『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

葉加瀬太郎@倉敷市民会館

b0082834_9401633.jpg
行って参りました~♪

葉加瀬太郎コンサートツアー2009
  My Favorite Songs
    @倉敷市民会館


情熱大陸を除いては
念願の、ホールでの、初コンサート!
いんやぁ太郎ちゃん、最高でした!
めっちゃ楽しかった~!!

CDの1曲目で私をチケット買いに走らせたあの音
生で聴いたら・・・

鳥肌立ちました。マジで。

CDももう何度繰り返して聴いたかわかんないくらい聴き込んで
最初のあの衝撃を忘れかけていたけど・・・・
すげ~よ、太郎ちゃん。
でもこの全身鳥肌立つ感覚って、次に聴いたら違うんだろうなぁ、
何事も“初めて”ってのは一回きりしかないんだなぁ、と感動に浸りながら聴いてました。

でもさすが関西人(笑)
MCはもちろん、小道具も登場してしっかり笑いも取っっちゃって、
気分爽快、大満足のコンサートでしたよ♪
年末の追加公演がますます楽しみ!!


注:続きのライブレポにはセットリストを含みます。
おそらく追加公演は全く違う構成になるのではないかと思われますが
責任は負いかねますのであしからず・・・・・





リニューアルオープンしたばかりの、倉敷市民会館。
久しぶりに入ってみたらえっらいでっかい!
そういえば最近は芸文館ばっかりだし、ここに来ること自体ものすごい久しぶりなのだわと思って
記録を辿ってみたら、なんと’94年のSING LIKE TALKING以来でした(爆)
太郎ちゃんによると、「前は楽屋もかな~りアンティークな感じ(笑)」だったらしく
きれいになった楽屋にも大満足のご様子でした。
今回の席は、2階のほぼ最後列だったのだけれど、こんなに天井高かったっけ・・・
ちなみに「ウチのリビングと同じくらい高い」そうで、太郎ちゃんたら(^^;

ステージには、ヴァイオリン、パーカッション、ベース、ギター、ピアノ、チェロ。

太郎さんのコンサートでは珍しく、他人様(ひとさま)の曲でオープニング♪
前半はアルバム『My Favorite Songs』からの曲ということで

「はい、つまり、葉加瀬太郎の曲は、ほっとんどありませ~ん」

名曲の条件とは何かという話で、“メロディの良さ+いかに多くの人々に使われているか”
その例えが、NHKの朝の連ドラ主題歌。
半年たって新しいドラマが始まったときには、「え?これでええのん?」って感じが
何ヶ月かたつと「これ聞かへんかったら1日が始まらへーん!」になる・・・・・
って、なるほどわかりやすい(^^;

「ギネスに認定されている、世界で一番使われている曲って何だかわかりますか?」


「それは・・・・" Happy Birthday " なんです。」

        ほぉぉぉ~ (客席)


「そう、その反応あってますよ~。じわじわ来てくれたらええからね~。」

この「じわじわ来る」というのが、お気に入りのようで連発(笑)
1931年(だったか?)に、アメリカのケンタッキー州(だったか??)の小学校の先生が
作った曲らしいです。

「でも何と、歌詞は違っていたんです。
 えー では (コホン) 私が原曲の歌詞で歌ってみたいと思います。」


Good Morning to you
Good Morning to you
Good Morning to everyone
Good Morning to all ♪


それがいつの間にか “Happy Birthday”になって広まってしまって
この先生は裁判までおこしたとか・・・

「というわけで、世界で一番使われている曲は“Happy Birthday”
そして、それは替え歌だったという話、
ガッテンしていただけましたでしょうか?
ガッテン!ガッテン!ガッテン!」


もう大爆笑・・・

で、太郎さんの曲の中でおそらく一番使われている曲『エトピリカ』へと続いていったのでした(笑)


【前半セットリスト】
1.The Song Of Life (鳥山雄司)
2.地球に乾杯 (羽毛田丈史)
3.TAKUMI/匠 (松谷卓)
4.黄昏のワルツ (加古隆)
5.エトピリカ 
6.SARA (coba)
7.リベルタンゴ


コラボで聴くCDとはまた違って、他人様の曲でありながら、しっかり太郎色になってましたね~♪
しかし、『リベルタンゴ』は名曲じゃ・・・ため息モンでした・・・



(休憩15分)


後半はオリジナル曲てんこ盛り!

1曲目は、寒い冬の日に、小学生の男の子が元気に外に遊びに行く感じで作ったという曲。
男の子は冬でももちろん半ズボン。
「イメージは、僕らの時代のパッツンパッツンの半ズボンで。」 (笑)
最近、あんなに短い半ズボン、見なくなりましたね・・・・時代を感じますな(^^;
この曲、スタッフからは何故か『学級閉鎖』と呼ばれているそうです。

後半は、小ネタもてんこ盛り!

そのひとつが、“葉加瀬太郎の どっこい巡業日記” !
スクリーンには、オフショットが次々と・・・
美観地区を歩く太郎ちゃん、見つかって(そりゃ見つかるわ!)記念撮影に応じる太郎ちゃん、
天ざるそばを食べる太郎ちゃん、カツカレーを食べる太郎ちゃん・・・
食べて拍手がもらえる世にも珍しいバイオリン弾き、じわじわ来ました~(笑)

そうそう、そういう小ネタのコーナーの準備に出てくるスタッフが、白衣を着ているのが意味不明(笑)
その後ろを、ただついて出てきて立っているだけのスタッフ2名が
ナース姿だったのは、全くもって意味不明(笑)  う~ん、太郎ちゃんの趣味??



【後半セットリスト】
1.風の子供たち
2.霧島
3.Sunshine Shower
4.ワイルドス・タリオンズ
5.Picture of mind (柏木広樹)
6.サムシング・イン・ザ・ウィンド
7.ボーン・トゥ・スマイル
8.情熱大陸


EC
シルクロード (喜多郎)




しっかり聴かせておいて、最後の2曲で、まさかの客席(ほぼ)総立ち!
『情熱大陸』では、チェロの柏木さんがイスの上に立ってチェロ持ち上げて弾いちゃうし
太郎ちゃんは、小ネタの「よぉ~~~~っ ポン!」で遊んでるし
もう、大盛り上がり!!! すごい迫力!!!!やっぱ生は違うね~~~!!!
いやぁ、太郎ちゃんのコンサートで手振り大ワイパーができるなんて(≧▽≦)!
最後は、日本が世界に誇る名曲で・・・

休憩を除くと、ほぼ2時間のステージでしたが、大満足です。
ヴァイオリンの音色に体中満たされて、終わった時には本当に気分爽快でした(^^)
ホントにめっちゃ楽しかった~♪

これにコータローさんとジェイクが絡んだらどうなるのか・・・・年末の追加公演が、楽しみ!
デビュー20周年記念の来年も、また岡山に来てね!


あ、最後に一言。
遠目に見ても頭はでかかったです(笑)
[PR]
by ungalmatsu | 2009-12-06 21:33 | Liveあれこれ