『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

かもめ食堂

b0082834_100815.jpg

ぽっかり時間が空いたので
前から観よう、観ようと思ってて観れていなかった
映画『かもめ食堂』を観ました。


いい映画だった・・・


フィンランドの首都ヘルシンキにオープンした日本食の「かもめ食堂」の
オーナー、サチエさん(小林聡美)。
ひょんなきっかけ(正に“ひょん”でしょう!)で働くことになるミドリさん(片桐はいり)と
マサコさん(もたいまさこ)。
この3人、最高です。
そして、食堂にあらわれるフィンランド人たちも。

なんなんだろう・・・
たぶんみんな訳アリで、でもそこんとこは全く描かれず
なんてことはなく流れていく、フィンランドのゆる~い時間。
実際には現実離れしてる不思議な体験も「アリかな」って思えてしまう。
そんな中でももちろん変わっていくものはあって
それを感じる心地よさ。

「人はみんな変わっていくものですから。」
サチエさんの言葉がものすごく優しくて涙が出そうになりました。

サチエさんの「いらっしゃいませ」ってホントにいいのよ(^^)
マサコさんに「やりたいことをやるっていいわね~」て言われて
「やりたくないことをやらないだけです」って優しく、でもきっぱり言うサチエさんがいい。
    (たしかにこの役は小林聡美にしか演じられないに違いない・・・)
ガッチャマンの歌をフルコーラスで覚えてるミドリさんもいいし
    (片桐はいりの存在感はさすが・・・)
フィンランド語なんて全くわからないのに、フィンランド人と会話できちゃうマサコさんもいい。
    (“永遠の年齢不詳女優”もたいまさこ、好きなんです・・・)


“コピ・ルアック”
コーヒーがおいしくなるおまじない・・・・『最高の人生の見つけ方』につながってるね!
コーヒーは人に淹れてもらったほうがおいしい。

そして、この映画を観ると絶対食べたくなる“おにぎり”。
もちろん具は、梅、鮭、おかか。
おにぎりも人に握ってもらったほうがおいしい。


何となくヤル気がなくて、(ご覧の通りブログもほったらかしだし(苦笑))
ぼ~っと観たのが良かったのかも。
何となく(笑)ちょっとだけ心に力が湧いてくるような気がします。
たぶん、それでいい。
きっと、何となく心がギスギスしてる時にもおススメ。
ただし、お腹がすいたときに逆効果かも知れないけど(^^;
出てくるごはんがあんまりにもおいしそうだから・・・・
でも、人がおいしそうに食べてるのを見るだけで幸せな気分になれるからね。

おいしいコーヒーが飲みたい。
おいしいごはんが食べたい。
そう、それでいい。それだけでもいい。大丈夫。
そんな映画です。  もっぺん観ようっと。
[PR]
by ungalmatsu | 2009-08-15 10:49 | お気に入り