『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

Hearty Xmas Concert @岡山シンフォニーホール

こっちのお塩もおいしかった~♪


b0082834_2337349.jpg
行って参りました!
ドコモsound connection2009
Hearty X'mas Concert
@岡山シンフォニーホール

会場で、びんせんとさん姉妹から
思いがけない誕生日プレゼント♪
本当にありがとう(^^)


さて、今年のメインは塩谷哲♪
ゲストが上妻宏光&河村隆一!
そして、塩谷哲グループ。
田中義人(ギター)、平岩カツミ(ベース)、田中栄二(ドラムス)、海沼正利(パーカッション)
どんなことになるかちょっと想像つかなかったけど
めっちゃ良かったですよ~
(めっちゃおもしろかった、とも言う(笑))
SALTの曲は私の特に好きな曲ばっかりでうれしかったな(^^)
ま、結局隆一くんに全部持ってかれたんだけどさ・・・





第1部
1.Don't Know Why (SALT solo)
SALTのアルバム『solo piano solo salt』より
4月のイベント以来久しぶりに聴くSALTのピアノ。
やっぱりストライクゾーンど真ん中で気持ちいい~(^^)

2.Evening Haze (塩谷哲グループ)
SALTのアルバム『グイードの手』より
バンドで聴くSALTのピアノもまたGOOD!
しょっぱなからアドリブ入りまくり~

3.津軽じょんから節 (あがっちsolo)
アルバム『AGA-SHIO』では競演しているこの曲も、今日はあがっちのsoloで。
三味線の音ってデカイ!すごい迫力!
それだけに、ベチベチ言う音が天井から跳ね返ってくるのが残念でした。
シンフォニーホールはクラシック用に作られているからしょうがないのだろうけど・・・
でも、あがっちの弟子がメンバー紹介でやってるように
「いつもより多めに弾いております~」なんてことはホンモノは言わないのね(^^;

4.ラプソディ (AGA-SHIO)
AGA-SHIOのために、あがっちが作った曲。
SALTのピアノのクラシック的要素が生かされているけど、
後半どんどん変わってくるのがおもしろい。
このユニットは「“融合”ではなく“衝突”ありき、から生まれたもの」
って言うSALTの言葉がよくわかるなぁ。

5.田原坂 (AGA-SHIO)
『AGA-SHIO』収録の熊本民謡。あがっちの声がこれまた渋くて。

6.Shufflin' City (AGA-SHIO)
『AGA-SHIO』収録。元は『SALTⅡ』に収録のSALTの曲。
三味線が入ると、曲のイメージがこんなに変わるんだってのがよくわかる。
私の中でのイメージは、PARSHA CLUB(あれは三線だけど)があるので
違和感は全然ないなぁ。
それでも前の曲なんかは八重山民謡とはホントに全然違ってておもしろい。

AGA-SHIOは来年ヨーロッパ公演もするそう。
ちなみに、あがっちはほとんどしゃべらず。
SALTが何かいいかけて「あ、あ、あ、あ」ってなった時
「何ですか、その“あ、あ、あ”って」って突っ込んでました。
SALTの答え。
「AGA-SHIOの“あ”」って、なんじゃそりゃ~(笑)
竹善さんに鍛えられたはずのSALTのMCはグダグダ(^^;


7.Skinny-Dipper (塩谷哲グループ)
全曲めっちゃカッコいいアルバム『グイードの手』の中でも、
とびきりカッコいい曲!大好き!
CD聴いてるだけで体がグルーブしてくるくらいだから
生で聴いたらそりゃもう、とびきり気持ちいいったら(^^)
SALTも息を切らしてました。

(休憩15分)


第2部
8.Mr.Madonna (塩谷哲グループ)
『solo piano solo salt』ではピアノ1本のこの曲は4月のイベントでも聴きましたね~
それのバンドヴァージョン。

9.あこがれのリオデジャネイロ (塩谷哲グループ)
SALTの昔の曲。ラテンのリズムが楽しい。
SALTっていうより、小曽根さんっぽいなぁと思いながら聴いてたら
「いろんな人と一緒にやったことのある曲だけど、小曽根さんとやると
際限なく広がっていくんですよね」だって。やっぱり!
いや、でも今日だってどんどんアドリブ入っちゃって、バンドのメンバーみんな見てたよ。
きっと「いつまでやるんだ~」って(笑)

