『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

押尾コータロー@倉敷市芸文館

【10月17日 23:09 追記&訂正して再アップしました】

コータローさん、おかえり~003.gif

            ↓ k-hamちゃん、写メ、ありがとね!
b0082834_274283.jpg


行って参りました♪
押尾コータローコンサートツアー2009“Eternal Chain”
               @倉敷市芸文館


やっぱり地元でのライブって特別な気持ちになります。
岡山でのライブは、去年のクリスマスイベント以来10ヶ月ぶり!
単独コンサートとしては、Nature Spirit Tourの倉敷公演以来、1年半ぶり!

今日もめっちゃ楽しいライブでした041.gif
コータローさん、ありがとう053.gif053.gif053.gif

コータローさんのギターを生で聴けることは、他の何物にも代え難い幸せ♪
その幸せをコタ友さんたちと分かち合えることも、他では味わえない幸せ♪
正に 絆でつながった楽園♪
なんでコータローさんのギターは、人をこんなに幸せな気分にしてくれるんだろう♪
何度でも叫びまっせ~
 「押尾コータロー、最高!やっぱりライブが一番!」

「ときど記」も更新~♪  → こちら

注:続きには、セットリスト等のネタバレがあります!
   




今回の席は2列目、ほぼ真ん中に、
私とk-hamちゃん、2回目のRちゃんと、初コタのkenmamaさん。
すぐ隣がYumikoさんたちだったり、すぐ前の最前列ど真ん中がびんせんとさん姉妹だったり
ちょっと離れた左手にはぽこにゃんたち、3列目にはお初にお目にかかれたきむ♪さん、
4列目にはツアーTシャツまで着てすっかりハマッてしまってるギターオヤジたち。
なんだか「ご一行様」状態でした(笑)
開場前に自然と集まったプチオフ会も楽しかったなぁ。みなさん、ありがとう♪

それにしても、今日は男性率が高かった!
それもコータローさんより年上で、男性の連れってのが多い。
すっかり“オヤジキラー”のお塩くんです(笑)
「最近何か男性にウケることやったっけ~?」と、しばしみんなで考えてしまいましたが(^^;
その割に、みなさんライブ中はおとなしくて、できれば野太い声で
「押尾ぉ~~~~」のかけ声と、「愛してるで~~~」の告白が欲しかったです。
次回はお願いしますね!ライブ中、みんなあんなに楽しそうな顔してるんだからさ~(^^)


で、
「立て板に水どころか、流しすぎの流しそうめん
という、余りにも的を得すぎたツアー初日のMCの例えをお借りすると
ツアー中盤の今日は
「初日は余りにも流れてくるそうめんの量が多くてびっくりしたのと
時々ほぐれてないそうめんの塊が流れてきたりしていたのが
そうめんの流れがなめらかになって、量の多さにも慣れた」状態(笑)
なので、どこまでも“流しそうめん”に例えると、流れがスムースになったことで
減ったように見えるそうめんの量は、かえって増えていたのではないかと・・・
だって、初日は2時間半だったのに、今日は2時間40分超えてましたもん。
そうめんの量が増えてないとおかしいっしょ?!

でも、脱線しまくっても最後には曲へとつながる、そのたっぷり目のMCが
ちゃんと聴く人それぞれの、その曲の歌詞になってたみたい。
だからインストはMCが大事なんだ、ってコータローさんに教えたのは
河島英五さんでしたっけ・・・
今までのツアーとはちょっと違う印象を受けたのは、そういうところなのかも知れません。
今回のツアーの魅せ方、私はとっても好きです。


というわけで、
セットリストと、かろうじて箸にひっかかったそうめんの一部をレポしようと思います。







意外に「フツーに始まった」感のある、今回のツアーのオープニング。
ついつい身構えてしまうからかしらん・・・ステージセットとか、衣装(!)とか、登場の仕方(!)とか。
近くでマジマジと見ると、白シャツのフロントには細いシルバーチェーンがキラキラ揺れてました☆

 「倉敷のみなさん、こんばんは、押尾コータローです!」
 「ただいま~」

びんせんとさんの出した「おかえり」のメッセージボードに、いっちゃん最初に反応してくれましたね。
良かったね~(^^)

旅の途中


ここのそうめんが一番多かった?押尾少年、中学時代の恋バナ(笑)
大阪では、シャアには勝てなかったガンダム話、
倉敷では、さそり男に蜘蛛男(って仮面ライダーだっけ?)だの、川原の石だの・・・
あんまりにも多くてまとめられません!
しかし、この方は「男子」「女子」の世界がホンマに好きやね(笑) 
「失恋するたびにギターが上手くなっていった」は、蓋し名言かも。

アルバムTussie mussieからのカヴァーを2曲続けて。
インストで聴くと、改めて名曲だなと思う。特に宇多田ヒカルのFIRST LOVEは珠玉のラブソング♪
FIRST LOVE
TIME AFTER TIME
じっくりと聴かせてくれました(^^)


えぇと、ここのそうめん小芝居も同じくらい多かったかも(笑)
最初5分で挫折した押尾少年が、ギタリスト押尾コータローになるまでの紆余曲折話。
倉敷では,、女の子3人が受けるオーディション(?)の伴奏で会場に行ったら
アコーディオンの伴奏者がいて用無しになり、どうせなら歌えばということになったものの
『夢の途中』を出だしからハズし、会場を笑いの渦に巻き込んで凹んだ話とか
高校卒業後の進路を決めるときに、音楽の先生に言われた一言
「アンタに音大は無理! 無理・・・無理・・・無理・・・(エコー(笑))」 とか。
大阪では、また全然違う話をしたと思うけどなんだったっけ???
ここで、802やらヒロTやら、河島翔馬くんやらが登場したんでしたっけ?
もう、何の話が増えて何の話が減ったんだか訳わからなくなってきました(苦笑)
褒められると素直に伸びる子も、時には挫折をバネにして、
でも自分を信じて・・・で、やっと曲に(^^;

