『小確幸』探求の日々

ungal.exblog.jp

毎日なんかいいこと見つけよう!大好きな「押尾コータロー」さんの話題を中心に・・・ほとんど休眠中の気まぐれブログです。悪しからず。

最高の人生の見つけ方

b0082834_017165.jpg
ひょんなところで観れた映画emoticon-0100-smile.gif

    『最高の人生の見つけ方』
         (THE BUCKET LIST)
 

          → オフィシャルサイト

THE BUCKET LIST=棺おけリスト
=死ぬまでにやっておきたいこと。





(あらすじ)
仕事に人生をささげた大富豪エドワード(ジャック・ニコルソン)と、家族のために地道に働いて
きたカーター(モーガン・フリーマン)は、入院先の病室で知りあった。共に余命は6か月。
やりたいことをすべてやり尽くそうと決意し、無謀にも病院を脱出。“やりたいことリスト”を手に、さまざまなことに挑戦する。


身も蓋もなく言ってしまえば、余命6ヶ月の初老の男2人が癌で死んでいく話なのに
エドワードとカーターのすがすがしい笑顔が残る。
最悪の状況で出会った2人だけど、人生の最終段階で最高の友達になれるなんて
すごくうらやましい人生なんじゃない?

人生最後の財産は友情・・・そんな本もあったっけ。

『CIPHER』というマンガで、アニスがサイファに言うセリフを思い出したり。
  「友達ってのは人間に対する最高の尊称だと俺は思うぜ!」


柳田邦男さんの本によく出てくる、エリザベス・キューブラー・ロスの「死の受容のプロセス」が
出てきたりして「おっ?」と思ったり。
  (ちなみに、その5段階とは、否認→怒り→取引→抑うつ→受容)


友達を思えばこそのおせっかいもあって衝突もする。
現実には癌が容赦なく身体を蝕んでいく。
だけど、リストを残らず消していこうとする2人の姿はとても前向きだ。
最高級のコーヒー「コピ・ルアック」の秘密を明かされて涙が出るほど笑う場面が良かったなぁ。
(個人的にはスカイダイビングがやりたいけれど。)
エンディングがまた良くて、もっぺん最初から見たくなる感じ。

人生で喜びを得たか?
そして・・・自分の人生は他人に喜びを与えたか?

こういう映画に素直に笑って泣ける(泣けた!)ってのはステキなことだと思うemoticon-0152-heart.gif
[PR]
Commented by aja at 2009-01-25 21:24 x
去年のNo.2映画でした! とっても良い映画ですよね?!
No.1は「おくりびと」 これも是非観て下さい。。。
Commented by ungalmatsu at 2009-01-26 21:01
★ajaさんへ
とっても、いえ、とぉ~~ってもいい映画ですね!
観てる時も思ったけど、あとからまたじわじわと・・・

「おくりびと」、紹介番組をいっぱい見せてもらったので
半分くらい観た気になってたけど・・・やっぱり映画を観なきゃ?!
観ます!
by ungalmatsu | 2009-01-25 01:23 | お気に入り | Comments(2)