『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

おくりびと

b0082834_2133541.jpg
遅ればせながら、くすくす笑っていっぱい泣いて
深く心打たれてきました。

映画 『おくりびと』

言葉にならずとも、干し柿で、銭湯で、
立ち居振る舞いの美しさで伝わるものがある・・・
日本人っていいなぁ、と思いました。
ユーモアのエッセンスも絶妙!
客席の年齢層がびっくりするくらい(笑)高かったけれど
皆さん、笑うところでちゃんと笑ってらっしゃいましたね(^^;





b0082834_21141944.jpg
だって生きてる人間は笑わないと。
死にたくなければ
他の生き物を食わないと。
そしてどうせ食うなら旨くないと。

映画が終わってKFCに直行しましたよ。
フライドチキンって何年かぶりに食べたけど
「うまいんだな、これが。困った事に・・・」








映画で流れるチェロの音色はとても心に響きました♪
(本木さんのチェロ独奏の劇伴は、古川展生さん
と同時に、印象的だったのは“静けさ”。
音楽も台詞もなく、所作の音しか聞こえないシーンに、心に訴えてくるものがあったと思います。
b0082834_21265646.jpg
どの役者さんもすばらしかった中で
一番のスパイスは、やはり
“門番”笹野高史さんでは
ないでしょうか?


死は終わりではなく、そこをくぐり抜けて
次の世へ向かう門・・・

誰もがいつか死にます。自分のその時、こんな風に送ってもらえたらいいなぁ。


      「行ってらっしゃい。また会おうの。」



それにしてもエンドロールのバックで流れる本木さんの納棺の所作は美しかった・・・
こっそり(笑)付け加えるなら、身体も美しかった・・・
『おくりびと』に拍手!
[PR]
by ungalmatsu | 2009-03-05 21:47 | 日々の生活