやりたい」って(^^)
最後に「Merry Christmas★」で握手。

2人ともあったかい手だったなぁ・・・・



ライブは、セッションもりだくさん♪ 楽しかったよ~♪♪♪



まず、最前列という良席にもかかわらず、メッセージボードはおろか
クリスマスっぽい仕込みも一切なしで参加してスミマセン(笑)
でもね、2人のステージをずっとずっと心待ちにしていたので、純粋に楽しみたかったのです。
だってコータローさんを知るずっと前(15年も前らしい)から好きだった瀬木さんとのコラボ、
今までで一番うれしいと言っても過言ではないです。
とは言っても、瀬木さんのライブにはここんとこ行けてないので、約5年ぶり(^^;


まずコータローさんのソロでスタート。

【セットリスト】
M-1 Merry Christmas Mr.Lawrence
M-2 絆
M-3 君の瞳に恋してる
M-4 翼~you are the HERO~
M-5 Snappy!
M-6 HARD RAIN



懐かしい翼と大雨が久しぶりに聴けてうれしかった!
それに、やはり最前列は目が合う合う!(勘違い含む)
合ったよね?k-hamさん、ポレポレさん??
直前にしていた「目が悪いから実はあんまり見えてないはず」という会話はどこへやら(笑)

それにしてもすごいセットリスト・・・音もすごくよかった。
一気に弾き終えた(ちゃんとMCもありましたよ~)のコータローさん、ギターを置いてマイクを持った瞬間
「疲れた・・・」
すでにライブ終わった感が(笑)




「はるばるボリビアから歩いて来てくれました~、瀬木貴将さん!」 と紹介されて出てきた瀬木さん。

「いや~、遠かった。7年5カ月かかりました。」 (笑)


まずは2人並んでトーク。

押 「背高いですね。」

瀬 「僕、2m25cmあります。」

押 「僕も2mくらいかな。」

瀬 「でも、それシークレットブーツでしょ? 僕も着ぐるみだけど。

のっけから瀬木さんペースに持ってかれてます(笑)
その後、「どれどれ」と瀬木さんの後ろに回ってチャックを確認しようとするも
「まだ、ダメ。まだ見せない」と拒否られたコータローさんでした。


ジャケットで汗だくのコータローさんは、“模様変え”(笑)のためいったんはけ
まずは、瀬木さんのソロを1曲。

M-7 Selva/密林

久々に生で聴くサンポーニャ、やっぱりいいなぁ。
今まで、マイクも通さない全くの生音で聴くことがほとんどだったけど
ホールにしみわたるサンポーニャの音も、また素敵。
一気にアマゾンまで旅をした気分。
「安上がりでしょ?」とは瀬木さんの弁。


今までだと、ソロが何曲か続くのが恒例だったけど
今日は1曲だけで、ピンクのペイズリー柄シャツに着替えたコータローさん登場。

続いては、コータローさんの曲で、NHKの「南極プロジェクト」のテーマソングをセッション。

M-8 風の詩

この番組には、瀬木さんも挿入曲を書いていて、NHKからオファーがあった時には
「なんきょく、書けるかな・・・・」   なんきょく? ?  それは難曲、みたいな(笑)  

それにしても、初めて聴くコータローさんのギターと瀬木さんとのセッション・・・
瀬木さんはいつもギターやピアノの人とライブやることが多くて
今までも越田太郎丸さんや、鬼怒無月さんとのライブをみてきたので
ギターとサンポーニャの音が合う事はしっていたけど
不思議とコータローさんの曲に、サンポーニャの音色がぴったり合うんだなぁ。
これは、いろんな人とのセッションや、アルバム“You & Me”の時にも感じたことだけど
ギター1本で完成された曲なのに、他の楽器がこれだけすんなり入ってこれるのは
曲のスケールが大きいからなのか、誰とでも(←ホンマに)セッションできてしまう
コータローさんの器の大きさなのか? その両方かな?
最初から瀬木さんがゲスト、というよりは、もうすっかり2人のステージって感じでした。


瀬木さんが音楽を始めるきっかけは、なんとギターだったんだそう。
だけど、クラスに自分より上手い奴が既に2人いて、13歳にして早くも挫折(苦笑)
後で言ってたけど、今でも座右の銘が「「引き際が肝心」だそうですから(^^;
で、スポーツも好きでバスケ部に所属していた瀬木少年は
ギターの次にはまったサンポーニャばかり吹いてたらバスケ部もクビになり
日本にはサンポーニャの先生がいなかったので、18歳にして単身ボリビアに渡ったという・・・・
すごい行動力です。