BELIEVE


ここで、唐突に入るこの曲!
Landscape
それまでのやんわりした空気が、この曲で一気にバシッと引き締まる・・・
それがもうカッコエエったら、あなた!! 女じゃなくても惚れるでしょ(^^)


ハードな曲は1曲だけで、ここから座って弾く、所謂「アコースティックコーナー」
ピックアップを使わないこのコーナーでは、ギターそのものの音が聴ける貴重な時間です。

コータローさん、ちゃんとランニングを続けているらしいです。
確かに、体型も変わってきましたもんね。
この日のランニングコースは、鶴形山周辺で、阿智神社、いがらしゆみこ美術館、美観地区。
コスチュームを借りて記念撮影ができるらしい「いがらしゆみこ美術館」
「僕でも衣装借りれたんかな?」・・・の、その衣装はまさかキャンディ・キャンディを
想像してたんじゃないですよね?!
同世代の女子(笑)として、小学生の時もちろんハマってました、キャンディ・キャンディ(^^;


パプースで
日曜日のビール
入りのメロディは、♪そばかすなんて きっにっしっないっわ~♪
大阪初日は、ビールつながりで「第三の男」とのメドレーでしたよね。
ここが、ご当地ソング的コーナーとして日替わりなのでしょうか?
他の会場へ参加された方、教えてくださいまし~m(_ _)m

ギブソンL-1で
Always

「ギターをペシペシ叩くようなお前みたいな奴に弾いていらんわ!」
オールドギター(80歳)との会話(小芝居)は、やっぱりおもしろかった(^^)


さて!ここでお待ちかねの手拍子の時間!
手拍子指導は、初日とは比べ物にならないくらいこなれてました。
でもやっぱりギター持ってるのに、メロディ歌っちゃうコータローさん(笑)
リハーサルの練習で1人だけ外したのもご愛嬌(^^) 速攻コータローさんにつっこんでもらえたたし!
Snappy!
本番での手拍子は、意外にタイミングが難しい・・・・って、きっとみんな思ってるよね?
でも手拍子決まると、予想以上に気持ちいい!

どんどん盛り上がっていきます!
翼~you are the HERO

今日は1階席も後ろは埋まってなかったので、ゆっくり会場内まわってくれました~♪
これがあるから、やっぱり通路側がオイシイのだ(^^)
Dancin'コオロギ~メンバー紹介
onエレキギターもいつもより多目だったような・・・
いつもの『SMOKE ON THE WATER』じゃなくて、なんでしたっけ?
(最近、思い出せないことが多過ぎる(苦笑))
ダンコロはファンにとってはお決まりのものなんだけれども、
onベース、onエレキギター、onフォークソング、on津軽三味線、on小太鼓、onドラムス
と進んでいくたびに、今日も真後ろから「うわ~すごーい!」という歓声が聞こえてきて
わかりきってるこっちもやっぱり毎回楽しくて、こういうのも、ずっと続けて欲しいと私は思いますね!


本編最後は、やっぱりこの曲。
HARD RAIN

EC
Big Blue Ocean
サビの部分で久しぶりに手振りワイパーもやっちゃいましたよん♪
ちらっと左手見たら、ぽこにゃんと目があっちゃったのでついつい・・・
これ、ぜんぜん浸透しなくて、『COLOR OF LIFEツアー』のDVDでも
私たちの所だけ、めっちゃ目立ってたっけ(笑) 久しぶりに見てみよう(^^;


何かとMCのネタにされるコータローさんのオカン。
ここのそうめん、好きです。
Earth Angel

今までのツアーだと、ここで終わりって感じなんだけど
最後にやってくれるこの曲が、ものすごくいい。
この最後の2曲の、音の広がり方と、その音に包まれる感じが
どう説明していいかわからないくらい気持ちよくて、幸せ~な気持ちになるんです。
楽園
この曲、ライブで聴いてさらに大好きになりました(^^)

今日も幸せな時間をありがとう~♪
今回、久々に間近で指使いも凝視してしまったけれど、(おっと、ギターはほとんど覚えていない!)
うぅむ、何年たっても何度見ても、とても1本のギターから音が出ているとは思えん・・・








b0082834_13353045.jpg
で、その後、地元では初の出待ちをしちゃいました!
終演後、待つこと約1時間半。
撤収を終えたツアートラックをみんなで見送り
スタッフを乗せたタクシーが出て行ってしまっても
ちゃ~んとみんなのところに来てくれるコータローさん。
ホンマええ人や・・・

この日、待っていたのは20人くらいだったかな。
出待ち常連さんのぽこにゃんによると「ここまで多いのは珍しい」とか。
疲れてるのに悪いな~と思いながらも
今は直接会える唯一の機会だし、ちょっぴり複雑なファン心理ではあるけど・・・

でも、ホンマにホンマにええ人です。
サインしてもらう間、コータローさんの頭が目の前に~~~~~(←確信犯)
「走り始めて体型変わりましたよね。」って言ったら
「うん、でももうちょっとがんばらんとな~」って。

マネージャーのみゆきさん(奥さん)も、ホンマにええ人で
昔からのファンで、久しぶりに来てくれた人とか、ちゃんと名前も覚えててびっくり。
結局、残ってたみんな一人ひとりと話し終えたのは0時前・・・
お疲れのところ、本当にありがとう!
幸せな1日でした!!
しばらく思い出しては顔がにやけてしまいそうです037.gif
[PR]
by ungalmatsu | 2009-10-17 02:58 | 押尾コータロー♪Live