『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

約束。

約束。

b0082834_201135100.jpg
行ってきました。

押尾コータロー
 コンサートツアー2011
  "Hand to Hand" 初日
     @大阪 すばるホール


ツアーは今日からなので
セットリスト等は伏せた上での
感想のようなものです。
(セットリストを知りたい方は
 個人的にメールか鍵コメください。
 ただし今回かなりあやふやです・・・) 





始まる前、コータローさんは私たちに語りかけてくれました。
「今日ここに来てくれた人も、来ていいんだろうかという思いを抱えていると思う。
 でも、被災していない僕たちまで元気をなくしてちゃいけない。
 僕にできるのはギターを弾くこと。
 だから心からコンサートを楽しんで、元気になって帰ってください。」


そうやって改めて始まったステージは、見事に" Hand to Hand "ツアーの世界。
コータローさんがギター1本で奏でる音を、
本当にそのまま感じて、心から楽しませてくれる内容でした。

演奏自体も素晴らしかったと思います。
だいたいツアーの始まりは、特に新しい曲はまだこなれていない危うさがあって
ツアーが進むにつれてその変化を感じられるのも楽しみの一つだったりするのだけど
今回はそれがまるでなかった・・・
きっとツアーがどうなるかわからなかったこの1週間、この人は本当にギターを
弾き続けていたんじゃないかな。
こちらも負けないように、手のひらが腫れるくらい思いっきり手をたたきました。
800人ほどの小さなホールなのに、クラップと拍手の音はしんじられないくらい大きかった。
それにアンコールを求める手拍子。
たいていだんだんテンポが速くなってずれていくものだけど
今日はコータローさんが出てくるまで見事に乱れることなく・・・
きっと会場みんなの心がひとつになっていたんだと思う。
MCはいつもより短めに感じられたものの、そこはいつもの押尾節健在だったし
あとは正に「声出して行こう!」ってとこもありました。
それ言わせるかぁ? あり、 久々の、もあり、それはアカン・・・、もあり。
何十年かぶりに(?!)涙で歌えなくなるってのを経験しました。
あの笑顔を近くで見たらそりゃダメだって・・・

そしてギター1本の音の力を、改めて感じさせてくれた最後の曲。




終演後にはすぐにロビーに立って、募金を呼び掛けてました。
今日は時間がなくて遠巻きに姿を見ただけで会場を後にしたけれど
できることなら直接伝えたかったのは、一言、「ありがとう。」

コンサートツアーで全国47都道府県へ行くのが夢だったコータローさん。
今回のツアーでそれが実現する予定でしたが
すでに開催見合わせが決定している会場もあります。
でも、どれだけ時間がかかっても、たとえステージの内容を変えてでもいい、
待っている人の所へ行ってコンサートをするって約束を、
コータローさんはきっと守ってくれるはず。
この"Hand to Hand"ツアーが『全国ツアー』になりますように!

b0082834_21192594.jpg
知ってましたか?
3月19日の満月は、いつもより明るくて大きい
スーパームーンだったことを・・・


今日のコンサートで元気をもらいました。
コンサートを楽しめる幸せを改めて感じました。

まずは直接手をつなぐことのできる身近な人へと
この元気を伝えていきたいと思います。

今日は、本当にありがとう。
[PR]
by ungalmatsu | 2011-03-19 23:59 | 押尾コータロー♪Live