でも瀬木さんはギターの音が本当に好きみたいで、コータローさんのことをほめまくり。
それに、本当に楽しそう♪
歳も45と43で近くて、ギター好きだったらそりゃ話も合うよねぇ。

観ていたTVシリーズが「レインボーマン」!
コータローさんは ♪インドの山奥でっ♪ とかなんとか歌いだして2人は盛り上がっていたけど
私にはさーっぱりついて行けない内容でした(^^;
ねぇねぇ、あの話、ウケてたの?!
この世代に、特撮モノとか戦隊モノとか語らせるのは危険です(笑)

そもそも、どんな18歳だったかという話だったので、曲は・・・

M-9 18歳

フォークソング部だった押尾少年が一生懸命練習していた63231323・・・
そう、アルペジオの本領発揮(^^)

瀬木さんは、あるフィーの大ファンでもあり、ここでもコータローさんと大盛り上がり。
コータローさんは、「アルフィーといえば“メリーアン”!中3の時!」
そうでしたね、中2でした。
ザ・ベストテンの中継(初登場だったか?)で、音と歌がずれていたの、思い出すね~(笑)
瀬木さんは、もっと前からファンだったらしいですが、単身ボリビアに渡った時、
首都ラパスで有名なライブハウスに直接押し掛けて出演できることになり
フォルクローレを何曲かやった後のダブルアンコールで、日本の曲を求められてやったのが

M-10 恋人たちのぺイヴメント

この曲、変調に次ぐ変調に次ぐ変調 →
一つのサンポーニャでは一つのコード →
サンポーニャ3本と、ケーナを持ち替えて演奏
という、ものすごいスタイルに・・・
確かに音を聴くだけではわからないけど、目の前でやられるとすごかった!
いまだにボリビアでは、瀬木の曲だと思われているかも、って笑ってました。
でもちゃんと坂崎さんのOKはもらっているそうです。


続いても、聴いたら絶対知っている曲
M-11 悲しくてやりきれない

次は、サビア・アンディーナというボリビアの超有名バンドの代表曲で
もともとは、サッカーチームの応援歌だったんだとか。
コータローさんは、ギターをチャランゴに持ち替え
(ウクレレよりもちっちゃい!コータローさんが持つとさらに・・・
前にタロマさんが持ってた時はそこまで思わなかったような・・・?)
瀬木さんは、“こだま”を表現するために、2本のサンポーニャ。
サンポーニャは、マイクを通さず生音!
そして、テンポもだんだん速くなって、そのとっかえ方を見てるだけでも目が回りそう!!

M-12 風色のポンチョ

めちゃくちゃ盛り上がりました~♪
瀬 「この後、3時間半の休憩に入らせていただきます」ってくらい!


この曲は、今は応援歌としては使われていないということで

瀬 「今度は、今、使われている応援歌やりましょうか」

押 「え?やるの? 今?」     今は無理でしょ(笑)

瀬 「今度やりましょう」

押 「“今度やろう” で、思い出しました。やりたい曲があるんです」  もうみんな気が付いてまっせ(笑)

瀬 「年末で道が?」
 
押 「え?」

瀬 「年末で道が?」

押 「え?」

瀬 「年末で道が」

押 「混んどる」         遅いわッ!!! 

押 「大阪弁で言うと、“コンドルが飛んどる”」     さらに微妙な空気になってしまいましたがな~~~

押 「曲に行きましょう(苦笑)」

M-13 コンドルは飛んで行く

この曲は絶対やってくれると思っていた。
コータローさんの「コンドルは飛んで行く」は、Panoramaツアー以来だから、6年ぶりくらい。
久々にライブで聴けたのも、めっちゃうれしかった。
でも、それにケーナが入ると・・・・・はぁぁ(ため息)053.gif053.gif053.gif053.gif053.gif
想像をはるかに超えて良かった!ほんとに良かったよ~(感涙)