10.バッハのメヌエット (SALT solo)
誰もが知ってるバッハのメヌエット。
が!なんと、この曲は実はバッハの曲ではないことが判明したそう。おいおい。
作曲者はクリスチャン・ペツォールトだそうです。
というわけで、正確には「バッハのメヌエット、と呼ばれていた曲」
『solo piano solo salt』収録。

11.Love is... (河村隆一+SALT)
ピアノが生音になり、上手からryu登場。
黒のピンストライプのスーツに白いシャツ、赤のポケットチーフ。
(あたしゃ一瞬バラの花かと思った(笑))
そして、マイクを通さない 生声 で歌いだしました・・・
シンフォニーホールって、キャパ2000のホールですよ!
すごい声量なんだわ・・・もう釘付け(^^; いろんな意味で(笑)
あの名曲を生声で歌いきりました。すげ~

12.Brilliant Stars (河村隆一+塩谷哲グループ)
なにをやっても「河村隆一」
見てわかりました(笑) だってホントにそうなんだもん。
ふっと見せる笑顔とか、髪をかきあげるしぐさとか、もう一挙手一投足に目が釘付けでした。
逆に「恥かしくて正視できない」という声もあり(笑)
私の中のイメージは、シマあつこさんの描く → こんな感じ
SALTはすっかりバックバンド状態。

13.抱きしめて (河村隆一+塩谷哲グループ)
来年1月20日発売の新曲。
最後に投げキッス・・・おおっと~(#^^#)
そういえば、客層が誰のファンだか不明で不思議な感じだったのだけど
「ryu~」というかけ声がかかってた(他の2人には全くなし)ってことは
隆一ファンが多かったってことかしら?

岡山のイメージ。
SALT 「地中海に似た温暖な気候ですよね。空気は瀬戸内の海のミネラルいっぱいで。」??
隆一くん 「英田サーキットによく来るので、逆に山のイメージ。日本昔話に出てくるような。」
どこまでも我が道を行く・・・

普段、サーキットで車を乗り回している分、せめてもの罪滅ぼしで
植栽の募金活動をしているというryu。
その流れで、最後の曲紹介をSALTがしたのだけど・・・

隆一くん 「ぜひ上妻さんにも一緒にやっていただきたいんですけど・・・」

SALT、完全にあがっちの存在を忘れてた!

呼ばれたあがっち、上手からニヤニヤしながら登場(笑)

14.緑の詩 (河村隆一+あがっち+塩谷哲グループ)
隆一ワールド満喫できました♪

EC
15.クリスマスメドレー
そして、最後のメンバー紹介のとき
「河村隆一!」
「上妻宏光!」
「そして塩谷哲バンド!         ・・・・あ、グループだった・・・・」(SALT)  

大爆笑と共に、ステージは終了となりました(笑)

b0082834_014958.jpg
この不思議なメンツでのレアなステージ、
他ではもう見れないかも知れないなぁ。
本当に楽しい時間でした!

アルバム『AGA-SHIO』もめっちゃおススメですよ♪

あ、隆一くんは、写真やTVよりも
実物のほうが遥かにカッコいいです。
[PR]
Commented by びんせんと at 2009-12-20 22:47 x
楽しかったですね!!
ryuの生声は鳥肌モノでした。
一夜限りの毎年レアなステージですよね。
SALTが3回目でホストになったということは・・。つぎにコータローさんが
出るときはホストでありますように♪
Commented by ungalmatsu at 2009-12-22 21:14
★びんせんとさんへ
ホントに楽しかったですね!!
マカロンもおいしかったです(^^) ありがとう♪
今日のFM岡山「トワイライトペイブメント」にAGA-SHIOが出てたの聞きました?
あがっちは、最後の曲でSALTに呼び忘れられたことを根に持ってます(笑)
デビュー間もないのに解散の危機か?!
オグシオと対談したかったってのも(対戦でも・・・って何の?)
また言ってましたし・・・どうやらマジでそれが目的でユニット名付けたみたい(^^;
あがっちは「ジョークかと思ってた」。

な~んて事を言ってたことも、ryuの存在感に飛ばされてました(苦笑)
でも、あの生声はさすがにすごかったですもんね♪
コータローさんのホスト、実現するといいなぁ(^^)
可能性はある!!と、信じましょう!
by ungalmatsu | 2009-12-16 23:52 | Liveあれこれ | Comments(2)