瀬木さんも、
「この曲はサイモンとガーファンクルのアレンジでやられることがほとんどだけど
押尾さんは、もともとのアレンジを忠実に継承している」、とべた褒め。

押 「それにサンポーニャが入ると」

瀬 「今のはケーナでしたけどね」

押 「ごめんごめん、それ間違えたら失礼やね」

瀬 「ま、どっちでもいいんですけどね」

押 「怒った?」

瀬 「怒ってませんよ。しゃべってるうちは大丈夫」      

まぁ、瀬木さんも“数々の失言”がありましたからね(笑)
この二人の会話、時々お互いに「ん?そっちがしゃべる?」って感じで
無言で見つめ合う(!!)間が随所にあり、微笑ましかったです。
会話の内容も「ここは楽屋か?!」ってくらい結構グダグダで
「おススメのCD、3枚くらい教えてよ」 「うん、後でね」 みたいな(笑)
最後の方は、その“間”にも、大ウケでしたけど。


M-14 冒険の旅地

瀬木さんのオリジナルは、アルバム『サファリに行こう』からの曲が多くてうれしかった(^^)
この曲も大好き♪

瀬木さんも、「今日は僕のコンサートに来てくれてありがとう」 (数々の失言の一つ(笑))って
言っちゃうくらい、ホントに楽しそうでした。
「アウェーな感じがしない」って押尾ファンにしてみたらすごくうれしい言葉です。


本編最後は、コータローさんの
M-15 Earth Angel

地球に住む私たちが、子孫に地球を残していくためにできることを、身近なことからやって行こう・・・
そういうメッセージ、今日もしっかり受け取りました。


アンコールは、2階席にフォルクローレの流し登場?!
チャランゴとケーナで客席練り歩きです(笑)
今日はステージに上る階段ないから、1階の練り歩きはきっとないなぁと思っていたら・・・
ホールスタッフのお兄さん2人があわててやってきて、目の前に階段をセットするじゃありませんか?!

はい、ワタクシの席は一番前の通路側!きゃ~、またしてもテンションアップ053.gif053.gif053.gif
ちょうど振り向いた斜め後ろに見えたびんせんと姉妹が「やったね!」のガッツポーズしてくれて
ますますテンションアップ~~~~ ↑ ↑
ここまで間近で見たのは久しぶりでした。ごちそうさまでした(笑)

瀬木さんが着て出てきたTシャツは、なんとコータローさんからのクリスマスプレゼント。
NBA好きの瀬木さんのために、何がいいか一生懸命さがしたんだって。
瀬木さんは素で喜んでましたよ。何せソックスまでNBAのグッズってくらいのバスケ好き。

そして、瀬木さんからコータローさんへののプレゼントはサンポーニャ♪
クリスマスにプレゼント交換する40代男子(笑)
さっそく吹こうとするも、すかさず 「押尾さん、それ、逆です」
音は出てなくとも、顔は「吹けてる」顔でした・・・やっぱり「形からでしょ」by コ 
そういう人、好きです(^^)


アンコール1曲目は、瀬木さんの曲。
ナミビア(それにしても行動範囲がワールドワイド!)のエトーシャ国立公園のサファリにハマり
通い始めて10年目の今年を記念して作ったという
EC-1 WILD LIFE

このサファリにはガイドがいなくて、みんな自分でサファリを回るんだそう。
「襲われたりしない?」という素朴な質問に
「人間が危害を加えない限り、野生動物が人間を襲う事はない」 とのこと。
そうか~、そうだよね、と納得。

押 「蜂も一緒ですよね?」              え? 蜂???????

瀬 「巣があるところに、人間が家を建てちゃったりね」

押 「ここ、見てください、赤くなってるでしょ」  いきなり右手親指の腹を見せるコータローさん。
   
   「これ、蜂です。 付け根の黒いのは鉛筆だけど」       !!!!!

瀬 「あ~、鉛筆、わかるわかる。残っちゃうのね」

       なんかよくわかんなかったんですけど、蜂に指を差されたの最近ですか?!コータローさん!  
     


最後にやっとクリスマスソング。

EC-2 Happy Christmas

去年と同じ、♪ War is over If you want it War is over now♪ をみんなでコーラス。
そこにサンポーニャも重なって気持ち良かった・・・

本当に「2人のライブ」でした。
ギターとサンポーニャとケーナで、地球を旅した気分にさせてもらいました。
もうもう大満足。


最後の最期ははコータローさんソロ。
まだまだ続ける必要のある、義援金の呼びかけ。
いい感じに曲に入るかと思いきや・・・・クリスマスプレゼントの告知を言い忘れており(笑)

EC-3 ナユタ

この日のナユタも、ゆったりと心に満ちていきました。
ホント、大満足。今年思い残すことはないってくらい、大満足。

最後の曲の後、コータローさんはみんなに何度も「ありがと~」っ叫んでくれるけど
前の方の席にだけ聞こえるように、「ありがと」って言ってくれるもの久しぶりに聞けて
うれしかったなぁ(^^)


会場に飾ってあった、少路さんの絵。
音丸サンタさんから、このポストカードを受け取って帰りました。
ライブの前には少路さんの個展で、今年も素敵な絵を堪能させていただいてきました。
今年の絵には全部、どこかにハートマークが入っているの、ちゃんと見つけて
少路さんにも「見つけましたよ~」て報告。
この絵にもちゃんとありました。わかったかな?

今年の締めくくりにふさわしい、とってもあたたかな素敵なライブでした。
帰ったら届いていたKOTAPA会報によると、年明けにはコタパライブも発表になるみたい!
もう今からワクワクしています♪

今年1年、いろんなライブでご一緒できた皆さま、本当にありがとうございました。
「来年は、もっとたくさん会いたいね」
 
                           
                                これにて、今年のライブレポ終了♪


b0082834_10411799.jpg

[PR]
Commented by うっち~ at 2011-12-26 15:43 x
はぁぁ…。
なんて素敵なクリスマスコンサートだったんでしょう!!
そして、いつもながらに素晴らしいレポですね!!
拝見するだけで、その場の光景や音色までが届いてきそうです。
幸せをおすそ分けして頂いたような…。
有難うございました♪
Commented by RAN at 2011-12-26 22:49 x
相変わらず読んでるだけで、牛になれるレポですなあ・・・
ありがとう~~!!!
・・・なんだけど・・・改めて読んでたら、
またこの日も行きたかった悔しさが蘇ってしまった!(苦笑)

「コンドルが飛んどる」・・・オッケー、合格、押尾っちー!!(笑)
しかし瀬木さんも上手いですね、押尾っち転がしが(笑)
Commented by ungalmatsu at 2011-12-27 20:32
★うっち~さんへ
はぁぁ・・・思い出してもため息が出るくらい素敵な時間でした!
クリスマスライブのゲストが発表になった時
即決でこの日に行く!!!と決めてましたから(^^)

聴いてると風景が目に浮かんでくるインストっていいですよね~。
南米だけでなく、アフリカ、南極・・・
世界、というより地球を旅した気分にさせていただきました。
それがEarth Angelに繋がって感動・・・
改めてコータローさんにも惚れなおしました♪
Commented by ungalmatsu at 2011-12-27 20:49
★RANさんへ
まだ牛様降臨状態ですか(笑)
お互い最前列でしたからね~、そりゃもう~もう~(^^;

サンポーニャをプレゼントされてめちゃうれしそうな押尾っちに
瀬木さんが一言。
「ハーモニカホルダーとか付けようとしない方がいいと思うよ」

見抜かれてるやん!ギター弾きながら吹けるか一瞬考えたの(笑)
そんなふうに転がされっぱなしでした。

でも少し時間がたって、改めて感じたのは
3日間違うゲストで、あれだけのことをさらっとやって魅せる押尾っちって・・・
リハの時間だってそんなにないはずなのに
あのセッションの完成度は何!!!
まぁ、テクニック云々以上に
ゲストの事が“ホンマに好き~”っていう押尾っちの気持ちと
それに応えてくれる押尾っちへの愛情があふれてて
それがもうたまらんのですけどね(^^)
Commented by びんせんと at 2012-01-03 22:10 x
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

遅すぎのコメで失礼。
いつもながらのライブ再演レポ♪さすがです。ありがとう☆

ところで瀬木さんの着ぐるみはロック式で開くには暗証番号が
要るらしい!!募金時に確認済(笑)

いろいろなライブでご一緒できるのを楽しみしています(^^)
Commented by ungalmatsu at 2012-01-04 18:15
★びんせんとさんへ
あけましておめでとうございます!
紅白チラ見しながらイヤホンでラジオを聴き、時々ツイッターチェックしつつ年が明け
読書の合間にツイッターチェックしながらお正月が終わりました(^^;
みんなすごいなぁ・・・・コータローさんもマメだなぁ・・・今のところ!?

瀬木さんの暗証番号、次に会ったら聞き出さなきゃ(笑)
今年はどんなライブでご一緒できるか、楽しみです。
今年もよろしくお願いしますね!
by ungalmatsu | 2011-12-25 23:59 | 押尾コータロー♪Live | Comments(6)